page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

ドイツ・レーゲンスブルク・美術館・博物館の現地ガイド記事

RSS

海外現地発ガイド通信

ガイド付きツアーのみで訪れることができる、帝国議会博物館

掲載日:2017/08/31 テーマ:美術館・博物館 行き先: ドイツ / レーゲンスブルク ライター:吉村 美佳

タグ: すごい! 世界遺産 歴史



ABガイド:吉村 美佳

【ドイツのABガイド】 吉村 美佳
全ガイドを見る
南ドイツの世界遺産都市、レーゲンスブルク在住。観光局公認ガイドとして働くうち、この街を、もっと皆に知ってほしいと、強く願うようになりました。歴史に絡めたネタや、お薦めホテル、地元の注目イベント、ビールや、珈琲、料理ネタもしっかり発信していきます。

旧市庁舎 旧市庁舎

帝国議会博物館に行ってみよう。

博物館なんて聞くとそれだけで、興味ない!と思われる方もいらっしゃるでしょうが、ちょっと待ってください。ここは少し違ったイメージです。
場所は、旧市庁舎。ツーリストインフォメーションが入っている建物ですので、簡単に見つかります。博物館というより、見学ツアーといった方がわかりやすいでしょうか。
旧市庁舎の建物そのものは、4つの部分から構成されています。
一番西(向かって左)にあるのは、14世紀半ばに建てられました。当初は一階には商店が、二階には大広間があり、ダンスホールとして使われていました。14世紀にダンスホールを持つなんて、レーゲンスブルクはなんとハイカラな街なんでしょう。実はこのダンスホールが、歴史的に大切な舞台となるのです。

 

帝国議会に先立って、選帝侯が打ち合わせをした部屋。ここは、今では結婚式の会場となる。写真はガイド付きツアーで訪れたところ。 帝国議会に先立って、選帝侯が打ち合わせをした部屋。ここは、今では結婚式の会場となる。写真はガイド付きツアーで訪れたところ。

ダンスホールはその後…

時は変わって、神聖ローマ帝国の時代。
帝国議会が不定期にあちこちで行われる中、レーゲンスブルクでも度々開催されました。その会場となったのが、このダンスホールなのです。
レーゲンスブルクでの議会開催は、開催のための条件が良いことから、後半頻繁に行われるようになりました。
帝国議会がここで開催されるということは、皇帝がこの街を訪れるということ。世界中の最高の薬が集まったり、ドイツ最初の喫茶店(1686年開店)ができたり。17世紀、公開実験として、真空の実験(マクデブルクの半球の実験)が世界で初めて行われたのも、議会のお陰です。
帝国議会の会場は、今では室内音楽の会場として使われたり、スポーツ選手の表彰式に使割れたりもしています。
帝国議会の準備会議が行われた部屋は、現在は結婚式の会場として使われています。

 

ツアーで、拷問所を案内している。変化のあるツアーで、飽きることもない。 ツアーで、拷問所を案内している。変化のあるツアーで、飽きることもない。

ガイド付きツアー

ガイド付きツアーは、所要時間60分。一日1回は英語のガイドツアーもありますし、ドイツ語ツアーでも、日本語のオーディオガイドを無料で借りることができるのでご安心ください。
帝国議会の会場、選帝侯が準備会議を行った部屋の他にも、拷問所やギロチンの道具、牢獄も残されています。拷問所では、その道具をどのように使用していたか、どういう目的でどのように行われていたか、など、当時を十分想像できるように細かな説明があります。
牢獄は、もう少し正確に表現すると、拷問を受ける人が滞在するための部屋ですが、実際にその部屋に入ってみることもできます。
そのほか、貿易で重要視されていた塩の重さを測るための天秤や、世界大戦時代の大砲もあります。
個性的な博物館、私はお勧めします。

 

三角形の広場、ハイド広場。昔は草ぼうぼうで、食料品市場や穀物市場が定期的に開かれていました。 三角形の広場、ハイド広場。昔は草ぼうぼうで、食料品市場や穀物市場が定期的に開かれていました。

旧市庁舎周辺に目を向けると

木曜日、金曜日、土曜日だと、運が良ければ、結婚式を挙げたばかりのカップルにも出会えるかもしれません。
旧市庁舎の広場に出てきた新郎新婦と親戚や友達が、写真を撮ったりするからです。
時間にゆとりがあれば、旧市庁舎の向かいにある、ドイツ最古の喫茶店、カフェプリンセスでお茶をしたり、少し西にある三角形の広場、ハイド広場にも行って見てはいかがですか。
ハイド広場は、商人の広場とも言われています。広場の周りを取り囲むのは、富豪商人の造った家です。昔からイベント事の会場となっていたのですが、実はここが、「マクデブルクの半球の実験」の会場でもあったのです。

 

帝国議会会場。1663年から約150年間続いた永続的帝国議会もここで行われた。 帝国議会会場。1663年から約150年間続いた永続的帝国議会もここで行われた。

基本情報

開催時間
4〜10月…9時半、10時、10時半、11時、11時半、12時、13時半、14時、14時半、15時(英語ツアー)、15時半、16時(60分間)
その他の時期は、1時間半間隔での開催。

料金 : 大人7.50ユーロ、小人4ユーロ

チケットの購入、無料でのオーディオガイドの貸出は、旧市庁舎にある「ツーリストインフォメーション」にて。

旧市庁舎についての情報(英語):
https://tourismus.regensburg.de/en/about-regensburg/sightseeing/more-sights-to-explore/architectural-monuments/old-town-hall.html

帝国議会博物館の情報 (ドイツ語): https://tourismus.regensburg.de/regensburg-erleben/sehenswertes/alle-sehenswuerdigkeiten/document/document-reichstag.html

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/08/31)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事