page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ドイツ・ワイマール・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ゲーテ街道のハイライト、19世紀初頭に文化が開花したヴァイマール


掲載日:2012/09/17 テーマ:観光地・名所 行き先: ドイツ / ワイマール

タグ: 一度は行きたい 街歩き 世界遺産


ゲーテの町、ヴァイマール

国民劇場の前に立つゲーテ(左)とシラー(右)の銅像 国民劇場の前に立つゲーテ(左)とシラー(右)の銅像

ヴァイマールといえばドイツ文学ファンならばすぐにゲーテを思い浮かべるであろう。若くして即位したヴァイマール公国のカール・アウグスト公のもとで顧問官として政治にも参与したゲーテだった。人生の大半をヴァイマールで過ごし、この町で82年の生涯を閉じた。ゲーテと並ぶ文豪シラーもゲーテのためにイェーナからヴァイマールへ移り、2人は手を携えて「ヴァイマール・クラシック」と呼ばれるドイツ古典主義を確立した。二人が意気投合して協力し合っている様子は、劇場広場に立つゲーテとシラーの銅像によく表れている。

世界遺産に登録されたアンナ・アマーリエ大公妃図書館

イルム公園に面したアンナ・アマーリエ公妃図書館 イルム公園に面したアンナ・アマーリエ公妃図書館

ヴァイマールは静かな谷間に開けた小都市。今日でも人口わずか6〜7万人であるが、ゲーテがやって来た時は6000人ほどだった。そんな小さな町を文化都市に築き上げたのはエルンスト・アウグスト公の妃アンナ・アマーリエと、その息子カール・アウグスト公だった。アンナ・アマーリエ公妃は1758年に夫が亡くなって以来、長男のカール・アウグストが成人して即位するまで女大公として君臨し、芸術や科学など多方面に渡って文化を促進した。1691年に建てられた公爵の図書館はヴァイマールの文化発展に力を尽くしたアンナ・アマーリエに因んで1991年、アンナ・アマーリエ大公妃図書館と改名された。この図書館は2002年には世界遺産に登録されている。

マルクト広場を中心に広がる見どころ

中央のクラナーハの館には美しい装飾が施されている 中央のクラナーハの館には美しい装飾が施されている

ヴァイマールには18世紀末から19世紀初頭にかけてドイツの文化人たちが集い、古典文化を開花させた。それ以前の16世紀にはルーカス・クラナーハが移り住み、晩年を過ごしている。マルクト広場の東側に並ぶ美しい建物の中央にピンク色の館がある、ここはクラナーハの娘婿が1549年に建てた館で、クラナーハはここで亡くなった。彼の作品はすぐ近くのヴァイマール城美術館で見ることができる。クラナーハの右隣にある緑色で装飾された館は町のツーリストインフォメーションになっている。これらの建物の向かい側には14世紀に建てられて19世紀に現在の姿になった市庁舎が聳えている。マルクト広場にはしばしば市が立ち、町で最も賑やかな所。このマルクト広場を中心にイルム川緑地帯も含めてたくさんの見どころが点在している。

お薦めのホテル・カイザリン・アウグスタ

マルクト広場西側の市庁舎には金文字の時計が輝いている マルクト広場西側の市庁舎には金文字の時計が輝いている

旧市街には由緒あるホテルもいくつかあるが、お薦めはヴァイマール駅前のホテル・カイザリン・アウグスタだ。駅を出ると真正面、広場の向かい側に現れる。1867年に建設された大きなホテルで、名前はヴァイマールのカール・フリードリヒ大公の娘で後にドイツ皇帝妃となったアウグスタに因んでいる。第二次世界大戦でも奇跡的に無傷だった。戦後はソ連軍の宿舎となり社会主義時代は簡素なホテルだったが、壁崩壊後に修復されて蘇る。一階の角に窓が多くて明るいレストランがあり、冬でも快適な朝食が楽しめる。客室はクラシックで1人部屋でもゆったりしている。旧市街まで徒歩20分ほどだがホテルの前からバスも出ている。三ツ星であることが不思議なほど満足度の高いホテルだ。

【関連情報】

駅前のホテル・カイザリン・アウグスタ。左の道を真っすぐ行くと旧市街に出る 駅前のホテル・カイザリン・アウグスタ。左の道を真っすぐ行くと旧市街に出る

ホテル・カイザリン・アウグスタ
Hotel Kaiserin Augusta
住所:Carl-August-Allee 17
客室数:134
電話:(+49)03643 234-0
Fax.:(+49)03643 234-44
料金:
シングル:69〜121ユーロ
ツイン:84〜151ユーロ
ジュニア・スイート:105〜136ユーロ
http://www.hotel-kaiserin-augusta.de

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2012/09/17)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索