page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

シュベッチンゲングルメガイド

シュベッチンゲンのグルメ・伝統料理

グルメにとって見逃せないのがホワイトアスパラガスだ。この時期、ドイツのどこへ行ってもアスパラガスを食べることができるが、シュヴェツィンゲンは有名な産地。この地方の伝統料理は茹でたてのホワイトアスパラガスにホランデーゼと呼ばれる黄色いソースをかけたもの。日本ではサラダや前菜として食べるアスパラガスだが、ドイツではメインディッシュになる。土壌の良いシュヴェツィンゲンではアスパラガスと並んで果物の栽培も盛んだ。洋ナシやアプリコットなどデザート果物も美味しい。(2015年編集部調べ)


シュベッチンゲンのレストラン・屋台

レストランではビール醸造所に付随したツーム・リッターがビール好きにはお薦め。ビールは4ユーロ前後、一品料理は10〜20ユーロほど。エレガントを好むならシュヴェツィンゲン城の中にあるシュロス・レストランへ。4月から10月までは庭で食事ができる。目抜き通りのマンハイマー・シュトラーセにもレストランやカフェが並んでいる。ホワイトアスパラガスの時期にはどのレストランでもアスパラガス料理があり、15ユーロ前後で、茹でポテトなどの添え物も付いてくる。焼きソーセージの屋台がシュロス・プラッツ(城広場)に出ていることもあり、パンにはさんだ焼きソーセージは1本3ユーロほど。

シュベッチンゲンの水・お酒

果物栽培が盛んなシュヴェツィンゲンでお酒は果物酒がよく飲まれ、土産物用の小さな瓶も売られている。地元ではフルーツジュースも人気がある。レストランでの飲み物はワインかビール。ワインはラインプファルツ地方で栽培されたブドウからできる白ワインが多い。ビールはもっぱら地ビールが人気で、シュヴェツィンゲンの2つの醸造所であるヴェルデとツーム・リッターが主流。水道水は料理に使っているので飲めないことはないが、常時の飲料水としてはミネラルウォーターを買おう。


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


シュベッチンゲングルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるシュベッチンゲンの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
シュベッチンゲンのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!