page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ドイツ・ワイマール・歴史の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ゲーテとシラーが意気投合した町イェーナを巡る


掲載日:2012/02/08 テーマ:歴史 行き先: ドイツ / ワイマール

タグ: 街歩き 博物館 歴史


ゲーテとシラーが語り合った石のテーブル

シラーがゲーテと話し込んで友好を深めた石のテーブルは、そのまま庭に置かれている シラーがゲーテと話し込んで友好を深めた石のテーブルは、そのまま庭に置かれている

イェーナ(Jena)と言えば有名な大学町で、フリードリヒ・シラーが教鞭をとっていたことで知られる。シラーが住んでいた家は広い庭園を有していたことからシラーのガーデンハウス(Schllers Gartenhaus)と呼ばれている。シラーはゲーテと共にドイツ古典主義文学を築き上げたが、2人は最初から仲が良かったわけではない。1794年にイェーナで開かれた植物学会で初めて意気投合し、以来2人の交流が始まる。ガーデンハウスの庭には母屋から真っすぐ小道が延び、その突き当たりに丸い石のテーブルがある。シラーとゲーテはよくこのテーブルに向かい合って座り、長いこと話し合った。

旧市街の外れにあるゲーテ記念館

ゲーテ記念館の建物と温室。この右手に広大な植物園が広がっている ゲーテ記念館の建物と温室。この右手に広大な植物園が広がっている

イェーナはゲーテ街道(Goethe Strasse)の町だ。ゲーテはヴァイマールから頻繁にイェーナを訪れたが、馬車でもそう遠くはなかったであろう。現在は電車でわずか15分ほど。ゲーテは植物学研究のためにイェーナを訪れ、滞在もした。その家は旧市街の外れにあり、ゲーテ記念館となっている。ゲーテはここに多くの植物を植えて研究を続けていた。記念の部屋は一階の一部のみで他はイェーナ大学の教室になっている。記念室にはゲーテに会うためここへやって来た哲学者フィフィテやヘーゲルの肖像画が飾られている。館の庭では学生が植えた草花が育ち、大きな温室もある。そして裏手には広大な植物園が広がっている。全てゲーテが設立したものだ。

知れば知るほど面白いレンズの歴史

光学博物館では日本語のオーディオガイド(無料)を聞きながら各部屋を見学できる 光学博物館では日本語のオーディオガイド(無料)を聞きながら各部屋を見学できる

ここはカール・ツァイス(Carl Zeiss)の町でもある。世界最高の技術を誇るレンズのブランド、カール・ツァイスはイェーナで誕生した。町の機械技術師だったカール・ツァイスが1846年に顕微鏡製造工房を設立。やがてレンズや望遠鏡、プラネタリウム投影機など、光学機器会社として発展していく。ツァイスの元で働く職人は過酷な労働に耐えねばならなかったが、多くの優れた技術者が育った。そんなツァイスの功績が判る博物館が町の中にある。理系の博物館は苦手、と思っている人でも、訪れてみると意外と面白い。世界のメガネの歴史も良く判る。レンズはこんなに身近なものだったのか、と目からウロコ。英語と日本語のみヘッドフォン・ガイドがあり、そんなにたくさん日本人が訪れているのか、と驚く。

中心部にはモダンなショッピングアーケードが

斬新なデザインのショッピングアーケード、ゲーテ・ガレーリエ 斬新なデザインのショッピングアーケード、ゲーテ・ガレーリエ

イェーナは産業都市として発展していたため第二次世界大戦では徹底的に破壊されてしまった。そのため歴史的面影を残す箇所が旧市街には殆どない。戦後、町は近代的に生まれ変わった。中心部のゲーテ・ガレーリエは2つの建物の間にガラスのドームを取り付けたモダンなショッピングアーケードだ。カール・ツァイス広場の方から入って直ぐ右手の建物はシュタイゲンベルガー系のホテル・エスプラナーデ(Steigenberger Hotel Esplanade)。ホテルのカフェはゲーテ・ガレーリエと繋がっている。中心部には戦後に建設された建物が並ぶが、ゲーテやシラーの館は昔のまま。そして郊外には美しい自然が広がっている。この自然からインスピレーションを得たゲーテは、シューベルトの歌曲で有名な物語詩『魔王』Erlkoenigを書き上げている。

【関連情報】

データ:
★ シラーのガーデンハウス Schillers Gartenhaus
住所: Schiller Gaesschen 2
開館: 火曜〜日曜 11:00〜17:00
休み: 毎週月曜、11月から3月までは日曜も休館
入館料: 2.5ユーロ

★ ゲーテ記念館 Goethe-Gedenkstaette
住所: Fuerstengraben 26
開館:水曜〜日曜 11:00〜15:00
休み: 月曜、火曜、11月1日から3月31日までは休館
入館料: 1ユーロ

★ 光学博物館 Optisches Museum Jena
住所:Carl-Zeiss- Platz 12
開館:火曜〜金曜の10:00〜16:30、 土曜11:00〜17:00
休み:日曜、月曜、祭日
入館料:5ユーロ

★ シュタイゲンベルガー・ホテル・エスプラナーデ Steigenberger Hotel Esplanade
住所:Carl-Zeiss-Platz 4
Tel. +49 3641 8000
Fax. +49 3641 800 150
客室数:146
料金: 110ユーロより

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2012/02/08)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索