page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ギリシア・アテネ・船・クルーズの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ギリシャの海をちょっと贅沢に堪能するには…地中海をセレブ気分で船旅!


掲載日:2008/06/27 テーマ:船・クルーズ 行き先: ギリシア / アテネ

タグ: セレブ


ギリシャの港はどこもヨットやクルーザーで一杯!

ギリシャの海にぽっかり浮かぶ島々。島の多いギリシャを一番楽しめるのが、船を使った旅です ギリシャの海にぽっかり浮かぶ島々。島の多いギリシャを一番楽しめるのが、船を使った旅です

ギリシャには、いたるところにヨットハーバーがあります。地元の人々が釣りを楽しむためのボートから始まって、目を見張るような大型の個人所有のクルーザーヨットも並んでいて、あんな船でギリシャの島へバカンスにいけたらいいなあ、と憧れてしまいます。ギリシャ人はもちろん、ヨーロッパ各地からクルーザーで毎年やってくる観光客がいて、ゆったりとした船旅で、直接島々などに乗り付けて、休暇を過ごすというわけです。

VIPがプライベートな時間を過ごすのに利用

ヨットやクルーザーがたくさん停泊する、ギリシャのヨットハーバー。夏は特にキクラデス諸島やイオニア諸島などの島を中心に、ヨーロッパ各地からバカンスでやってくる船で一杯です ヨットやクルーザーがたくさん停泊する、ギリシャのヨットハーバー。夏は特にキクラデス諸島やイオニア諸島などの島を中心に、ヨーロッパ各地からバカンスでやってくる船で一杯です

これは、特に有名人や世界有数のお金持ちの人々が特にプライベートな時間を過ごせるという意味で好むバカンスの方法でもあります。ギリシャの海運王オナシスも、よく世界のVIPを招いては、船でのバカンスをしていましたし、今でも例えばラッツィスという有名なギリシャ人の富豪一家(やはり海運王であるヤニス・ラッツィスの一族で、銀行なども所有している。)は、イギリスのチャールズ皇太子とも親しく、プライベートなクルーズ船でのバカンスに招待していると報道されていたことがありました。このような話を聞くと、一般の人には全く手が届かないものと思ってしまいますが、実はクルーザーを比較的安くレンタルしている会社もあります!

一般人も、予算に合わせてレンタルできる!

目の覚めるような、鮮やかなブルーが印象的なギリシャの海 目の覚めるような、鮮やかなブルーが印象的なギリシャの海

レンタルといっても、誰もが免許を持っているわけではないので、船を操縦する船長をつけることもできます。キャビンにはホテルに泊まるのとほとんど変わらない設備が整っています。大きなクルーザー、ヨットになればなるほど、もちろんお値段も張りますが…。良いホテルに泊まる代わりと考えれば、旅行に組み込むことも可能です。ルートは、1週間ほど島から島へ移動したりするバカンスが主ですが、1日だけ借りたりすることも可能な場合もあります。ご予算が合えば、ちょっとゴージャスに地中海を満喫できる船旅、是非トライしてみてくださいね!

【関連情報】

季節や会社によって、料金や詳細は大きく異なります。アテネにオフィスのあるクルーザーやヨットのレンタル会社はたくさんあります。例としていくつか挙げてみると:
(1)TM working group 電話(ギリシャ国内より)210-8948054 ホームページ http://www.tmgroup.gr
(2)Easy Sailing 電話(ギリシャ国内より)210ー9859363 こちらはヨットのレンタルで、一週間単位の料金が、ヨットの種類などによってリストされています。http://www.easysailing.gr/Yachts.phtml(こちらは、ヨットの免許を持っている方が、クルーなしで借りる料金です。)
(3)Sailing In Blue 電話(ギリシャ国内より)210 - 7649580 ホームページhttp://www.sib.gr/Prices/prices_2008.html こちらもヨットのレンタルで、Skipper(船長)をつける場合、一日あたりの追加料金も載っています。

★ルートや料金に含まれるサービス、利用によってチャージされるサービス、ガソリン、水の消費など、会社によっても異なりますので、必ず事前によく確認しておいてください。上記にあげた電話番号は、日本からかける場合、ギリシャ国番号の30を前につけてください。英語での交渉になりますが、会社によってはフランス語、ドイツ語、イタリア語が通じる場合もあります。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/06/27)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索