シュヴァルツヴァルトの名物は“サクランボの水”と“チェリーケーキ”

ドイツ・シュヴァルツヴァルト・カフェ・スイーツの現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

シュヴァルツヴァルトの名物は“サクランボの水”と“チェリーケーキ”

掲載日:2008/04/04 テーマ:カフェ・スイーツ 行き先: ドイツ / シュヴァルツヴァルト ライター:Kei Okishima

タグ: おいしい スイーツ レストラン 名物



ABガイド:Kei Okishima

【ドイツのABガイド】 Kei Okishima
全ガイドを見る
ライター。早稲田大学第一文学部卒業。ドイツには高校時代に国際ロータリークラブ青少年交換留学でバイエルン州に一年間、大学時代に交換留学でベルリン自由大学、フンボルト大学に一年間留学する。その後ドルトムント大学にてジャーナリズム学科を専攻。現在はフリーライターとしてヨーロッパを中心に活躍中。

スポンジにさくらんぼのお酒を染み込ませていく スポンジにさくらんぼのお酒を染み込ませていく

ドイツが誇るキルシュトルテ

ドイツのケーキというと、ウイーンのザッハートルテに代表されるようにどっしりとした、食べ応えがあって、甘〜いケーキが多い。パン屋さんのケーキコーナーでは、これはパンかな、ケーキなのかな、と首をかしげたくなる菓子を見かける。しかし、ドイツの名物チェリーケーキだけは世界に誇れるケーキの中のケーキである。シュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテ(シュヴァルツヴァルトのチェリーケーキ)は、その名の通りシュヴァルツヴァルトが発祥の地。この地方にサクランボが多いことから名物ケーキが生まれた。ドイツで「シュヴァルツヴェルダー」といえば、チェリーケーキのことだ。

 

これが決めてとなるキルシュヴァッサー。実際にケーキを食べると、それ程アルコールを感じない これが決めてとなるキルシュヴァッサー。実際にケーキを食べると、それ程アルコールを感じない

決め手は“サクランボの水”

シュヴァルツヴェルダーを作るのに欠かせないのがキルシュヴァッサーである。キルシュはサクランボのこと、ヴァッサーは水のこと。つまり訳せば「サクランボの水」。ドイツの酒場で「これはヴァッサー(水)だから大丈夫だよ、飲んでごらん!」と、冗談を言う人がいるが、もちろん信じてはいけない。ヴァッサーとはシュナップス(リキュール)のことなのだ。「火の酒」とも言われる強いお酒で、アルコール分が30%〜45%ほどもある。果実やハーブなどを加えて作る蒸留酒で、キルシュヴァッサーはサクランボから造るシュナップスである。

 

ヨーグルトに入れてもおいしいチェリー。このチェリーとココアの相性が抜群に良い ヨーグルトに入れてもおいしいチェリー。このチェリーとココアの相性が抜群に良い

本場のキルシュトルテを作ってもらう

シュヴァルツヴァルトのレストランで、シュヴァルツヴェルダーの作り方を実演してもらった。用意するのはココア入りのスポンジケーキ、キルシュヴァッサー、ホイップクリーム、そして砂糖漬けのサクランボ。最後の飾り付け用に、形の良いチェリーも必要である。
まずスポンジケーキを3枚に切る。一枚目にホイップクリームを塗り、サクランボを散りばめる。もう一枚を重ね、今度はキルシュヴァッサーをたっぷりかけてスポンジに浸みこませる。その上にホイップクリームとサクランボを乗せる。最後の一枚を乗せたら、残りのホイップクリームで表面を覆う。板チョコをナイフで削りながら、そこら中を散らかしてケーキに降り掛けていく。形の良いサクランボを飾って出来あがり。

 

ケーキの最後の飾りつけ。このケーキはシュヴァルツヴァルトの名物であるが、ここ限らずあらゆる地方で作られ愛されているケーキである ケーキの最後の飾りつけ。このケーキはシュヴァルツヴァルトの名物であるが、ここ限らずあらゆる地方で作られ愛されているケーキである

偉い人とはサクランボを食べるな!

シュヴァルツヴァルト地方でサクランボは、ケーキだけでなくデザートのコンポートにも好んで使われる。「一味違うな!」と感じるのは、キルシュヴァッサーをちょっぴり使っているからだ。
サクランボに関するドイツの諺にMit hohen Herrn ist nicht gut Kirschen essen!というのがある。直訳すれば、「身分の高い殿方と一緒にサクランボを食べるのは良くない」となるが、諺の意味は“お偉ら方とは付き合いにくい” ということである。サクランボを例に出したのは、お偉いさんたちは平気で下男の顔に種を飛ばすから、だそうだ。せっかくのキルシュトルテは、やはり気の合う友達とのんびり旅をしながら楽しむのがよさそうだ。

 

【関連情報】

シュヴァルツヴァルト地方であればどこでも美味しいキルシュトルテが食べられる。このレストランは写真のレストラン。
■ Hotel Restaurant Alemannenhof
住所:Bruderhalde 21 - 79822 Titisee
電話:(+49)765291180
アクセス:シュトゥットゥガルト(Stuttgart)から急行でカールスルーエ(Karlsruhe)まで(急行で約40分)。そこからフライブルク(Freiburg)行きに乗り換え(約1時間)、フライブルクからティティゼー(Titisee)へ向かう(約40分)。

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/04/04)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事