ミュンヘンショッピング・お土産ガイド

ミュンヘンショッピング・お土産ガイド

ミュンヘンのショッピング情報

バイエルンの州都ミュンヘンはショッピングエリアが広く、バイエルン地方の名産品がなんでもそろっている。日用品の買い物も便利で、大きなデパートもあるため羽毛布団など品質の良いドイツ製品を買い求めることができる。ヘンケルやWMF(ヴェーエムエフ)というステンレスのキッチンウェアー専門店もあり、ドイツらしい買い物ができるのもミュンヘンならでは。旧市街の中心部マリーエン広場まで、中央駅から真っ直ぐに延びる道はショッピング街になっている。(2015年編集部調べ)


ミュンヘンの特産品・ブランド

ビールで有名なミュンヘンは、ドイツのどの町よりもビアマグが売られているいわれている。デコラティヴに装飾された陶器に真鍮の蓋が付いたビアマグは南ドイツの特産品。重くてかさばるのでたくさんは買えないが旅の記念に小さめのマグがひとつ欲しい。新市庁舎の裏手からホーフブロイハウスへ行く途中に土産物店が並んでおり、ビアマグを含めてお土産を見つけることができる。フラウエンキルヒェ(聖母教会)の周辺にも小物土産の店が並んでいる。

ミュンヘンの市場・免税店・お買い物スポット

ブランド品を含めた高級品は新市庁舎脇からオデオン広場へ延びるテアティーナ通りにある。ミュンヘン市民の台所と言われる市場、ヴィクトゥアーリエン市場は是非訪れたい。生鮮食料品市場であるが、観光客が多いのでバイエルンの特産品小物も売られている。木の実や香辛料の種で作られたドライブーケは大きさも種類も豊富で、旧市街の土産物店で買うより安い。ここにはドイツ製のハチミツもたくさん売られている。重いがおいしいのでひとつくらい買ってみたい。


現地ガイド発!ミュンヘンのショッピング・お土産最新情報

2016/05/14 ショッピング

車はなくてもガソリンスタンドへ。ヨーロッパではコンビニ代わりになります

ミュンヘン旅行イメージ-車はなくてもガソリンスタンドへ。ヨーロッパではコンビニ代わりになります 車はなくてもガソリンスタンドへ。ヨーロッパではコンビニ代わりになります

もはや日本でないと困ってしまう存在といえば、コンビニですね。限られたスペースの店舗で、雑誌、飲み物や軽食など、ありとあらゆるものを売っています。台湾など日本式のコンビニが大活躍している国もありますが、そうではない国が大多数。日本の便利さを、そのまま海外で求めても無理なことが多いのです。特に、カトリック教徒が多いヨーロッパの国々ですと、日曜日は安息の日ということで、スーパーもデパートもお休み。日曜にショッピングに出かけることが多い日本人としてはビックリです。せめて、コンビニでも開いていたらとも思うのですが、コンビニ自体がありません。なんということでしょうか。それでは、日曜に飲み物や食べ物がなかっ…続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ミュンヘンショッピング・お土産の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるミュンヘンの特産品やクレジットカード、アウトレット情報が満載。
ミュンヘンのショッピング・お土産なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!