夕日の絶景スポット、イア

ここはギリシャのサントリー二島。ホテルのレセプションで島の観光情報を聞くと、最初に勧められたのが、夕日がおすすめの町、イア。ガイドブックにも夕日が有名なスポットとして、載っていました。それなら、天気のいい日を選んでイアの町へ行ってみることに。日没が20時なので19時には着いているように、というアドバイスに従い、16時台の早めのバスに乗りました。フィラのバスターミナルから所要時間は約20分で、早いから空いているだろう高をくくっていたら予想はハズレ、何と大型バスは満席だったのです。そんなに多くの人が集中する、夕方のイアをご紹介します。

ロマンティックな夕日の絶景スポット! サントリーニ島のイア ロマンティックな夕日の絶景スポット! サントリーニ島のイア

真っ白な壁とスカイブルーの屋根、まさに絶景

島の中心地はフィラですが、イアの方がよほどサントリーニ島らしい雰囲気を持っているように感じました。小高い断崖絶壁の上に町が建ち、どこを見ても建物の壁が真っ白なのはフィラの町と同じ。イアならではなのは、いくつかの教会のドーム型をした屋根がスカイブルーに塗られていること。写真集で見かける、白と青で彩られたサントリーニ島定番の景色は、この町にありました。町のメインの広場から西へと進み、海側の道をずっと歩いて行くと、展望台がありました。

混雑する時期は、2時間前から場所取りする人も

この展望台、実は要塞跡で、夕日を見ようと多くの人がこの辺りにやって来ます。2時間以上前から場所取りをしている人も。展望台でなくても、この周辺の高台からなら、同じようにきれいな夕日が見られます。私たちは日没の30分前から場所を探し、展望台から下のビーチへと続く階段沿いで場所取り。ここにも日没時には多くの観光客がやって来ました。この周辺ホテルのバルコニーは西側を向いており、宿泊者はプライベートな空間で夕日を鑑賞できるようになっています。20時近くなると、西の空が茜色に染まり、本当にきれいな夕日が見られました。

一度は泊まってみたいイア

小さなイアの町には教会やホテルだけでなく、細い道にレストランや土産物屋もたくさん並んでいます。早めに行って、カフェテリアで名物フラッペ(アイスコーヒー)を飲んで涼んだり、町を散策しながら日没の時間を待ってもいいかと思います。土産物屋も多いのですが、フィラの店と違って洗練された店が多いように感じました。イアの夕日にも、そして小さくてかわいい町並みにもすっかり虜になってしまいました。次回は是非、このエリアで宿泊したいなと思ったほど。夕方に限らず、イアの町はおすすめです。