サントリーニ島のビーチは、黒い砂浜

ギリシャのサントリーニ島と聞くと、断崖の上に建つ白い壁の家々に、スカイブルー色の屋根の風景を思い浮かべる人も多いと思います。しかし、島の魅力は美しい景色を眺めることだけでなく、島に点在する美しいビーチも魅力の一つ。サントリーニ島は火山島のため、ビーチは黒くて細かな石が砂浜の特徴。泳ぐのにも7月、8月の水温は快適で、透明度の高い水質ともに文句のつけ所がありません。ギリシャの島へ行くなら、海も楽しまなくてはもったいない、と思っている方へ。私のおすすめビーチを紹介します。

サントリーニ島のカマリビーチで過ごす、リゾートの旅(前編) サントリーニ島のカマリビーチで過ごす、リゾートの旅(前編)

ビーチでゆっくり過ごしたい人向き、カマリビーチ

島に多くある宿泊エリアの中から、私が選んだのはカマリビーチ。高層ホテルはなく、高くても3階建てまでのアパートロッジがビーチ沿いに並んでいるエリアです。部屋から出て30秒で海に入れるという立地と、ホテルが経営してるレストランが気に入って、その中の一軒を予約しました。ここでは、ほとんどアジア人の姿を見かけることはなく、欧米人の旅行者ばかり。特に観光スポットはないので、ビーチでゆっくり過ごしたい人におすすめのエリアです。

ビーチベットに寝そべって過ごす贅沢

古代ティラ山の崖下の先端から2Kmほど、浅瀬にずっと続くカマリビーチ。2台づつのレンタル用のビーチベットとパラソルが規則正しく設置され、それがこのビーチの風景となっています。このレンタルベットとパラソルは、1日何時間借りても料金は同じ7ユーロ(約1000円)。朝食を食べた後、すぐにビーチへ向かい、気に入った場所を抑えました。その後は海へ入るもよし、注文したドリンクを飲みながら読書するもよし。ある1日は忙しく観光せず、ビーチで贅沢に時間を過ごしました。

パラソルなしなら、日光浴時間に気をつけて

ビーチベットを借りずに、持参した大きなタオルを引いて過ごしている人もたくさんいます。日光浴するなら、朝は12時まで、夕方なら17時以降がベスト。まっ昼間は日差しが強すぎることと、パラソルなしだと熱中症になる恐れがあるので注意しましょう。泥棒などの被害はなさそうエリアですが、貴重品の管理には気をつけましょう。高額なお金は必要ないので、ビーチには持って行かないのがベスト。また、シャワーが無料で使えるので、カマリに滞在していなくても、日帰りで行けるビーチとしても使い勝手がいいですよ。