ギリシャ風コーヒーを極める!お土産にもオススメ

ギリシア・アテネ・カフェ・スイーツの現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

ギリシャ風コーヒーを極める!お土産にもオススメ

掲載日:2009/01/20 テーマ:カフェ・スイーツ 行き先: ギリシア / アテネ ライター:アリサンドラトゥー芳香

タグ: おいしい お土産 コーヒー



ABガイド:アリサンドラトゥー芳香

【ギリシアのABガイド】 アリサンドラトゥー芳香
全ガイドを見る
イタリアのトスカーナに4年、そしてギリシャ、ペロポネソス半島北部の港町パトラ在住13年。ギリシャの大学生に日本語を教えながら、翻訳などもしています。小学生の子供が二人いるので、子連れの旅行についての情報や、もともと好きな遺跡等に関する情報、地中海料理などについて発信中!また、ブログ「地中海とカフェDiary」ではギリシャ生活について綴っています。

とっても味わいのある、銅製のギリシャ風コーヒーを淹れる「ブリキ」とコーヒーをかき混ぜる道具いろいろ とっても味わいのある、銅製のギリシャ風コーヒーを淹れる「ブリキ」とコーヒーをかき混ぜる道具いろいろ

ギリシャ風コーヒー「エリニコス カフェス」の由来

ギリシャにはそれはたくさんカフェテリアと呼ばれる喫茶店があり、イタリアのエスプレッソマシーンで淹れられた本格的なカプチーノから、フレンチ・コーヒーと呼ばれるフィルターコーヒー、「ネス」といえばインスタントのネスカフェ、といった具合で何でも揃っています。でもお年寄りから若い男性の集まる、伝統的なカフェニオン(基本的には男性しか行かない古いタイプのカフェ)では、コーヒーといえば当然のことながら「エリニコス カフェス」(「ギリシャのコーヒー」という意味)のこと! ギリシャのどの家庭でも常備されているコーヒーです。このギリシャ風コーヒーは、実はトルコとキプロスの紛争問題が起こるまでは、ギリシャでも「トルコ・コーヒー」と呼ばれていたそうです。というのも、このコーヒーの発祥は、アラビアのベドゥウィンといわれており、アラブ世界全体で飲まれているもの。そしてオスマン朝トルコを通じて、バルカン半島全体に伝わり、現代でもバルカン半島の各国ですっかり定着したコーヒーとなっているのです。

 

こちらはギリシャ風コーヒーをいただくための、デミタスカップやお盆。一揃いをインテリアに飾っても素敵ですよ こちらはギリシャ風コーヒーをいただくための、デミタスカップやお盆。一揃いをインテリアに飾っても素敵ですよ

味のある銅製の道具類

気になるのは、このギリシャ風コーヒーを作るための伝統的な道具。「ブリキ」と呼ばれる、口のほうが少し狭まった、とっても小さい鍋状のものに、長い柄がついているものが、このコーヒーを淹れるために必要な道具。ただし、現代の一般家庭ではステンレスのものが普通で、スーパーなどでもステンレス製しか置かれていません。でも本来は銅製で、木の柄のついたものが利用されていました。銅製は手入れが大変ですが、そのほうがおいしいコーヒーが作れるとか。カフェニオンによってはこういう伝統的な容器が今も使用されています。銅製は見た目も素敵で、同じ銅製のスプーンや、コーヒーを「ブリキ」の中でかき混ぜるのにとっても便利なミニ泡だて器のようなものまで、ちゃんとそろっているお店があるので、探してみてください。

 

お盆までそろえれば完璧!キッチンや居間のインテリアにも

そして、さらに完璧に味わいたいという方には、下の部分が銅でカバーされた専用のデミタスカップに、独特の味わいがある、銅製のお盆。このお盆は上から吊り下げて持ち運ぶもので、今でも近くのオフィスなどからのコーヒーの注文をデリバリーするのに、喫茶店で使っているのを見かけることがあります。このお盆に伝統のギリシャ風コーヒーの道具をそろえるだけで、インテリアの飾りにもなるので、お土産に是非どうぞ! もちろんこのコーヒーの粉も忘れずに買って帰ってくださいね。(コーヒーは日本で挽きたいという方へ:
細かい粉状になるまで、エスプレッソ用よりさらに細かく挽く必要があります。)

 

ギリシャ風コーヒーの淹れかた

英語ではグリーク・コーヒーと呼ばれ、写真入りで作り方ののっているサイトもたくさんあります。基本は、「ブリキ」に、デミタスカップに一度入れて量を計算した冷たい水を入れ、そこに好みで砂糖をスプーン1杯から2杯、コーヒーはスプーン1杯から2杯、これも濃さを好みで調節します。小さいコンロに「ブリキ」をのせ、なるべく弱火で温め、とにかくよくかき混ぜること! 沸騰寸前に周りからコーヒーが膨らんでくるので、膨らみ始めたら火を止め、カップへ注ぎます。美味しくできたコーヒーには、「カイマキ」と呼ばれる細かい泡が表面にたっぷり浮かびます。美味しく仕上げるのは結構難しいので、がんばって挑戦してくださいね。

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/01/20)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

最安値アテネツアー


最安料金万円

合算 目安 5.00万円7.50万円
旅行代金: 4.406.90万円
燃油目安: 0.60万円
6日間
東京発

アテネ ツアー

現地朝到着!!モーニング・ギリシャ☆アテネ<スーパーキャンペーン>☆日本夜出発!! アレンジも自由自在

ホテル:アキレアス(アテネ)
航空会社:ターキッシュ エアラインズ 指定

日程表を見る

●お手ごろ価格のギリシャツアー●アテネでゆっくり滞在します●日本夜出発 会社帰りに空港へ●アテネ朝到着。現地の滞在時間も長いです

旅行会社/ブランド:ファイブスタークラブ☆

合算 目安 5.70万円10.90万円
旅行代金: 5.7010.90万円
燃油目安: 0.00万円
5日間
羽田発

日程表を見る

【カタール航空】過去の受賞歴に加え、2015年SKYTRAX社の格付けで再び世界第1位に輝いたカタール航空。最新鋭の機材、最高の機内サービス、一流シェフによる充実の機内食、最先端のエンターテインメ…

旅行会社/ブランド:トラベルスタンダードジャパン

合算 目安 5.80万円11.00万円
旅行代金: 5.8011.00万円
燃油目安: 0.00万円
5日間
羽田発

日程表を見る

【カタール航空】過去の受賞歴に加え、2015年SKYTRAX社の格付けで再び世界第1位に輝いたカタール航空。最新鋭の機材、最高の機内サービス、一流シェフによる充実の機内食、最先端のエンターテインメ…

旅行会社/ブランド:トラベルスタンダードジャパン

合算 目安 6.25万円9.00万円
旅行代金: 5.658.40万円
燃油目安: 0.60万円
8日間
東京発

アテネ ツアー

ターキッシュエアラインズ 夜便で行く!!☆東地中海の国 2国周遊の旅☆イスタンブール&アテネ

ホテル:アキレアス(アテネ)、グランドヤヴズ(イ…
航空会社:ターキッシュ エアラインズ 指定

日程表を見る

●日本から直行便でトルコのイスタンブールへ●トルコとギリシャを訪問するお手軽ツアー●各地では完全フリーで自由気ままな旅をどうぞ!

旅行会社/ブランド:ファイブスタークラブ☆

合算 目安 6.40万円10.40万円
旅行代金: 6.4010.40万円
燃油目安: 0.00万円
5日間
羽田発

アテネ ツアー

エコ・アテネ5 羽田深夜発・5つ星カタール航空利用☆お気軽アテネ5日間スペシャル☆★帰国便延長 10日間まで無料で可★

ホテル:モカ又は同等クラス(アテネ)
航空会社:カタール航空 指定

日程表を見る

●スペシャル価格のアテネ5日間●会社帰りにそのまま空港へ!便利な羽田深夜出発。休日はアテネで過ごそう!●きまま旅!帰国便の延長は10日間まで無料で可能。

旅行会社/ブランド:ファイブスタークラブ☆

合算 目安 6.40万円12.50万円
旅行代金: 6.4012.50万円
燃油目安: 0.00万円
6日間
羽田発

日程表を見る

【カタール航空】過去の受賞歴に加え、2015年SKYTRAX社の格付けで再び世界第1位に輝いたカタール航空。最新鋭の機材、最高の機内サービス、一流シェフによる充実の機内食、最先端のエンターテインメ…

旅行会社/ブランド:トラベルスタンダードジャパン


 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事