page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ギリシア・アテネ・歴史の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

海の国ギリシャ―青と白のストライプの国旗柄Tシャツをお土産に


掲載日:2007/11/08 テーマ:歴史 行き先: ギリシア / アテネ

タグ: お土産 ショッピング 洋服


お土産にギリシャの旗の柄のTシャツはいかが?

祝日などに売られるギリシャの旗の売店 祝日などに売られるギリシャの旗の売店

ギリシャでちょっと前にブームだったのが、胸のところに国旗の模様が入ったのTシャツやタンクトップ。真っ白なTシャツに青と白の模様が映えてお洒落なので、お土産としても子供から大人まで外国人にも人気の柄です。ギリシャの旗は青と白のストライプに、国の宗教であるギリシャ正教を示す白い十字が入っていて、ギリシャの海を連想させる鮮やかな色合いなんですが、その旗についてギリシャ人の姪っ子から教わりました。

海のように青く、海の泡のように白い……

ギリシャの国旗を振っていた小さな女の子 ギリシャの国旗を振っていた小さな女の子

今年から幼稚園に行っている4歳のギリシャ人の姪っ子がいるのですが、幼稚園で習ってすぐ暗記してしまったのがギリシャの国旗についての詩。私が日本語に訳してみるとこんな感じです。「青い、そしてその中に真っ白い十字架の刻まれた国旗よ 誇り一杯に風になびき、敵を恐れない 海のように青く、海の泡のように白い。」というもの。とても海の国ギリシャらしいですね! 歴史にもまれて独立まで厳しい時代を経てきたギリシャだからこそ、ギリシャ人は自分の国にとても誇りを持っています。

ギリシャ独立と長く苦しい歴史

10月28日ギリシャ「オーヒ・デイ」のパレード 10月28日ギリシャ「オーヒ・デイ」のパレード

ギリシャが、トルコによってコンスタンティノープルの陥落の1453年から1821年まで約400年間も占領されていたことをご存知でしょうか? 3月25日はこのトルコからの独立を記念する祝日で、家々には旗がかかげられ、各地の伝統衣装を着た生徒によるパレードが行われます。また10月28日は、オーヒ・デイという国家の記念日で、制服や伝統衣装を着た生徒たちや警察、軍隊、消防隊などがバレードします。「オーヒ」というギリシャ語は、英語の「No」の意味。イタリア軍が1940年、ギリシャ国内の自由通過を要求したのに対し「NO!」と拒否した記念日ということなのです。これもギリシャでたくさん映画にもなっている有名な史実で、この後イタリアと交戦し優勢に立つものの、ドイツ軍が参戦してきたことから結局イタリア・ドイツ軍に占領されます。忍耐強く戦ったパルチザンのおかげで1944年に自由を獲得するまで悲惨な時代を耐え抜きます。ギリシャに来て旗を見たら、その明るく鮮やかな色合いからは想像もつかない、ギリシャの苦しい歴史のこともちょっと思い出してくださいね。その苦しみを経たからこそ今のギリシャがあるわけなのです。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/11/08)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索