page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ギリシア・アテネ・祭り・イベントの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ギリシャ風年末年始を体験!


これがギリシャ風クリスマス!

ギリシャのクリスマスのお菓子の一つ、「クランビエデス」と呼ばれるクッキー。 ギリシャのクリスマスのお菓子の一つ、「クランビエデス」と呼ばれるクッキー。

ギリシャでクリスマスらしいムードを感じるのは、店頭に並ぶクリスマスのお菓子が目立ち始めるころ。真っ白な粉砂糖がたっぷりかかった香ばしいクッキー「クランビエデス」、ハチミツのシロップに浸された「メロマカロナ」が、ケーキ屋、さらにはパン屋でも店頭に並べられます。12月にはアテネ中心部のシンダグマ広場に大きなツリーも飾られ、毎年恒例のクリスマスイベントが開かれて地元の人も大勢訪れます。クリスマス・イブには、朝からたくさんの子供たちがトライアングルを鳴らしながら家々を回る習慣があります。「カーランダ」という歌を歌って、人々からおこづかいをもらう習慣があるんです。これをチャンスとばかりに、街中で、トライアングル片手にお金をもらおうとするジプシーの子供たちも見かけますが、びっくりしないでくださいね。

ギリシャ風の年越し

クリスマスから新年にかけて、ギリシャではツリーやライトで飾られて、クリスマス・ムード一色になります。街中は、プレゼントなどを買う人々でにぎわっています。 クリスマスから新年にかけて、ギリシャではツリーやライトで飾られて、クリスマス・ムード一色になります。街中は、プレゼントなどを買う人々でにぎわっています。

ギリシャの年越しは、カウントダウンをしてにぎやかに過ごします。夜遅くにご馳走を囲んで大家族で食事を楽しみながら、一緒に年を越す家族もいれば、着飾った人々でにぎわうディナーパーティに出かける人々もいます。その後は、夜明けまでナイトライフを楽しむのを恒例にしている人々も多いです。ギリシャで新年を象徴するものといえば、大みそかの夜にプレゼントを持ってきてくれる、ギリシャ版サンタクロースの「アイ・ヴァシリス」。そして、同じ大みそかの夜に切る新年のケーキ「ヴァシローピタ」です。「ヴァシローピタ」には、コインを一つだけ入れてあるので、誰がそのコイン入りの一切れを食べるかで新しい年の運だめしをします。また、ネーム・デイを祝う習慣があるギリシャでは、1月1日は聖ヴァシリスの日。ギリシャに多い男性ヴァシリスさんや女性のヴァシリキさんがみな祝う日です。親戚や友人にその名の人がいれば、お祝いのプレゼントを持ってそれぞれの家を訪問します。

1月中旬からスタート!冬の大セール!

新年を祝うケーキ「ヴァシローピタ」。大みそかの夜のご馳走のあとにデザートとして切り分けます。 新年を祝うケーキ「ヴァシローピタ」。大みそかの夜のご馳走のあとにデザートとして切り分けます。

年末年始の祝日は、クリスマス当日の12月25日、その翌日の12月26日、それから新年の1月1日、そして1月6日です。祝日はショッピングができないので、注意してください。ショッピングといえば、楽しみなのは、冬の大セールです。ギリシャ全土で例年1月15日あたりから、2月中一杯(セール品がなくなるまでなので、お店によっては随分早くセールが終わってしまいますが・・・。)くらいがセール期間。この時期は、冬ものの衣類、靴・バッグ、雑貨その他がいろいろ安くなるんですが、実は去年からの経済危機の影響で、セール時でも売上が落ちているそうです。そのおかげか、今年はセール品の品数も豊富な上に、割引率も例年より高めです!円高と、TAX FREEの税金還元も利用して、随分お得に買い物が楽しめると思います。

治安情報

ギリシャのクリスマスには、一般の家庭ではツリーを飾り、そのツリーの根元に「ファトニ」と呼ばれるキリスト誕生シーンの人形などを飾ります。 ギリシャのクリスマスには、一般の家庭ではツリーを飾り、そのツリーの根元に「ファトニ」と呼ばれるキリスト誕生シーンの人形などを飾ります。

12月6日は、2年前のある事件以来、ギリシャ国内でデモ活動が活発に行われる日となっています。6日は2010年は月曜ですが、その前の週末あたりから、この6日前後にかけて旅行される方は、外務省のサイトやギリシャの日本大使館などで安全情報を確認してください。

1月中旬からは冬のセール開催!

そして、ショッピングのお楽しみといえば、これ!1月15日あたりから、毎年冬の大セールがギリシャ全土で始まります。経済危機のおかげというと変ですが、売れ行きが落ちているのが幸いして、夏のセールでも良いものがたくさん残っていました!割引率も上がっているので、円高と合わせるとすごくお得です。ギリシャは消費税も高くて今は23パーセントですが、税金の還元を利用して、安くお買いものを楽しんでくださいね

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2010/11/25)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索