夏休みにギリシャに行くなら、やっぱりエーゲ海の島々周遊!

長期の夏休みを利用して行きたいのが、ギリシャの島々。エーゲ海にある2500以上の島々の中でも、キクラデス諸島は歴史的にも、町並みやビーチの点でも魅力的です。私も夏のバケーションシーズンに訪れましたが、各島を結ぶ移動フェリーが頻繁に運行しており、自由旅行でも不便は感じませんでした。ただ、フェリーの時刻はあまり正確ではなく、過密なスケジュールを組むのはリスクがあると感じました。時間に余裕を持って計画しましょう。個人旅行が不安な方には、クルーズ船で島を周遊するツアーもあります。

夏が楽しい海外旅行先 夏こそ、ギリシャのエーゲ海の周遊はいかが? 夏が楽しい海外旅行先 夏こそ、ギリシャのエーゲ海の周遊はいかが?

絶対外せない!サントリーニ島の夕日

まずは、キクラデス諸島の代表的なサントリーニ島。ここへ行かずして、エーゲ海の島を訪れたとは語れないほど、有名です。誰もが知っている、ギリシャの島の風景が広がっている。断崖絶壁の上にある町の真っ白な建物群は、教会ドームのスカイブルーだけでなく、空と海の青ともよく映えます。イアの海に沈んでいく夕日を見たとき、これこそ、ここでしか見られない素晴らしい絶景だと、肌が震えたほど。中心地フィラを拠点に、ビーチもショッピングもできるので、カップル、ファミリー、友達同士でも楽しめる島です。

路地を散策するだけで、最高のリゾート!パロス島

サントリーニ島ほど知られていませんが、パロス島も素晴らしい島。観光するなら、中心地バリキアか第2の町ナウサが拠点になります。旧市街の街並みが、とにかくかわいくて、一目ぼれしてしまいました。石畳みの細い路地、家の壁には鮮やかなブーゲンビリアの花、素敵すぎます。土産物屋をのぞいたり、カフェでくつろいだりして過ごす贅沢な時間。また、この島はビーチ好きにも、おすすめ。なぜなら、規模は小さくともビーチがたくさんあり、毎日違うビーチに繰り出しても、1週間では滞在日数が足らなくなるほどです。

穴場的な、観光客の少ない島はここ!

サントリーニ島やミコノス島の観光客の多さに疲れてしまったら、さらに小さな島を目指しましょう。例えば、ミロス島。ルーブル美術館にある、かの有名な「ミロのヴィーナス」が発見された島です。洞窟やキリスト信者の地下墓地カタコンベなど、観光見所を訪れるなら、ツアーに入るのがおすすめ。火山による奇形の岩群ビーチなど、特殊な地形にある自然豊かな場所で、海水浴が楽しめるのもこの島の魅力です。キクラデス諸島には、他にも島が点在しています。さて、どこをあなたはどの島を周遊したくなりましたか。