page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ギリシア・アテネ・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ギリシャの海を味わう――波打ち際レストランでシーフードを堪能!


掲載日:2007/07/27 テーマ:グルメ 行き先: ギリシア / アテネ

タグ: おいしい グルメ レストラン 魚料理


夏のビーチをギリシャ人はこう過ごす

夏のギリシャの海辺では、レストランがこういった海側のテーブルを設置。潮風の香りと波の音に囲まれて、素敵な食事を楽しみます。海に沈む夕日を見ながらの食事というのもロマンチックで 夏のギリシャの海辺では、レストランがこういった海側のテーブルを設置。潮風の香りと波の音に囲まれて、素敵な食事を楽しみます。海に沈む夕日を見ながらの食事というのもロマンチックで

夏の輝くような日差しの中、大抵のギリシャ人たちは毎日ビーチで過ごします。約2ヵ月半にも及ぶ長〜い夏休みをすごす子供たち、毎日仕事の後にまっすぐビーチへやってくる人々もいれば、もちろん外国からの観光客も。アテネは世界で一番ビーチが多い首都だそうで、ギリシャでは都市に住んでいても、毎日ビーチに通うことができるんです。お医者さんに勧められて、健康の為に海へ通うお年寄りの方々もたくさんいます。いわゆるタラソセラビーですね。タラソという言葉は、海というギリシャ語、「タラサ」から来ているのです。カフェやレストランが設置する傘つきのチェアーに寝そべって、好きなものを注文することもできます。お薦めはなんといっても、ギリシャならではの夏のアイスコーヒー「フラッペ」や、甘くて新鮮なフレッシュオレンジジュース!!潮風に吹かれ、青い宝石のような海の色を眺めて、最高の気分に浸れます。

海辺のタベルナで新鮮な魚に舌鼓!

海辺のギリシャのレストランにて、少しずつ運ばれてくる前菜。素朴にゆでただけの野菜と新鮮なオリーブオイルの組み合わせがほっとする味で、後から出てくるメインの付け合せにも最高です 海辺のギリシャのレストランにて、少しずつ運ばれてくる前菜。素朴にゆでただけの野菜と新鮮なオリーブオイルの組み合わせがほっとする味で、後から出てくるメインの付け合せにも最高です

ところで、日本ではレストランのラストオーダーは夜10時半ですが、こちらでは、夜の12時くらいまで平気でオーダーできます。海の近くでは新鮮な魚介類を味わえるシーフードのタベルナが立ち並んでいて、夜遅くまで大賑わいです。値段は選んだ魚次第。そして基本的にお肉料理より高めです。
日常的に食べられている魚では「チプーラ」というのがあります。小ぶりでヨーロッパ鯛の一種。養殖もされているので、注文する場合は養殖ではなく、海で釣られたものかどうか確認してくださいね。ちょっと高めの魚といえば、「ファグリ」と呼ばれる鯛の一種がとてもお薦めです。シーフードでは、とびきり美味しいイカのフライ「カラマラーキャ」やシンプルに焼いただけのタコ。また、ちょっとお値段がはりますが、もし運が良くて新鮮なものがあれば、ロブスターのスパゲッティ料理「アスタコ・マカロナーダ」も逃せません。魚は並べてあるものを直接見て選ぶので、魚の名前がわからなくても問題ありません。そして選んだ魚は、焼いてもらったり揚げてもらったりとこちらで料理方法を指定します。ギリシャでは魚をシンプルに料理するので、日本人の口にとても合います。いろいろ頼んでテーブル一杯に並んだ料理を、ワインやウーゾを飲みながら、みんなでつまみます。

野菜料理も魅力です!

そして、サラダ。ギリシャではフェタチーズや黒オリーブ、トマト、きゅうりがミックスされた「ホリアティキ」というものが有名なんですが、サラダだけでなく、茹で野菜のおかずがたくさんあるのも魅力です。定番は、柔らかく茹でた菜っ葉の「ホルタ」、ゆでたビーツ(赤いさくら大根)、ゆでたズッキーニなどで、新鮮なオリーブオイルをかけていただきます。美味しいというだけでなく、とっても健康的ですよね。あまり知られていませんが、ギリシャのオリーブオイルはイタリアにもたくさん輸出されていて、安価なのに高品質のエクストラバージンオイルなので、お土産にも最適です。

【関連情報】

お洒落して出かけたい、お薦め有名シーフードレストランが、アテネ郊外ヴィリアグメニにあります。
 
■ITHAKI
住所:28th Apollonos str. 166 71, Vouliagmeni
電話番号:210ー8963739 210-8963747  
URL:www.ithakirestaurantbar.gr  
営業時間:12:30〜01:30    
定休日:なし        

お洒落なレストランだけでなく、素朴な古いタベルナなど、新鮮な魚を味わえる店はギリシャ中の海辺にあります。普通、ギリシャでは予約は必要ありませんが、週末は、結婚式、洗礼式で貸切パーティになっている場合もあるので、電話を入れておいたほうがいいかもしれません。滞在ホテルや、買い物をしたお店などで、現地の人にその地域の新鮮な魚を扱う店を教うのがコツです。是非トライしてください。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/07/27)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索