page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ギリシア・アテネ・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

古代ギリシャ人も食べていた? ギリシャの生活に欠かせない「フェタ」チーズ


掲載日:2007/11/05 テーマ:グルメ 行き先: ギリシア / アテネ

タグ: おいしい グルメ


「フェタ」って一体どんなチーズ?

真っ白なフェタチーズは、このようにスライスしていただきます。そのことから、17世紀頃イタリア語の「フェッタ」(スライスという意味)が輸入され、古来からのギリシャのチーズをフェタと呼ぶようになったと 真っ白なフェタチーズは、このようにスライスしていただきます。そのことから、17世紀頃イタリア語の「フェッタ」(スライスという意味)が輸入され、古来からのギリシャのチーズをフェタと呼ぶようになったと

「フェタ」チーズというのを聞いたことがありますか?日本でも大きなデパートなら扱っていることがあります。ヨーロッパでは、「フェタ」は正真正銘ギリシャのチーズで、ギリシャ産のもの以外は「フェタ」と称してはならないことに決められています。以前は、牛乳のみから作られている外国産の偽物もあったりしました。ギリシャでも安いフェタチーズには牛乳を混ぜたものもありますが、真の「フェタ」チーズは、山羊か羊のミルクから作られているものです。といっても癖のない味なので、普段、山羊や羊だとちょっと苦手かなと思っている私も、食べるほどにやみつきになってしまいました。塩気がきいていて独特のコクがあって、フランスやイタリアのチーズにはない舌触りが特徴です。

古代ギリシャの時代から続く伝統のチーズ

歴史をさかのぼれば、ホメロスの「オデュッセイア」にもこのチーズをさしていると思われる記述があるそうです。そして現代のギリシャ一般家庭にとっても、毎日の食卓に欠かせないチーズです。今ではあらゆるチーズ工場で作られてはいますが、もう格段に美味しいのはやっぱり伝統のあるイピロス地方のもの。イピロス地方というのは、ギリシャの北西部を指します。

いろいろな味わい方で楽しむ「フェタ」

新鮮な「フェタ」を是非ギリシャで味わってくださいね。レストランなどで前菜にこのチーズだけを注文すると、オリーブオイルを垂らし、オリガノをまぶして出てきます。こうやってそのまま味わうこともできれば、ギリシャ人にも外国人にも人気の定番サラダ「ホリアティキ」(トマト、きゅうり、緑ピーマン、黒オリーブ、玉ねぎ、小さく切った「フェタ」チーズにオリーブオイルとオリガノをかけて食べるもの。)から、野菜料理のトマトソース煮込み、お肉の煮込み料理など、このチーズを添えるとさらに美味しくなる料理は数え切れません。ギリシャでは食事のときにこのチーズがないと、何か物足りなく感じてしまうほどです。ギリシャ語で「ティローピタ」と呼ばれるチーズパイは大抵この「フェタ」チーズを詰めたものなので、観光中にお腹がへったとき、手軽に味わうこともできますよ。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/11/05)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索