page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ドイツ・ローテンブルク・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

この時期パン屋でよく見かけるこれは何?


掲載日:2007/12/25 テーマ:グルメ 行き先: ドイツ / ローテンブルク

タグ: おいしい お土産 グルメ スイーツ


パン?ケーキ?頭を悩ませる冬のティータイム

パン屋のショーウィンドウの中でもひときわ存在感のある大きなフルヒテブロートトーテ パン屋のショーウィンドウの中でもひときわ存在感のある大きなフルヒテブロートトーテ

冬になるとパン屋のショーウィンドウにフルヒテブロート(Fruchtebrot)が登場します。それがケーキのような大きさのものだとフルヒテブロートクーヘン(Fruchtebrotkuchen)とかフルヒテブロートトーテ(Fruchtebrottorte)と名づけられています。ちなみにバイエルンではフルヒテブロートのことをフッツェルブロート(Hutzelbrot)という場合もあります。フルヒテブロートとは、パン生地にレープクーヘンの香辛料とドライフルーツが入った固くて保存期間の長いパンです。クーヘンとトーテは「ケーキ」という意味で、本当にケーキみたいに三角に切って出してくれます。パンなのか、ケーキなのか、悩みどころですね。

固くてもっちり噛みごたえのあるケーキです

目抜き通りにあるパン屋フィッシャーでひと切れ1,27ユーロ(約200円) 目抜き通りにあるパン屋フィッシャーでひと切れ1,27ユーロ(約200円)

フルヒテブロートクーヘンやフルヒテブロート−テは、ひと切れ(だいたい100g)いくらという風に売られているのでカフェで食べるのをオススメします。ただ本当に固いので、飲み物を一緒に頼むのを忘れないでくださいね!そして、ケーキという概念を捨ててください!何しろ生地がハンパじゃなく厚いんです。顎が痛くなるほど噛まないと飲み込めないかも?!噛めば噛むほどにフルーツの味わいが広がって、食べはじめるとクセになるケーキです。

お土産にはこれ!パンです

老舗パン屋シュトリッフラーでは250gで3,55ユーロ(約600円)、500gで6,15ユーロ(約1000円)のフッツェルブロート 老舗パン屋シュトリッフラーでは250gで3,55ユーロ(約600円)、500gで6,15ユーロ(約1000円)のフッツェルブロート

さて、フルヒテブロートクーヘンが現地で楽しむ冬の味だとしたら、フルヒテブロート(ローテンブルクではフッツェルブロートと言います)は日本に帰ってから味わう冬のドイツといったところでしょうか?なぜなら、このパンなんと4週間も日持ちするんです!日本で留守番している家族に、ドイツの味を楽しみにしている友人に、お土産としてもオススメです。おやつタイムにおいしい紅茶とどっしり厚みのあるフルヒテブロートで冬のドイツ気分を味わってみてください。

パンでもあり、ケーキでもある。冬の保存食としてのフルヒテブロート

ドライフルーツとナッツがたっぷりのフルヒテブロート ドライフルーツとナッツがたっぷりのフルヒテブロート

フルヒテブロートは、「おいしいっ」っていうほどのパンではないんです。ただ、このパンは保存期間が長いということもあって、長くて厳しいドイツの冬と切っても切り離せない関係なんです。そして「保存期間が長い」ことが私達旅行者にとっては「お土産にできるドイツの味」としてとても魅力的ですよね。フルヒテブロートはパン屋さんで一年中買うことができます。冬になると主役登場といった感じでショーウィンドウの一番目立つところに飾られたり、市場で売られたり、カフェで食べれるようになります。いつでも何でも手に入る今の時代にあってもやはりフルヒテブロートは冬の顔なんですね。

【関連情報】

フルヒテブロートトーテのあるパン屋さん
■ Der Baecker Fischer(デァ ベッカー フィッシャー)
住所:Obere Schmiedgasse 10, 91541, Rothenburg o.d.T
電話番号:+49 (0)9861-934112
URL:http://www.der-baecker-fischer.de/index.html(ドイツ語)
営業時間:月〜土:7:00〜18:00、日・祝:8:00〜18:00
その他:Roedergasse(レーダーガッセ)という通りに本店があります。

フルヒテブロートのあるパン屋さん
■Baeckerei Striffler(ベッカライ・シュトリッフラー)
住所:Untere Schmiedgasse1,91541,Rothenburg.o.d.T
電話番号:+49-(0)9861-6788
営業時間:記載なし(毎日18:00までは確実に開いています。)

両パン屋とも、ローテンブルクのメインストリートなのですぐ見つかります。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/12/25)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索