page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ドイツ・シュツットガルト・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

シュヴァルツヴァルトの旅はフライブルクから始まる


掲載日:2008/01/23 テーマ:観光地・名所 行き先: ドイツ / シュツットガルト

タグ: お土産 街歩き 市場


冬場は思いっきり寒いドイツへ

暖炉用の薪を橇で持ってくる住民。寒い地ならではの温かい光景だ 暖炉用の薪を橇で持ってくる住民。寒い地ならではの温かい光景だ

寒い季節はとかく暖かい場所へ行きたくなるもの。しかし発想を変えて、寒い季節に寒い所を訪れてみるのは如何だろうか。冬のドイツの旅はシュヴァルツヴァルトが似合う。シュヴァルツヴァルトとは、訳して“黒い森”のこと。上空から眺めると、この辺り一帯に生い茂る針葉樹の濃い緑が黒く見えることから“黒い森地方”と呼ばれるようになった。ドイツ西南部、フランスとの国境を流れるライン川の東はバーデン・ヴュルテムベルクという大きな州で、その州の南に広がる広範囲な山岳地帯がシュヴァルツヴァルトだ。

拠点となるのはフライブルク

これがベッヒェレと呼ばれる疎水 これがベッヒェレと呼ばれる疎水

シュヴァルツヴァルトで最も大きな町がフライブルク。国際会議も開かれるためホテルも多く、宿を探すのに苦労しない。古くからの大学町として有名だが、今日では環境問題に取り組んでいる模範都市として世界に知られている。この町は中世の昔から無意識のうちに環境問題に取り組んでいたのだろう。ベッヒェレと呼ばれる疎水が町の中を縦横に流れている。中世では、この水は生活用水ではなく、町をきれいにするため、そして防火水として山から引かれてきた。今日でも家の周りや道路を清潔に保つために使われ、夏場は子供たちの恰好の水遊び場となっている。

シュヴァルツヴァルト特有の民芸品

朝市で売られている民芸品。室内履きはお土産にも大変人気 朝市で売られている民芸品。室内履きはお土産にも大変人気

フライブルクからドイツ最大の湖ボーデンゼーまでの間が人気のシュヴァルツヴァルトだ。このあたりはモミの木の群生地でもある。高い山はないが、なだらかな丘陵地帯と深い森が延々と続く。秋は短く、冬の訪れは早い。雪に閉ざされた冬の間、この地方では様々な民芸品が生まれた。寒さを防ぐための藁で編んだ靴は、今日室内履きとして人気がある。家の中でできる仕事として木彫刻が盛んとなり、謝肉祭用の様々な仮面が作られるようになった。時計造りの技術も発達し、木彫刻と合わさってカッコウ時計が生まれた。ドイツでもシュヴァルツヴァルトでなければ買うことのできない民芸品である。

朝市でいいものを見つけよう

朝市の漬物屋さん。オリーブも種類が豊富で、真ん中にアーモンドやにんにくが詰められているものもある 朝市の漬物屋さん。オリーブも種類が豊富で、真ん中にアーモンドやにんにくが詰められているものもある

ドイツ最大のゴシック建築のひとつに数えられているフライブルクの大聖堂。十三世紀初頭から建設が始まり、今日の姿となったのは十六世紀前半のことだった。正面入り口のポーチは十三世紀のもので、聖書に登場する人々を描いた立像で飾られている。教会見学もさることながら、この大聖堂前広場に立つ朝市は欠かせない。日曜を除く毎日7時半から13時まで、新鮮な野菜、果物、花、ピクルス類、蜂蜜、ジャム、そしてシュヴァルツヴァルトの民芸品が並ぶ。寒い真冬でも市は立ち、市民の台所になっている。フライブルク市内から一歩外に出ると、すぐにシュヴァルツヴァルト特有の風景に出会える。この地方では長い間、林業が生活の基盤だった。石造やレンガ造りの家が多いドイツだが、ここでは建築資材は木材のみで屋根には藁や茅が使われた。木材の豊富なシュヴァルツヴァルトでは、今日でも暖房に木材が使われている。どこの家の前にも、夏の間に準備した暖炉用の薪が高く積まれている。荷車の代わりに冬場はソリが登場する。冬の寒さを逆手に取ったようなのんびりした生活ぶりを見ていると、心の方はぐっと温まってくる。寒い季節にこそ、こうした地方を訪れてみたい。

【関連情報】

■ フライブルクの朝市
10月〜3月の月曜から金曜7:30〜13:00、土曜 7:00〜13:30
4月〜9月の月曜から金曜7:00〜13:00、土曜7:00 〜13:30

■シュツットガルトからフライブルクへのアクセス方法
Stuttgart(シュツットガルト)駅→Karlsruhe(カールスルーエ)駅(急行で約50分)
Karlstuhe駅→Freiburg(フライブルク)駅(急行で約1時間)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/01/23)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索