雪が降ると、飛行機は欠航になるの?

日本の夏や秋は台風が多く、飛行機に乗る予定があるときは欠航になんじゃないかとハラハラしますね。冬だって負けていません。大雪が降って、航空会社が危険だと判断した場合は欠航になります。めったにないことですが、対処法を知っていると、心に余裕ができるかも?

雪で飛行機が欠航! どうしたらいいの? 雪で飛行機が欠航! どうしたらいいの?

雪降りの日は、空港に早めに到着しましょう

雪が降ると飛行機の欠航情報も気になりますが、まずは空港までの交通も心配です。そんなときは、早め早めの行動が一番! 飛行機は予定通り出発するのに、空港またどり着けないなんて悲しいです。空港までの交通情報、飛行機の欠航情報は、常にインターネットなどで確認をしましょう。

欠航決定!さて、どうしよう?

残念なことに、欠航が決定しまったら? まず、覚えておきたいのは、天候が理由の欠航は免責であること。大雪は誰のせいでもありません。それから、航空会社の指示に従います。旅行自体をとりやめる場合は、払い戻しに応じてもらえるかも確認しましょう。旅行を続けるときは、次の便の予約を入れてもらいます。大雪のときは、困っている乗客ばかりが空港にいますので、当然航空会社のカウンターには行列ができますが、辛抱強く並びます。インターネットや航空券を買った旅行会社で、再予約ができることも。ヨーロッパなど地続きで移動できるところは、飛行機ではなく、列車の切符を用意してくれることもあります。

海外旅行保険には、必ず入りましょう

例えば、次の日の便に乗ることになった場合、航空会社が好意でホテルをとってくれることもありますが、そうはいかない場合。当然、余分な出費がかかります。海外旅行保険では、飛行機の欠航や遅延のため必要になったお金をカバーしてくれるものがあります。ときどきオプションになっていることもありますが、オプション代は安いので、ここはケチらずにいきたいものです。クレジットカード付帯の保険では、不十分なことが多いので、要確認です。大雪で欠航することには、めったに遭遇しませんが、備えあれば憂いなし!ということで、旅を楽しみましょう!