page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ギリシア・アテネ・歴史の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

海の国ギリシャ♪「ウーゾ」にあう酒の肴は、潮風の香りと、新鮮なシーフード!


掲載日:2008/04/18 テーマ:歴史 行き先: ギリシア / アテネ

タグ: おいしい お土産 地酒


ウーゾを片手に、イカのフライに舌鼓!

「ウーゾ」のボトルと、グラスに注いだ水割りです。水と混ざると、この通り!カルピスのような乳白色に変化します 「ウーゾ」のボトルと、グラスに注いだ水割りです。水と混ざると、この通り!カルピスのような乳白色に変化します

ギリシャといえば海の国。短い冬が終わりさえすれば、外食の人気スポットはなんといっても潮風の吹く海辺のタベルナ(庶民的なレストラン)です。グラスについだ「ウーゾ」を飲みながら、新鮮なシーフードをつまむのは最高の気分! 「ウーゾ」に合うシーフードの代表といえば、イカのフライの「カラマラーキャ」。それにそのまま揚げられたエビや、炭火焼の香ばしいタコなどを、たっぷりのレモン汁をふりかけて、いただきます。付け合せは、青菜をやわらか〜く茹でただけの「ホルタ」や、ガーリックのディップと一緒にでてくる茹でたビーツなど、さっぱりと胃にやさしいお野菜。それだけでは物足りないという方には、前菜で、チーズの料理や各種のパイ(ギリシャでは「ピタ」と呼ばれます。)、ナスや青菜など主に茹で野菜やチーズを詰めたものも頼めます。タベルナのほかにも、「ウゼリ」と呼ばれる、「ウーゾ」とおつまみの「メゼ」(お肉料理やシーフードの小さなものが盛り合わせになっています。)を楽しむお店もたくさんあります。

ギリシャを代表するお酒の一つ、「ウーゾ」の歴史

「ウーゾ」とは、由来ははっきりしないお酒なのですが、古代から作られていたことはたしかです。オスマン朝時代にはトルコ人によって作られていたのが、19世紀のギリシャ独立後、さらにギリシャ国内で盛んに作られるようになりました。基本はブドウや干しブドウから作られる蒸留酒ですが、アニスの独特の香りが特徴で、トルコでよく飲まれる「ラキ」によく似ています。アニスを中心としたいろいろなハーブ、アルコールを40度以上のアルコール度になるまで蒸留します。特に美味しくするには、この蒸留器が銅製であるとよいそうです。「ウーゾ」はギリシャでは家庭に必ず1本は置いてあるというほど、親しまれているお酒です。お酒としての飲むだけでなく、お菓子作りにも使われたりします。

ウーゾの飲み方!

「ウーゾ」は、注文すると、ちょっと小ぶりの細長いコップに注がれて出てきます。完全に透明なお酒で、もちろんストレートでも飲まれますが、氷をいれてもらったり、水割りにすると、水と混じった途端に白く濁るんですよ! これはハーブのアニスの影響だそうです。この「ウーゾ」なんですが、美味しいし、アルコール度も高いのに、実はとってもお手軽な値段なのでびっくりしてしまいます。小さくてかわいいボトルもあって、お土産には最適です。ギリシャで一番伝統のあるウーゾ製造の地は、レスボス島のプロマーリという村です。ここにある有名なウーゾのメーカー、バルバヤニスによるウーゾの博物館もあるので、機会があったら、是非覗いてみてくださいね!

【関連情報】

ギリシャでは断食(お肉、乳製品をカットする)の時期、上記のようなシーフードの店は混みます。一年の中でも一番混むのは、聖灰月曜日と、復活祭前の一週間。もしその時期にあたって旅行される場合は、混むのを覚悟で、待つことも考えて早めに出かけるようにしてくださいね。
★レスボス島、プロマーリのバルバヤニス・ウーゾ博物館について:プロマーリの村から約1キロの距離で、タクシーかバスでのアクセスとなります。詳細は、バルバヤニス酒造会社の英語のサイトhttp://www.barbayanni-ouzo.com/ouzo-museum-lesvos.html で確認できます。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/04/18)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索