page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ドイツ・ニュルンベルク・城・宮殿の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

穴場の観光地を発見!古城街道・アンスバッハ宮殿で過ごす優雅なひと時


掲載日:2008/10/30 テーマ:城・宮殿 行き先: ドイツ / ニュルンベルク

タグ: すごい! 宮殿 穴場


穴場の観光地、アンスバッハ

歴史がある町の割には観光客が少なく、落ち着いた街並みのアンスバッハ 歴史がある町の割には観光客が少なく、落ち着いた街並みのアンスバッハ

マンハイムからバイロイトまでのドイツ古城街道には、文字通り“古い城”が多い。そんな中、アンスバッハには近世に建てられた宮殿がある。こんな立派な宮殿があるのに観光客が少ないのが不思議だ。古い街並みも保存され、落ち着いた小都市である。アンスバッハはもともとはオノルツバッハという村だったが、それが訛ってアンスバッハとなった。J.S.バッハとは何の関係もないのだが、地名に因んで毎年夏になるとバッハ音楽祭が開かれている。

ドイツの城とは?

アンスバッハのオランジェリー。一般にオランジェリーとは王侯貴族の宮殿の庭に建てられた温室だが、もともとはオレンジを栽培するためのものであった アンスバッハのオランジェリー。一般にオランジェリーとは王侯貴族の宮殿の庭に建てられた温室だが、もともとはオレンジを栽培するためのものであった

ひとくちに城といっても、ドイツでは4種類に分けられる。中世初期に建てられた城は、住むことよりも砦の役割が大きく、城塞を意味するフェストゥングあるいはヴェステと呼ばれている。多少、住居の要素が入ってきた中世中期の城はブルクと呼ばれ、古城街道にはこのブルクが一番多い。ここまでの城は攻められ難い場所、例えば山の上や崖っぷち、島の中などに建設された。中世後期ともなると城は住居の要素が多くなり、シュロスと呼ばれるようになる。近世に建てられた城は住むためのものであり、レジデンツと呼ばれる宮殿となった。戦争は野外で行われるようになったため、王侯貴族は山を降りて町の中に宮殿を建てた。そこには広い庭が造られ、オランジェリーと呼ばれる温室も建てられた。

完成までに時間を要したアンスバッハ宮殿

古城には見られない瀟洒な広間がたくさんある。この広間は「磁の間」 古城には見られない瀟洒な広間がたくさんある。この広間は「磁の間」

古城街道のアンスバッハは8世紀にベネディクト派の修道院が建てられ、12世紀に町になった歴史ある古都である。14世紀にホーエンツォレルン家によって統治され、後に同家のブランデンブルク辺境伯がこの地を治めることになる。現在の城が建てられ始めたのは17世紀末、辺境伯ゲオルク・フリードリヒの時代で、彼はそれまでのシュロスを瀟洒なレジデンツへと変える大改造を計画した。しかし辺境伯の突然の死や次の辺境伯と建築家との不和などが原因で工事は度々中断し、完成したのはゲオルク・フリードリヒより2代後のカール・ヴィルヘルムの時代、1740年だった。

2500枚の異なる絵柄に注目

一見同じような模様に見えるが、よく見ると全部異なる絵柄 一見同じような模様に見えるが、よく見ると全部異なる絵柄

550室からなる大宮殿は、現在27室が宮殿博物館として公開されている。内部はロココ様式の絢爛豪華な部屋ばかりで、辺境伯の華麗な暮らしぶりがうかがえる。演奏会や舞踏会が催された「祝賀の間」には貴賓席として設けられた室内バルコニーがあり、珍しい広間である。マイセンの陶磁器で制作された豪華なシャンデリアが見られる部屋もあり、その美しさにはため息が出るほどだ。しかし宮殿一番の見どころは、なんと言っても「陶磁の間」であろう。マイセンにならってアンスバッハでも窯業場が造られ、そこで制作された2800枚の陶磁板を壁一面に張り巡らした部屋である。近づいてよく見ると、一枚一枚の絵柄が異なっている。2800枚すべての絵柄が微妙に異なるという、大変貴重な部屋である。意外と知られていない穴場の観光地、アンスバッハ。この優雅な空気を独占し、ゆったりと贅沢に時間を過ごそう。

【関連情報】

■ Residenz Ansbach アンスバッハ宮殿
住所:Promenade 27 ,91522 Ansbach
電話:(+49)9 81 95 38 39 0
開館時間:4月から9月 9:00〜18:00、10月から3月 10:00〜16:00
休館日:月曜日、クリスマス、年末年始
アクセス:ニュルンベルク中央駅(NuerunbergHbf)から電車に乗って約45分、アンスバッハ駅(Ansbach)下車

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/10/30)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索