page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ギリシア・サントリーニ島・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

古代都市遺跡や火山が魅力、ロマンチックなサントリーニ島へ!


掲載日:2008/09/01 テーマ:観光地・名所 行き先: ギリシア / サントリーニ島

タグ: 遺跡 動物 美しい


サントリーニ島の西端にあるイアへ

サントリーニ島のイアから見る夕日。夏は人ごみを覚悟して早めによいポイントを確保してくださいね サントリーニ島のイアから見る夕日。夏は人ごみを覚悟して早めによいポイントを確保してくださいね

サントリーニ島の西端、イアという村は、細い道沿いに高台から海と火山を直に見下ろせるベランダが魅力の、カフェやレストランが並びます。階段を上り下りしてロマンチックな雰囲気いっぱいの村を散策すると、お土産ものやサントリーニ島の景色を描いた絵画のギャラリー、そして、貴金属を扱ったアクセサリーの店がたくさん並びます。眺めるだけで絵になる村です。午後には夕日を目当てにサントリーニ中の観光客が集まってきて、ずいぶんにぎやかになります。フィラからは島内ツアーのバスで、夕方にイアへ連れてきてもらえるコースがあるので、バイクや車をレンタルしていない場合は便利ですよ。夕日をしっかり見たい方は、早い時間からイア村の、風車などの残る西端部分へ向かいましょう。夕日が見える高台のレストランや西端にあるカフェなどの席を取るのは大変難しいです。

サントリーニ島の中心、フィラ

豪華なクルーズ船や火山を見下ろす、フィラの町 豪華なクルーズ船や火山を見下ろす、フィラの町

フィラはイアと同じように、カルデラを見下ろすように高台に作られた町です。ここがサントリーニ島の中心地で、一番にぎやか。数限りなく並ぶお店は、ウィンドーショッピングでうろうろするだけでも楽しいです。そしてもちろん火山を見下ろすテーブル席が用意されたカフェや、魚料理のレストランなど魅力的なお店が数限りなくあるんです。夜になればナイトクラブもオープンして、昼夜共に人通りが絶えません。下を見下ろすと海には巨大なクルーズ船がいくつも停泊しています。クルーズ船からは、小さな船で観光客がフィラの下の海岸にあるオールド・ポートへ到着します。このオールド・ポートからは、テレフェリック(ゴンドラ)、もしくはエーゲ海の島の重要な交通手段であるロバの背中に乗って、フィラまで上って来れます。

ロバが活躍!

坂の多いサントリーニ島で活躍する、ロバ。ここでは、教会の外で、ミサが終わるのを待っています 坂の多いサントリーニ島で活躍する、ロバ。ここでは、教会の外で、ミサが終わるのを待っています

ロバは坂や階段だらけのサントリーニ島では欠かせない交通手段です。おとなしくてかわいらしいロバたちは、人や荷物を乗せて軽々と階段を上っていきます。サントリーニ島の産物で特に有名なのはワインですが、ワイン生産のための葡萄を収穫して運んでくる農家の人々も、トラックだけでなく、ロバも使って葡萄で一杯のかごをワイナリーへ運んでいます。カルデラに面した、坂の途中にあるホテルに泊まる方などは、是非ロバを体験してみてくださいね。

壁画で有名なアクロティリの遺跡、キクラデス諸島の伝統的な村ピルゴス

サントリーニ島にある、伝統的なピルゴス村の遠景。階段が大変ですが、頂上まで上るとサントリーニ島全体を見渡せるパノラマが広がります サントリーニ島にある、伝統的なピルゴス村の遠景。階段が大変ですが、頂上まで上るとサントリーニ島全体を見渡せるパノラマが広がります

サントリーニ島での重要な見所の一つは、火山の噴火で埋もれた古代都市アクロティリの遺跡です。2008年夏現在、修理中で閉鎖されていますが、再オープンしたら是非見に行ってみてください。建物の壁や通りが保存されていて、当時の様子がリアルに味わえます。この遺跡の出土品や有名な壁画群はアテネの考古学博物館に保存されています。壁画のレプリカがフィラからさらに階段を上っていくとたどり着くフィロステファニのペトロス・M.ノミコス・コンフェレンス・センターに展示されていますよ! また、船でサントリーニ島に到着する場合の港のすぐ近くに、ピルゴスという村があります。ここはキクラデス諸島の伝統的な村。教会が小さい村にもかかわらず33箇所もあるとか。白い壁と青い屋根の教会は遠くからも目に付きます。村の中心に向かって白い壁の家々に挟まれた階段をずっと上っていくと、要塞からパノラマの景色を見ることができます

【関連情報】

フィロステファニにある、ペトロス・M・ノミコス・コンフェレンスセンターに展示される、アクロティリ遺跡の壁画のレプリカ フィロステファニにある、ペトロス・M・ノミコス・コンフェレンスセンターに展示される、アクロティリ遺跡の壁画のレプリカ

サントリーニ島への交通手段:アテネから飛行機で50分ほど、もしくはピレオス港から、ハイスピードのヘレニック・シーウェイズ会社の船がイオス島経由で4時間と少し、フェリーのブルースターではパロス島、ナクソス島経由で約8時間です。ヘレニック・シーウェイズは全席指定席で、早めに席を確保しないとハイ・シーズンにはなかなか席がありません。エコノミー、ビジネス、VIPなど席のクラスが分かれています。ハイスピードのため、運行中はデッキにでることが禁止されています。フェリーのブルースターでは、エコノミーの場合自由席なので、早めに乗って席を確保しましょう。追加料金でキャビンも予約できます。これはデッキにも席があって、外の景色を満喫したい方にはお勧めです。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/09/01)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索