page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ギリシア・アテネ・歴史の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ギリシャには、とってもゴージャスなゴールド・ジュエリーが一杯!


掲載日:2010/02/11 テーマ:歴史 行き先: ギリシア / アテネ

タグ: アクセサリー キレイ ショッピング


5000年の歴史を誇る、ギリシャのゴールド・アクセサリー!

丸っこい曲線やかわいらしい色合いの宝石が個人的にもとっても好みのLiana・Vourakis(ヴラキス)のジュエリー・ショップ。お祝いに贈る子供向けジュエリーやギリシャのお守り「マティ」まで揃います。 丸っこい曲線やかわいらしい色合いの宝石が個人的にもとっても好みのLiana・Vourakis(ヴラキス)のジュエリー・ショップ。お祝いに贈る子供向けジュエリーやギリシャのお守り「マティ」まで揃います。

世界遺産になっている、古代ギリシャの遺跡の数々では、いろいろな金細工の装飾品が豊富に見つかっています。古代ギリシャ人たちが実際に身に着けていたアクセサリーは、考古学博物館でたくさん見ることができますが、現代ギリシャにおいても、ゴールドのアクセサリーは身近なものです。まずは赤ちゃんが洗礼を受けるときに洗礼親からプレゼントされる金の十字架のネックレス。そして、そのほかにも出産祝いや結婚のお祝いでも金のアクセサリーをプレゼントすることが多いのです。見渡しても、街中に結構多い貴金属・宝石店。その中でも、さらにゴージャスなゴールドのアクセサリーで知られるお店がギリシャにはいくつもあって、観光でくる外国人にも人気です。アテネでは特にシンダグマ広場近くのVoukarestiou通りに、ゴージャスなジュエリー・ショップがいくつも固まっています。その中で今回は二つのブランド、Liana VourakisとIlias Lalaounisを紹介します。

ギリシャのジュエリーは、可愛らしいデザインから、古代ギリシャ風まで好みしだいでいろいろ!

こちらは、アテネのショッピングモール「ゴールデン・ホール」にあるイリアス・ララウニスのジュエリー・ショップ。 こちらは、アテネのショッピングモール「ゴールデン・ホール」にあるイリアス・ララウニスのジュエリー・ショップ。

カジュアルなギリシャ・ブランドとしては日本ではフォリフォリが有名ですが、フォリフォリのように可愛らしく、でもさらにゴージャスなものが見つかるのがLiana・Vourakisです。1916年からという長い歴史のあるこのブランドでは、記念になる、ちょっと他にはないようなデザインの一品を手に入れてみたくなってしまいます。そして、特にギリシャらしいコレクションで知られるのが、ジュエリー・デザイナーのイリアス・ララウニス氏です。古代ギリシャのアクセサリーを基にしたデザインでいろいろなコレクションを生みだしていて、「ミケーネ風」や「トロイアのヘレネー」、「ヘラクレスの結び目」などといった名称がつけられています。

ジュエリー好きには、イリアス・ララウニス・ミュージアムがお勧め!

1993年にアテネにオープンしたイリアス・ララウニス・ジュエリーミュージアムには、1940年からララウニス氏の工房で作製された17000点にも上るジュエリーの一部が常設展示されています。古代ギリシャからのジュエリーの歴史も学べるので、是非訪れてみてください。ミュージアム・ショップがお勧めで、高いジュエリーだけでなく、安いお土産も揃います。ジュエリー・ショップの方は今ではパリ、ロンドン、ニューヨークなど、東京も含めて海外へも進出しています。

関連情報

★Ilias Lalaounis Jewelry Museum:
地下鉄アクロポリス駅から徒歩2分。アクロポリスの南側にあたる、Karyatidon and Kallisperi 通りにあります。電話番号は、ギリシャの国番号30のあとに、市外局番から210-9221044, 210-9227260です。
★Liana Vourakis
本店はコロナキ地区で、Pindarou通り42番地。シンダグマ広場付近ではVoukourestiou通り1番地。同じシンダグマ広場付近にあるATTICAデパート(Panepistimiou通り9番地)の中にもあります。
★Ilias Lalaounisのジュエリーショップは、アテネ本店がPanepistimiou6番地&Voukourestiou通り。支店はミコノス島、サントリーニ島、ケルキラ島、ロードス島にもあります。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2010/02/11)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索