page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ギリシア・アテネ・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

パンやパイを味わう、ギリシャの朝ごはん


掲載日:2008/04/23 テーマ:グルメ 行き先: ギリシア / アテネ

タグ: おいしい グルメ 朝食


街頭でおじさんが売っている、丸い輪の形のパン

これが「クルーリ」!ゴマが一杯ついていて香ばしく、中はふわっとやわらかいパンで、朝ごはんに最適です これが「クルーリ」!ゴマが一杯ついていて香ばしく、中はふわっとやわらかいパンで、朝ごはんに最適です

アテネの中心部を歩いていても目に付くに違いないのが、「クルーリ」です。交通量の多い街中の街頭で売られているので、気になるはず。この他にも、移動して銀行やオフィス、お店で働く人々に「クルーリ」を売り歩くおじさんたちもいます。この「クルーリ」と呼ばれるパンの特徴は、丸い輪の形。そしてゴマがまぶされています。新鮮で美味しいので、観光中でも是非味見してみてくださいね!

ギリシャの朝ごはんとは?

粉砂糖のかかったものが、「ブカッツァ」。もう一つは、野菜たっぷりの「ホルトーピタ」です。どちらも朝の出来立てがオススメ! 粉砂糖のかかったものが、「ブカッツァ」。もう一つは、野菜たっぷりの「ホルトーピタ」です。どちらも朝の出来立てがオススメ!

ギリシャでは、栄養の必要な子供は別として、一般人の朝ごはんはシンプルです。基本はコーヒー、それにフリガニャと呼ばれるラスク、もしくはドーナッツなどをつけるだけ。といっても、コーヒーに合う美味しいスイーツはいろいろ売られているので、ダイエットしていない方ならば、いろいろ味見してみてくださいね。よく売られているのは、砂糖やチョコをまぶした日本でもおなじみのドーナッツやシナモンバンズ。特にギリシャらしいオススメのスイーツは、「ブガッツァ」と呼ばれる、粉砂糖のまぶされたパイ生地の中に、セモリナ粉をベースとしたカスタードクリームがたっぷり入っているもの。これは、パン屋だけでなく、パイの専門店にも置かれていて、出来立ては熱々!冷めてしまっても、あっためなおして、その場で粉砂糖やシナモンを振りかけてくれるお店も。

「フェタ」チーズを使ったパイも!

「ブガッツァ」を割ると中には熱々のクリームがたっぷり! 「ブガッツァ」を割ると中には熱々のクリームがたっぷり!

またこれは甘くありませんが、これぞギリシャのパイ!といえるのが、チーズパイの「ティローピタ」。ギリシャの有名なチーズ「フェタ」が使われているのが本物。「ブガッツァ」も「ティローピタ」も一つで結構お腹が一杯になるので、男性陣も腹ごしらえに是非お試しを。パイを専門にしているお店には、「ティローピタ」だけでなく、「ホルトーピタ」と呼ばれる菜っ葉をたくさん使ったビタミンたっぷりのパイや、きのこを使った「マニタローピタ」なども。人気のある店だと早めに行かないと、お昼近くには売切れてしまうことも。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/04/23)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索