page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ドイツ・ローテンブルク・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ローテンブルクの英雄ヌッシュ元市長の家で夕食を


掲載日:2008/09/24 テーマ:グルメ 行き先: ドイツ / ローテンブルク

タグ: おいしい グルメ レストラン 名物


ローテンブルクを救ったヌッシュ元市長とは?

ローターハーンのメインメニュー・シュヴァイネハクセ(Schweinehaxe 豚のすね肉) ローターハーンのメインメニュー・シュヴァイネハクセ(Schweinehaxe 豚のすね肉)

ローテンブルクで英雄と言えばこの人!ゲオルク・ヌッシュ(Georg Nusch)元市長です。1631年、三十年戦争で敵軍に包囲されたローテンブルクが危機的な状況に陥っていた時、3.25リットルの大杯に入ったワインを一気飲みできる奴がいたら町を救ってやると敵の将軍に言われて名乗り出たのがゲオルク・ヌッシュだったのです。そして彼は見事に3.25リットルのワインを一気飲みし、ローテンブルクの町を救ったそうです。ヌッシュは今では、マルクト広場の仕掛け時計(11:00-15:00,20:00-22:00の毎時)にまで登場するほど。そのマルクト広場から歩いてすぐのところにヌッシュの家があります

ホテル兼レストランとして営業しているヌッシュの家に行こう

店内には、ヌッシュが一気飲みしたものと同じ大きさ3.25リットルの大杯が飾られている 店内には、ヌッシュが一気飲みしたものと同じ大きさ3.25リットルの大杯が飾られている

ヌッシュの家は、現在ローターハーン(Roter Hahn)という名前のホテルとして営業しています。レストランも併設されていて、その名も「ヌッシュのおいしいキッチン」(Georg Nusch's Schmankerlkueche ゲオルクヌッシュズ シュマンケアルキュッヘ)。レストラン店内には、ヌッシュ元市長が一気飲みした3.25リットルの大杯も飾られていて雰囲気抜群! マルクト広場の仕掛け時計でヌッシュが一気飲みする様をみてからランチに、ほどよいざわめきの中でゆっくりディナーに、ヌッシュの家に足を運んでみてください。

名物料理シュバイネハクセ(Schweinehaxse)と選べるつけ合わせ

落ち着いた居心地のいい店内 落ち着いた居心地のいい店内

メイン料理はシュヴァイネハクセ(Schweinehaxe)という豚のすね肉を煮て焼いたもの。これが基本(5.90ユーロ 約950円)で漬け合わせを自由に決められるというのがここのレストランの特徴です。クヌーデル(Knoedel じゃがいものお団子)、シュペッツレ(Spaetzle ドイツ卵麺)、カルトッフェルンザラート(Kartoffelnsalat ドイツ風ポテトサラダ)がそれぞれ2.00ユーロ(約320円)、季節のサラダ(Salat der Saison)が3.50ユーロ(約560円)の中から好きなものを選んでつけられるんです! もちろんいっぱい食べられる人なら何種類かつけてもいいですよ。

【関連情報】

ローターハーンの外観。赤い壁が特徴的!! ローターハーンの外観。赤い壁が特徴的!!

■ Roter Hahn Hotel Georg Nusch's Schmankerlkueche
(ローターハーン・ホテル・ゲオルクヌッシュズ シュマンケアルキュッヘ)
住所:Obere Schmiedgasse21,91541,Rothenburg.o.d.T
電話番号:+49-(0)9861-9740
アクセス:マルクト広場からプレーンラインに向かって坂道を下りた左手

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/09/24)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索