page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ギリシア・アテネ・歴史の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

聖地で造られるオーガニック・ワインはいかが?北部ギリシャのワイン・ロードへ!


掲載日:2008/07/28 テーマ:歴史 行き先: ギリシア / アテネ

タグ: お土産 ワイン


ワイナリーももちろん男性しか見学できません!聖地でのみ生産されるワイン

ボトルのラベルのギリシャ文字も、教会で使われる古い書式で趣きを感じさせる、聖地アイオン・オロス生産のチャンダリス・ワイン ボトルのラベルのギリシャ文字も、教会で使われる古い書式で趣きを感じさせる、聖地アイオン・オロス生産のチャンダリス・ワイン

ギリシャ正教の聖地アイオン・オロスは女性立ち入り禁止ということでも有名です。その聖地に点在する修道院の一つ、パンデレイモン修道院に、有機農法で育てられる葡萄から作られるチャンダリス・ワインのワイナリーがあるんです。聖地内にあることから、このワイナリーの見学はもちろん男性しか許可されていませんし、アイオン・オロスに入山するのもいろいろと制約があるので、もし行くチャンスがあれば自分用としても、もらう側としても、嬉しいお土産となるのがこのワインです。

北部ギリシャのワイン・ロードを代表するワインメーカー、チャンダリス

ギリシャ北部にはたくさんのワイナリーがあります。その中でもギリシャ最大級を誇るのが、チャンダリス・ファミリーのワイナリーです。ハルキディキにあるアイオス・パヴロス、マケドニア地方のナウサ、テッサリア地方のラプサーニ、ギリシャ神話で有名なオリンポス山の麓、それに上記のパンデレイモン修道院にある80ヘクタールを足して、計250ヘクタールほどのワイナリーを持っています。このワイン・メーカーの創設者、エヴァンゲロス・チャンダリス氏は、1890年にギリシャ独特のお酒であるチプロやウーゾを造り始め、その後ワイン生産に携わるようになり、1973年には外国への輸出も始めています。現在では3代目にあたるその子孫が北部ギリシャの気候、地形を活かして、ギリシャを代表するワインの生産にあたっています。

歴史と自然の美が楽しめる、北部ギリシャ・ワインロードへ!

古代ギリシャの時代から飲まれてきたワイン。ギリシャのワインは日本ではあまり知られていませんが、世界各地で賞を獲得している洗練されたワインがいろいろあります。北部ギリシャのワイン・ロードについて、詳しいルートはホームページwww.wineroads.gr/enで確認できますが、そこでは8つのルートが紹介されています。ギリシャの北部は緑も豊かで、自然の美しさが魅力です。このワイン・ロードでは、そんな北部ギリシャ、独特の魅力をそれぞれ満喫できます。そして古代ギリシャの遺跡ファンの方は、オリンポス山からスタートするルートがなんといってもお勧め! ギリシャ第2の都市、テッサロニキ周辺のルートも見所満載で、どのルートを選ぶか迷ってしまいそうですね。

【関連情報】

ワイナリーごとの詳細、連絡先は、上記の北部ギリシャ、ワインロードのホームページで調べられます。今日紹介した、聖地アイオン・オロス内のパンデレイモン修道院のワイナリーは、見学にあたって、事前に許可が必要です。
連絡先は、Phone: +30 23990 76100 Fax: +30 23990 61466 Email: Peristeraki.d@tsantali.gr Web site:www.tsantali.gr で、見学についての問い合わせは担当者Despina Peristerakiまで。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/07/28)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索