シュヴァルツヴァルト旅行・シュヴァルツヴァルト観光徹底ガイド

シュヴァルツヴァルト旅行・シュヴァルツヴァルト観光徹底ガイド

シュヴァルツヴァルト旅行・観光の見どころ・観光情報

ドイツ南西部、ライン川を隔ててフランスとの国境を接する辺りに位置するシュヴァルツヴァルト。シュヴァルツヴァルトとは「黒い森」という意味。その名の通り、もみの木などを中心とした針葉樹の森が東西50km、南北約150km余りにわたって広がっている。シュヴァルツヴァルト観光の起点となるのは、南西のフライブルク、東のドナウエッシンゲン、北部のバーデン・バーデンなどの町。他にも魅力的な小さな町が点在しており、豊かな自然の中でハイキングやサイクリング、乗馬、スキーなどの野外スポーツを楽しむ人達も多い。日本からのツアーは、バスで移動しながら観光するのが一般的だ。(2016年9月編集部調べ)

シュヴァルツヴァルトへ行くツアーを見る

言語 通貨 フライト時間 現地との時差
ドイツ語 EUR 約13時間 約-7時間

シュヴァルツヴァルトの人気問合せ情報

シュヴァルツヴァルトの最安値カレンダー

シュヴァルツヴァルト旅行・観光の選び方

周遊型が基本。ツアーはクリスマスマーケットの時期の季節限定も多い

シュヴァルツヴァルト地方の町を訪れるツアーは周遊型のものが中心で、ツアー期間は7日間前後が目安。シュツットガルト、フライブルクなどの町にバスで移動しながら宿泊するもの、アクセスの良いスイスのベルンやバーゼルからバスで日帰り観光するものなどがある。フランスの影響を受けたこの地方の料理は、グルメにも評判が高い。食後酒には名産のサクランボから作られた蒸留酒キルシュヴァッサーを飲んでみよう。この地域は降雪も多いことから、冬の内職として時計などの精密工業が栄えた。お土産にはカッコー時計などの木工製品がおすすめ。(2016年9月編集部調べ)


シュヴァルツヴァルトのグルメ・伝統料理

この地域では食事の楽しみも大きい。料理は隣接するフランスから様々な影響を受け、ドイツの中でも特にグルメに評判が高い。郷土料理のドイツ風パスタ「シュペッツレ」は肉料理の付け合わせにしたり、チーズをかけてグラタンのようにして食べられている。また「シュヴァルツヴェルター・シンケン」と呼ばれるハムは、香り高く地ビールとの相性も抜群だ。この地方が発祥のお菓子には「シュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテ」がある。”黒い森のサクランボケーキ”という意味で、甘酸っぱいチェリーとココア風味の生地がとても美味しい。(2015年編集部調べ)

シュヴァルツヴァルトのショッピング情報

シュヴァルツヴァルト地方では、素朴な手工芸品を中心としたドイツらしい買い物を楽しむことができる。名産品で有名なのは、カッコーが時報を知らせる可愛らしい仕掛け時計や、温もりのある木製の玩具など。この地方の長い冬の間の仕事として守られて来たこれらの伝統工芸品は、サイズやデザインも豊富なのでじっくりとお気に入りを選びたい。また、お菓子など、ちょっとした配り用のお土産探しなら、地元の人が利用するスーパーマーケットもおすすめだ。(2015年編集部調べ)

シュヴァルツヴァルトの気温・降水量ベストシーズン情報

ベストシーズンは、天気が安定していて日没の遅い6〜9月頃。年間を通して乾燥しているため、夏でも薄手のセーターや上着があった方がよい。冬期には氷点下まで気温が下がる事もあるので暖かい服装を用意しよう。(2015年編集部調べ)

現地ガイド発!シュヴァルツヴァルトの観光最新情報

  • シュヴァルツヴァルトのオススメツアー

    シュヴァルツヴァルト旅行・シュヴァルツヴァルト観光徹底ガイド

    ご希望にあうツアーがございませんでした。
    申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

    戻る


    ソーシャルメディアアカウント

    • twitter

    • facebook


    page top