page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ギリシア・アテネ・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

「フォリフォリ」などのお洒落なギリシャブランドは、ギリシャ国内で安く買おう!


掲載日:2008/06/16 テーマ:ショッピング 行き先: ギリシア / アテネ

タグ: お土産 アクセサリー ショッピング ブランド


ギリシャに来たら、やっぱり「フォリフォリ」へ!

どんどん新しいアクセサリーや時計、バッグが入荷する、本拠地ギリシャの「フォリフォリ」。メンズの時計もお勧めです どんどん新しいアクセサリーや時計、バッグが入荷する、本拠地ギリシャの「フォリフォリ」。メンズの時計もお勧めです

日本でとっても有名な「フォリフォリ」は、1982年にアテネでスタートしたギリシャのブランドというのをご存知ですか? もちろん本拠地ギリシャでは、最新のバッグや時計がいろいろ揃っています。最近はメンズコレクションも出ましたね! ピアス、ネックレス、指輪などのアクセサリーもいろいろあって、目移りしてしまいます。ギリシャ国内には現在59の店舗があるということですが、独立した店舗だけでなく、アテネ、シンダグマ広場すぐそばにあるデパートのAtticaや、オモニア広場に近いデパートNotos Galleriesの中などに入っているお店もあるので、チェックしてみてください。

「フォリフォリ」の魅力

これは「フォリフォリ」のギリシャらしい2008年夏のアクセサリーです これは「フォリフォリ」のギリシャらしい2008年夏のアクセサリーです

「フォリフォリ」はディミトリス・クツォリウーチョスとケティのご夫妻が始めたお店です。このケティ夫人が、魅力的な「フォリフォリ」ブランドのデザイン責任者で、イタリア人、スイス人、ギリシャ人のデザイナーが協力しているそうです。私は「フォリフォリ」の時計が好きなんですが、その理由の一つは、色の違う皮ベルトを取り替えて、夏、冬と季節に合わせたり、服装に合わせてカラーチェンジできること。この皮ベルトなんですが、日本でも単独で好きな色を選んで買えますが、ギリシャで買うとやっぱりすごく安くてお得です! もちろん時計本体、バッグ、アクセサリー等、全て割安なので、ぜひ「フォリフォリ」ファンの方は寄ってみてくださいね。

きっと欲しい靴の見つかる、お洒落な靴ブランド「J. ブルナーゾス」

普段用のカジュアルなサンダルから、ウェディングドレスにあわせる靴まで、豊富なデザインと、質の良さが魅力な、ギリシャの靴ブランド「J.BOURNAZOS」のお店 普段用のカジュアルなサンダルから、ウェディングドレスにあわせる靴まで、豊富なデザインと、質の良さが魅力な、ギリシャの靴ブランド「J.BOURNAZOS」のお店

「J.BOURNAZOS」(J.ブルナーゾス)の看板を見つけたら、是非入ってみてください。この靴のお店は、創業が1953年! ギリシャ全土に19店舗展開しているのですが、ギリシャ国内でしか買えません。なんというか、お洒落でエレガントで皮の質感もよく、しかも履き心地がいい、と文句のつけどころのないお店です。2008年コレクションで眼をひくのは、ヒールにクリスタルのような透明な素材を使用している、新しいモデルです。もちろん普段着の靴もありますが、ちょっとお洒落したい時の、質のいい良い靴を買っておきたい、という方にとってもお勧めのお店です。

【関連情報】

ギリシャでしか買えない靴ブランド「J.BOURUNAZOS」は紳士靴も豊富です ギリシャでしか買えない靴ブランド「J.BOURUNAZOS」は紳士靴も豊富です

上記のギリシャブランドの靴専門店「J.BOURNAZOS」の最新コレクションや、
店舗の場所をチェックしたい方は、
ホームページ(ギリシャ語・英語を選択できます。)http://www.bournazos.gr をご覧になってみてください。
観光のついでに寄りやすいアテネ中心部では、アテネのシンダグマ広場から延びるエルムー通りに「J.BOURNAZOS」が2店舗、「フォリフォリ」が2店舗、「J.BOURNAZOS」と「フォリフォリ」共にデパートのAtticaの中にも入っています。「フォリフォリ」はさらにコロナキ地区にも2店舗ありますよ。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/06/16)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索