ジブラルタル旅行・ジブラルタル観光徹底ガイド

ジブラルタル旅行・ジブラルタル観光徹底ガイド

ジブラルタル旅行・観光の見どころ・観光情報

イベリア半島の南東端、ジブラルタル海峡に突き出た半島がイギリス領ジブラルタルだ。ジブラルタルは地中海の西の出入口をおさえる要衝の地で、スペインとイギリスの間で300年に及ぶ領有権争いが続いている。一方で現在は観光地としてもにぎわいを見せており、イギリス風の街並みに、フィッシュアンドチップスの店やパブなどが軒を連ねている。フリーポートであり、免税店も多い。観光のおすすめは「ザ・ロック」と呼ばれるターリクの山へのハイキングや旧軍事施設の見学など。欧米人にはドルフィンウォッチングのポイントとして人気がある。(2016年9月編集部調べ)

ジブラルタルへ行くツアーを見る この国のツアー代金相場を見る

ジブラルタルの人気問合せ情報

ジブラルタルの最安値カレンダー

ジブラルタル旅行・観光の選び方

天気がいい日はアフリカが見える! スペインの端にあるイギリスに行ってみよう

ジブラルタルを訪れるツアーは非常に少なく、ツアー期間10日ほどでスペインとポルトガル、モロッコと組み合わせて周遊するツアーが時々催行される程度。スペインのマラガやトレモリーノス、セビリアなどアンダルシアの各都市から、現地発の日帰りツアーが出ている。ジブラルタルはイギリス領であり、イギリス名物フィッシュアンドチップスやアフタヌーンティーが味わえる。もちろんシーフードも美味。パブでイギリス料理をつまみつつエールを1杯飲んで、スペインのバルと比べてみるのも面白い体験となるだろう。(2016年9月編集部調べ)


ジブラルタルのグルメ・伝統料理

イギリス領であるジブラルタルの食事は、レストランやカフェの他にパブもおすすめ。メニューはイギリスの伝統料理が多く、フィッシュ&チップスやサンドイッチ、ハンバーガーは定番。気軽に軽い食事がとれるので旅行者も利用しやすい。ボリュームたっぷりのイングリッシュブレックファストやアフタヌーンティーも、滞在中に是非試してみたい。ほうれん草のパイはジブラルタルの郷土料理のひとつで、ランチやハイティーでよく食べられる。グルメも満足できるスペイン料理やイタリア料理のレストランも多い。 (2015年編集部調べ)

ジブラルタルのショッピング情報

ジブラルタルはフリーポートとなっており、免税価格でショッピングができる。メインストリートにはタバコや香水、電化製品、貴金属や時計などのショップが軒を連ね、スペインからの買い物客でにぎわっている。この町の名物はターリクの山に棲む野生のサルたちで、土産物屋では彼らをモチーフにした様々なグッズが売られている。「マークス&スペンサー」などイギリスのチェーンが展開し、スーパーマーケットで売られているのも大半がイギリスの商品だ。お隣のスペインの営業時間とは異なり、多くの店が18時には閉店してしまうので要注意。 (2015年編集部調べ)

ジブラルタルのオススメツアー

ジブラルタル旅行・ジブラルタル観光徹底ガイド

2件ヒットしました (1旅行会社 9.65〜26.15万円)
  • 1|

合算燃
目安
9.65
25.15

旅行代金: 8.50〜 23.30

燃油目安燃: 1.15〜 1.85

6日間

成田発

ホテル:
ブリストル・ホテル、バイキング・ホテル
航空会社:
ターキッシュ エアラインズ(日本発:夜)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ☆

合算燃
目安
10.65
26.15

旅行代金: 9.50〜 24.30

燃油目安燃: 1.15〜 1.85

6日間

伊丹発

ホテル:
ブリストル・ホテル、バイキング・ホテル
航空会社:
ターキッシュ エアラインズ(日本発:夜)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ

2件ヒットしました (1旅行会社 9.65〜26.15万円)
  • 1|


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


page top