page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ギリシア・アテネ・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ギリシャ家庭料理を紹介:今回はトマト味の煮込みお肉料理です


掲載日:2008/02/12 テーマ:グルメ 行き先: ギリシア / アテネ

タグ: グルメ 動物


ギリシャ人はお肉料理が大好き

これが、トマトソースの煮込みオーブン料理「ユヴェッツィ」です これが、トマトソースの煮込みオーブン料理「ユヴェッツィ」です

ギリシャ人は世界のうちでも特にお肉の消費量が高いといわれています。そのお肉ですが、質はよくて美味しいのに、安いんです。鶏肉は丸ごとで買うことが多いですが、その丸ごと一つが1200円前後。豚肉もよく食べますが安いし臭みがありません。牛肉はもう少し高く、さらに一番高めなのは、羊の肉。日本では羊肉というと臭みが気になりますが、ギリシャのものは臭みが全くないので、一番高級な肉とされているくらいです。お祝いや、誰かを家に招待したときにごちそうするんですが、それで1キロあたり11ユーロするかしないか、つまり日本円で1700円前後なんです。

もしかして、羊たちに会えるかも?!

ギリシャでは、こんな感じで、近所のオリーブ畑でも羊が飼われていたりします ギリシャでは、こんな感じで、近所のオリーブ畑でも羊が飼われていたりします

ギリシャの一番代表的なチーズ「フェタ」は、羊のミルクから作られています。それだけギリシャでは羊がとても身近な存在なのです。ギリシャの田舎をドライブするとよく羊の群れが道路をふさいでしまうことがありますが、街中でもちょっと緑の多い場所ならオリーブ畑などで羊を飼っている人がいたりするんですよ。

ほっとする家庭の味は、オーブン煮込みの「ユヴェッツィ」

やっぱり、ギリシャの煮込みに欠かせない味の一つがトマトソース!ギリシャ語では「トマト味」とは言わず、「コッキニストー」つまり「赤くなった(煮込んだ)」というような呼び方をします。お鍋でお肉をよ〜く色づくまでいためてからじっくり煮込んだものは、そのまま食べたり、パスタのソースにしたり。また、このトマトソースを使ったオーブン料理もあって、その代表が「ユヴェッツィ」。これは私も大好きな料理で、やっぱり日本人の舌によく合います。この料理はルーツとしてはアラブ諸国から伝わってきたようです。ギリシャでは、この料理で定番のお肉は羊のお肉、そしてあわせるものは、パスタのギリシャ語名「クリサラキ」と呼ばれるもので、イタリアのパスタでは「リゾーニ」と呼ばれている形のもの。お米より少し大きくて両方がとがった形のパスタです。オーブン型に大きめのお肉の固まりをたっぷりのトマトスープで煮込み、お肉が煮えたらパスタを入れ、トマトスープでパスタと一緒に煮込みます。削ったチーズをふりかけたりして、召し上がれ!ほっとする家庭の味で、やみつきになりますよ。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/02/12)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索