page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ドイツ・ローテンブルク・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ローテンブルクの旧市街からグルっと1周、街歩き♪


掲載日:2008/06/17 テーマ:観光地・名所 行き先: ドイツ / ローテンブルク

タグ: すごい! 教会 美しい


ローテンブルクの正式名称は【Rothenburg ob der Tauber】

デトヴァング区教会「聖ペーター&パウル教会」青空がとても似合う デトヴァング区教会「聖ペーター&パウル教会」青空がとても似合う

ローテンブルクの旧市街は今も城壁で囲まれていることで有名ですが、城壁の外はどうなっているんでしょう? 西側には新市街や駅などが、東側は眼下にタウバー渓谷(Taubertal)が広がっています。このタウバー渓谷はローテンブルクとは切っても切り離せない仲なんですよね。というのも、ローテンブルクの正式名称はRothenburg ob der Tauber「タウバー川の上にあるローテンブルク」なんですよ!! タウバー渓谷からローテンブルクを見上げるとこの町の正式名称の意味を実感できます。

ローテンブルク発祥の集落【デトヴァング(Detwang)】

教会、タウバー川、石橋の三拍子揃った完璧な風景 教会、タウバー川、石橋の三拍子揃った完璧な風景

クリンゲン門(Klingentor)から城壁を出て東へ歩いて20〜30分降りていくと、小さな集落が見えてきます。それがデトヴァング(Detwang)!! ローテンブルクはこの小さなデトヴァングから始まったと言われているんです。中心にある区教会「聖ペーター&パウル教会」(St.-Peter-und Pauls-Kirche)を除けばほとんどが民家のデトヴァングは、観光地というよりも生活の場なので、住人に迷惑をかけないよう静かに見て回りましょう。

知る人ぞ知るデトヴァングの区教会

リーメンシュナイダー作の十字架祭壇は見逃せない!! リーメンシュナイダー作の十字架祭壇は見逃せない!!

デトヴァングの見どころは何と言っても聖ペーター&パウル教会!! ドイツの彫刻家ティルマン・リーメンシュナイダー(Tirman Riemenschneider)の傑作「聖十字架祭壇」を見ることができます。この聖十字架祭壇は、ローテンブルクの礼拝堂用に1510年に作られたのもで、三十年戦争で礼拝堂が破壊されたためにデトヴァングに移転されたそうです。ローテンブルクでリーメンシュナイダーの作品を拝めるのはここデトヴァング聖ペーター&パウル教会とローテンブルクの聖ヤコブ教会(St.Jakobskirche)。是非両方とも見学してほしいです!

タウバー渓谷を散策!!

タウバー川沿いの道、古城街道からローテンブルクの旧市街が見える タウバー川沿いの道、古城街道からローテンブルクの旧市街が見える

せっかくなのでタウバー渓谷を散策してローテンブルク旧市街へ戻ってみてはいかがでしょう? 古城街道をタウバー川沿いにずっと歩いていくと左手に教会の塔や城壁が見えてきます。さっきまでいた「タウバー川の上にあるローテンブルク」です!! タウバー渓谷の緑と、ローテンブルクの赤い屋根がなんとも美しい!! そのまま歩いていくと二重橋という本当に二重に架かっている橋を通って左に坂道を登ってローテンブルクの町に戻ることが出来ます。ローテンブルクを出発してからデトヴァング、タウバー渓谷経由でローテンブルクのコースは約2時間ほどなので、ゆっくり滞在してローテンブルクの色んな顔に出会ってみませんか?

【関連情報】

教会の敷地内にはお墓もあって、いつも色とりどりなお花が咲いています。ひと回りしてみてはいかがでしょう? 教会の敷地内にはお墓もあって、いつも色とりどりなお花が咲いています。ひと回りしてみてはいかがでしょう?

■聖ペーター&パウル教会(St.-Peter-und Pauls-Kirche)
住所:Karlstadtstrasse3,91541,Rothenburg.o.d.T
アクセス:クリンゲン門を出て谷を降りていくとデトヴァングに着く。
電話番号:+49-(0)9861-5524
開館時間:4月−10月 8:30−12:00と13:30−17:00 11月−3月 10:00−12:00と14:00−16:00(月曜日休み)
拝観料:大人1,00ユーロ(約170円)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/06/17)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索