page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ギリシア・アテネ・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

「レオニダス」のチョコはギリシャ人菓子職人の味


掲載日:2008/12/01 テーマ:カフェ・スイーツ 行き先: ギリシア / アテネ

タグ: おいしい お土産 スイーツ


ギリシャ人の菓子職人が家族で開いたお店、1号店はブリュッセルで

「レオニダス」のプラリネ・チョコは、一粒一粒がまろやかに口の中で溶けていく感覚がたまらないおいしさです 「レオニダス」のプラリネ・チョコは、一粒一粒がまろやかに口の中で溶けていく感覚がたまらないおいしさです

ギリシャ人には、外国で有名になった人々がたくさんいます。今回紹介するのも、そんな一人。アメリカへ移住したギリシャ人の菓子職人、レオニダス・ケステキディス氏です。1913年にベルギーで万国博覧会が行われ、このレオニダスさんはギリシャ代表として出品したチョコレートで金賞を受賞したのです。ベルギーはチョコで有名な国ですが、その首都ブリュッセルに第1号店を開いて出発しました。レオニダス氏の甥バジル氏が継いでからは、作りたてのフレッシュなチョコレートをショーウィンドーに並べる方式で成功して、行列ができる人気店となったのです。

「レオニダス」のチョコはフレーバーも豊富で楽しみ方もいろいろ

ギリシャ国内にある「レオニダス」店舗のひとつ。この看板が目印ですよ ギリシャ国内にある「レオニダス」店舗のひとつ。この看板が目印ですよ

「レオニダス」のショーウィンドーには様々なフレーバーのチョコレートが並びます。メインはベルギーが本場のプラリネ・チョコレートなんですが、その種類はとっても豊富! 基本のミルク・チョコとダーク・チョコを選んで、中身はプラリネ、ナッツ入り、キャラメル入り、クリスピー入りなど好みでいろいろ! 選んで、箱詰めしてもらいます。ちなみに、ギリシャで私が買った一番小さい箱詰めは、11個のプラリネ・チョコをお好みでつめてもらって7ユーロ50セント、というお値段でした。食べてみるとひとつひとつがとってもまろやかな味わい! 中のプラリネ・チョコもクリーミーで、口の中でゆっくりとろける感じです。あまりクセがなく、純粋にチョコレートの美味しさを味わえる感じなのは、ギリシャのチョコレートに共通しているように思います。

世界40カ国に展開する「レオニダス」

プラリネ・チョコを買うには、この箱の大きさで量を選べます。とってもおしゃれな包みで、プレゼントにもお勧め プラリネ・チョコを買うには、この箱の大きさで量を選べます。とってもおしゃれな包みで、プレゼントにもお勧め

甘党のギリシャ人は老若男女問わず、みなチョコレートが大好きです。そんなギリシャ人の一人、レオニダス氏が立ち上げた「レオニダス」は、なんと今では世界主要都市を含め、40カ国2000店も構えるほどになった人気チョコレート店!!というわけで、もちろんレオニダス氏の出身国ギリシャには、たくさん店舗があります。アテネには中心部のコロナキやパネピスティミウー通りを始めとして、数え切れないほどあるので、ギリシャ滞在中、是非立ち寄ってみてください。

【関連情報】

「レオニダス」の豊富でおしゃれなチョコの種類や店舗の場所は、ホームページで確認することができます。
英語サイト http://www.leonidas.com

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/12/01)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索