page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ギリシア・アテネ・ドライブの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ドライブをしながら、ガイドブックにも載っていないギリシャを発見しよう!


掲載日:2009/05/25 テーマ:ドライブ 行き先: ギリシア / アテネ

タグ: ドライブ 美しい


時間に余裕のある旅行者には、ドライブがお勧め!

欧州自動車道路(ヨーロッパハイウェイ)の「E55」線上にあたる、ピルゴスからパトラに向かう道路。緑色の道路標識「E55」は、あまり目立たないながら、ぽつぽつと見かけます 欧州自動車道路(ヨーロッパハイウェイ)の「E55」線上にあたる、ピルゴスからパトラに向かう道路。緑色の道路標識「E55」は、あまり目立たないながら、ぽつぽつと見かけます

時間をかけてギリシャを訪れることができる方に、一番お勧めなのは、車でのドライブです。もともとギリシャは列車があまり便利ではないので、高速バスを交通手段に使うことが多いのですが、それも行き先がきまっているので、いろいろなところを好きに見ようとなると、レンタカーが一番! 車だと、日本人が普段足を踏み入れないような場所に出会ったり、行き先や滞在先を敢えて決めておかないで行き当たりばったりの旅をする、というような楽しみかたもあります。ヨーロッパで車を運転したことがない、という方は、初めてのドライブはちょっと勇気がいりますが、ギリシャでは英語がよく通じるので、困ったら道を教えてもらって、地図を片手にがんばってみましょう。かけがえのない思い出になることは間違いありません。

ヨーロッパ各国を横断する、欧州自動車道路をご存知ですか?

古代オリンピアの遺跡も「E55」線からすぐです。近くの海沿いには、美しい海とやわらかい砂浜のビーチが広がります。夕日の沈む方向に、ザキントス島が霞んで見えています 古代オリンピアの遺跡も「E55」線からすぐです。近くの海沿いには、美しい海とやわらかい砂浜のビーチが広がります。夕日の沈む方向に、ザキントス島が霞んで見えています

ヨーロッパには、多数の国をまたいで同じ道路の番号が名づけられている道路網がいくつもあります。この中に、ギリシャのいくつかの道路も含まれていて、ドライブ中に注意していると、目立たないながら、緑色の標識で欧州自動車道路(ヨーロッパハイウェイ)を意味するEで始まる「E○○」と書いてあるのに気づきます。もちろんこの道路には、各国で国内の道路番号もついているので、2重に道路名がある、というような形になっています。ギリシャの一番主要道路ともいえるテッサロニキとアテネを結ぶ道路も実はヨーロッパ南北を横断する主要道路「E75」線上にあります。その北端はなんとノルウェー! そこからフィンランド、ポーランド、チェコ、スロヴァキア、ハンガリー、セルヴィア、マケドニア、を越えてギリシャではテッサロニキからアテネ、さらには海を越えてクレタ島のハニアへ。ハニアからはクレタ島を西から東へ横断して同じクレタ島のシティアまでつながる全長4340キロにも及ぶ国際道路となっているのです

山間部や島に、ドライブでしか訪れる機会のないギリシャらしい村々がたくさん!

他に、スウェーデンからドイツ、チェコ、オーストリア、イタリアのアドリア海沿いを下って、イタリアのブリンデジからはフェリー。ギリシャの港イグメニッツァからギリシャ西端の海沿いを下っていくルート「E55」などもあります。これはパトラ、ピルゴス経由でぺロポンネソス半島南部のカラマタを結び、イタリア、ギリシャの海の景色が楽しめるコースと言えます。これらはある例としてあげたまでですが、ギリシャには山間部や島々にも、日本のガイドブックには載っていない見所がたくさんあるので、ドライブで新しいギリシャを発見してくださいね!

ギリシャでのドライブにおける注意点

交通量が多いわりに、ところどころ追い越しが難しい細い道路などが残るギリシャ道路網なので、あまりスピードを出さず安全運転をこころがけることを念頭におき、スケジュールを立てるときは、時間を大目に計りましょう。レンタカーは日本でも予約できます。オートマ車がほとんど利用されていないギリシャでは、オートマ車の予約はなかなか難しいので注意してください。
★キプロスへ足を延ばす方へ:ギリシャ人の多いキプロス共和国ですが、実はイギリス・日本と同じく右ハンドルです(注:ギリシャ国内は大半のヨーロッパ諸国と同じく左ハンドルです)。日本人も気軽に運転できますよ。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/05/25)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索