page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

ドイツ・レーゲンスブルク・オペラ・音楽の現地ガイド記事

RSS

海外現地発ガイド通信

夢の世界へ! ビスマルク広場にある劇場

掲載日:2017/06/30 テーマ:オペラ・音楽 行き先: ドイツ / レーゲンスブルク ライター:吉村 美佳

タグ: オペラ ミュージカル 素晴らしい 憧れ



ABガイド:吉村 美佳

【ドイツのABガイド】 吉村 美佳
全ガイドを見る
南ドイツの世界遺産都市、レーゲンスブルク在住。観光局公認ガイドとして働くうち、この街を、もっと皆に知ってほしいと、強く願うようになりました。歴史に絡めたネタや、お薦めホテル、地元の注目イベント、ビールや、珈琲、料理ネタもしっかり発信していきます。

観客席の一番良い場所、つまり舞台の真正面は、当初、公爵一家トゥルン・ウント・タクシスのためのもの(写真右)でした。 観客席の一番良い場所、つまり舞台の真正面は、当初、公爵一家トゥルン・ウント・タクシスのためのもの(写真右)でした。

19世紀初頭に作られた劇場

レーゲンスブルクには幾つかの劇場がありますが、今回はビスマルク広場にある劇場を紹介します。
19世紀初頭、神聖ローマ帝国の宰相、かつレーゲンスブルク大司教であるカール・フォン・ダールベルクは、いろいろな総合病院や文化的施設を次々に建てさせました。その一つがこの劇場です。
この劇場は、ウィーンの宮廷建築家であるエマニュエル・ヘリゴヤンが手掛けました。
新古典主義のこの建物は、外見はシンプルですが、とても素敵な劇場です。
この街にお城を構える公爵一家、トゥルン・ウント・タクシスのために特等席も設けられました。今では、一般庶民もこの特等席に座ることができます。

 

舞台中央が徐々に持ち上がり始めたところ。 舞台中央が徐々に持ち上がり始めたところ。

日本人もたくさん活躍しています。

今回私が観たのは、ダンスオペラ「恐るべき子供達」でしたが、ここでも日本人が大活躍。音楽は、ピアノ3台で成り立っていましたが、その中心はグランドピアノ。弾いていたのは、日本人ピアニスト。ダンサーのうち、3人もが日本人。
同郷の人の活躍を知ると、なんか嬉しくなるものですね。

「恐るべき子供達」は、フランス語の作品で、ドイツ語の字幕が出ていました。もし言葉の壁が気になるのであれば、オーケストラの活躍するコンサートもおすすめ。指揮者が日本人であるだけでなく、ビオラやバイオリン奏者にも日本人がいます。(ただ残念ながら、日本人指揮者の方は、2017年度6月のシンフォニーオーケストラの指揮を最後に、ここレーゲンスブルクから離れてしまうとのことです)。

 

夜のビスマルク広場。噴水越しに見た劇場。昼間とはまた違った雰囲気です。 夜のビスマルク広場。噴水越しに見た劇場。昼間とはまた違った雰囲気です。

休憩時間の楽しみ方

劇場での演目の休憩時間も、しっかり楽しみましょう。
まず、劇場内の他の客席を巡回し、自分の席からではしっかり見ることができなかった部分をチェックしていきます。例えば、舞台すぐ手前まで行って、客席を見渡してみたり、違う角度から舞台を見てみたり。休憩時間は、場内の写真をしっかり撮るチャンスでもあります。
一通りチェックした後は、シャンパンなどいかがですか。
グラスを片手に外の空気を吸ってみるのもオススメ。ブザーがなったら、そろそろ休憩時間が終了です。

 

ビスマルク広場のすぐ北にあるアーノルス広場には、大きなバス停があります。左から2軒目のグレーの建物のアーチをくぐって行くと、右手にスーパー、その奥には、もう一つの劇場があります。オーケストラの演奏は、大概こちらで行われるようです。 ビスマルク広場のすぐ北にあるアーノルス広場には、大きなバス停があります。左から2軒目のグレーの建物のアーチをくぐって行くと、右手にスーパー、その奥には、もう一つの劇場があります。オーケストラの演奏は、大概こちらで行われるようです。

チケットは、ツーリストインフォメーションでも購入可!

チケットは、オンラインでも、ツーリストインフォメーションでもお買い求めいただけます。勿論、当日レジでも直接購入可能。
観客の多くは、しっかりと着飾っています。出かける時は、時間にゆとりを持って、少しお洒落していきましょう。

劇場公式ホームページ :
https://www.theater-regensburg.de/home/
(ドイツ語のみ)

 

劇場を背に、ビスマルク広場を見たところ。右奥にある建物は、現在音楽学校。 劇場を背に、ビスマルク広場を見たところ。右奥にある建物は、現在音楽学校。

【おまけ】ビスマルク広場もオススメ

この劇場があるのは、ビスマルク広場。旧市街の西の端ですが、2つの素敵な噴水があり、夏場は夜遅くまで賑わいます。
南北に細長いこの広場は、北に劇場、南に音楽学校があります。音楽学校も、建築された時期は劇場とほぼ同じで、同様にヘリゴヤンによって建てられたものです。当初はフランスの行政機関が入っていました。
時間が合わなくて劇場に行けない方も、是非広場に足を運んでみてください。近所のアイスクリーム屋さんでアイスを買ってここで食べるのもよし、周りにある飲食店が提供している机と椅子を利用し、ビールなどを味わうもよし。
特に天気の良い週末は、子供連れで賑わう素敵な広場です。

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/06/30)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事