page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

レーゲンスブルクショッピング・お土産ガイド

レーゲンスブルクのショッピング情報

レーゲンスブルクでは、お土産や名産品などの買い物を楽しむことができる。中央駅から続くマクシミリアン通りには、様々なショップが並んでおり、一通りのものはここで揃う。また、旧市街は石畳の道が張り巡らされており、その所々に魅力的なお店が点在している。古い町並みの景色を楽しみながら、気になったお店をのぞいて歩くのも楽しい。お土産屋では伝統的なバイエルン地方の伝統衣装を販売しており、色使いやデザインが美しい。子供用のものなら飾っておくだけでもかわいいだろう。(2015年編集部調べ)


レーゲンスブルクの特産品・ブランド

レーゲンスブルクでは、一流ブランドのショッピングは楽しむことはできないが、ドイツらしい手作りのお土産品や名産品などの買い物をする事ができる。バイエルン地方の伝統工芸品で有名なのは、職人の手作りの温もりのある木製工芸品や、フランケンワインと呼ばれる丸いボトルが特徴のバイエルン州フランケン地帯のワインなどがある。また、地元の人が利用するスーパーマーケットでは、お菓子や実用的な日用雑貨などお土産にもちょうどいいものが見つかるので、立ち寄ってみるといいだろう。

レーゲンスブルクの市場・免税店・お買い物スポット

レーゲンスブルクの一番のショッピングエリアは、中央駅から伸びるマクシミリアン通りで様々なショップが軒を連ねている。途中から歩行者天国になっていることもあり、地元の人や観光客でそぞろ歩きを楽しむ人が絶えない。名産や特産品を売るお土産屋は、旧市街の中にもあるので、観光の途中にのぞくといい。またノイプファル広場では、毎日「ヴィクトゥアーリエンマルクト」という青果市場が開かれる。旬の新鮮な野菜や果物は見ているだけでも楽しいが、せっかくだから少量買って味見してみるのもいいだろう。


現地ガイド発!レーゲンスブルクのショッピング・お土産最新情報

2017/02/26 ショッピング

レーゲンスブルク、お勧めのお土産

レーゲンスブルク旅行イメージ-Cafe Prinzess, Rathausplatz 2, 喫茶店は9時〜18時半(日曜祝日は10時〜18時半) Cafe Prinzess, Rathausplatz 2, 喫茶店は9時〜18時半(日曜祝日は10時〜18時半)

今回は、レーゲンスブルクのお土産のヒントとなるお店を5つ紹介します。まず、ドイツ最古の喫茶店*、カフェ・プリンツェスのチョコレート。食べてみるとびっくり!何層にもなっていて、手が混んでいるんです。特にクリスマス前2〜3週間は、長蛇の列。ということは、やはり一度は食べてみたいですね。店内は、1階がチョコレートなどの売り場、2階がカフェです。夏は、テラス席がいつも満員。チョコレートを1階で注文すると、2階の喫茶店でコーヒーと一緒に運んでもらえます。カフェは、1686年営業開始。お店の向かい側は、当時、永続的帝国議会(神聖ローマ帝国の議会)の真っ只中。そんな歴史を…続きを見る


レーゲンスブルクのショッピング・お土産ガイド記事

レーゲンスブルクの記事一覧を見る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


レーゲンスブルクショッピング・お土産の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるレーゲンスブルクの特産品やクレジットカード、アウトレット情報が満載。
レーゲンスブルクのショッピング・お土産なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!