page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ドイツ・ローテンブルク・憧れホテルの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

本物のお城に泊まりたい!コルムベルクで中世にタイムスリップ


掲載日:2008/10/02 テーマ:憧れホテル 行き先: ドイツ / ローテンブルク

タグ: すごい! レストラン 珍しい


丘の上に建つ中世の城コルムベルク

小高い丘の上にだんだんと姿を現すコルムベルク城 小高い丘の上にだんだんと姿を現すコルムベルク城

古城街道をローテンブルクからニュルンベルク方面へバスで30分ほど走って行くと左手にコルムベルクという中世の城が見えてくる。この辺りはバイエルン州のフランケンと呼ばれる地方で、かつてホーエンツォレルン家が支配していた。ホーエンツォレルン家はもともとヘッヒンゲンという西南ドイツ田舎町の出身だが、ニュルンベルクの城伯になってから急速に力をつけてきた。ローテンブルクからバイロイトまで延びるドイツの古城街道には、ホーエンツォレルン家ゆかりの町や城が多く点在している。

泊まれなくてもせめてレストランには行こう

城門のすぐ横脇に太い見張り塔がある 城門のすぐ横脇に太い見張り塔がある

古城街道に数ある城の中では比較的地味な存在だが、歴史は大変古く、古文書には12世紀に「コルベンベルク」という名前で記されている。14世紀になって城は神聖ローマ皇帝からホーエンツォレルン家に与えられた。神聖ローマ帝国解体後はバイエルン王国の城となり、1920年代からプライベートな城となった。1960年代になって現在の所有者に買い取られ、それ以降はホテル&レストランになっている。城の厩を改造したレストランは落ち着いた雰囲気でフランケン料理に定評があり、休日はローテンブルクあたりから車でやってくる家族連れが多い。

これがトイレ?壁から突き出る出っ張りに注目

城の壁に突き出た2つのトイレ。保存されている例は珍しく、貴重な存在だ 城の壁に突き出た2つのトイレ。保存されている例は珍しく、貴重な存在だ

小さなコルムベルクの町から城までは511メートルの小山を登って行く。城門へたどり着くとすぐ右手に高い塔があり、いかにも古城の風情がある。この塔はかつての見張り塔で、塔の上には見張り番が住んでいた。地下は牢獄になっていて、戦争で捕らえた敵の兵士などを閉じ込めておいたという。城の庭の方へ回ってみると、壁の上の方に二か所、奇妙な出っ張りがあるのがわかる。これは中世では一般的なトイレで、どの城にもこのような出っ張り型トイレがあった。もちろん今は使われていないが、コルムベルクのようにきちんと保存されている城は珍しい。兵糧攻めにあっても水だけは確保するため深い井戸が掘られ、その井戸も残っている。

せっかくだから中世の雰囲気を味わいたい

天蓋つきの木彫のベット 天蓋つきの木彫のベット

ホテルの客室はすべてインテリアが異なり、お姫様が寝ていたような天蓋付きベッドの部屋もある。リニューアルした部分はプチホテルのようで可愛らしいが、古い部分には中世の部屋をそのまま使っている客室もあり、いかにも古城に泊まっている感じがする。“城に泊まる”というと優雅な城を想像しがちだが、近世に建てられた瀟洒な館がシュロスホテルで、ここのような中世の城はブルクホテルという。瀟洒な城もよいが、コルムベルクは造られすぎていない本物の中世の城を体験できる場所。是非泊まってみよう。

【関連情報】

■ BURG COLMBERG ブルグ コルムベルク
An der Burgenstrasse 91598 Colmberg
電話:(+49)9803 9 19 20
交通:ローテンブルクの鉄道駅Rothenburg ob der Tauber Bahnhofからニュルンベルク方面へ向かうバスに乗ってコルムベルク・ラートハウスColmberg Rathausで下車(所要時間約30分)。そこから高台の城まで歩いて20分ほど。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/10/02)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索