page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ギリシア・アテネ・美術館・博物館の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

新アクロポリス博物館からプラカ地区へ。夜のアテネを散策!


掲載日:2011/02/26 テーマ:美術館・博物館 行き先: ギリシア / アテネ

タグ: ためになる 博物館 美術館


まずは、必見の新アクロポリス美術館から

正面から見た夜の新アクロポリス博物館。ライトアップされた展示品の彫像や彫刻などが、通りからも見えるガラス張りの設計で、入口にあるガラス張りの床の下に見える遺跡も印象的です。 正面から見た夜の新アクロポリス博物館。ライトアップされた展示品の彫像や彫刻などが、通りからも見えるガラス張りの設計で、入口にあるガラス張りの床の下に見える遺跡も印象的です。

メトロ(地下鉄)のアクロポリス駅を出るとすぐ後ろに見えるのが新アクロポリス博物館です!2009年6月にオープンしてから、新しいアテネの観光スポットとして必見の場所となっています。25000平米に及ぶ敷地に建てられた現代的な博物館は、以前パルテノン神殿の後ろにあった小さい博物館に比べ展示スペースが10倍にもなっています。スイス人建築家ベルナール・ツミ氏がデザインした博物館の建物自体も見どころで、ガラスをふんだんに使った透明感あるスタイルなので、博物館内を見学しながらアクロポリスの丘を同時に臨むことができます。夜8時まで開館しているので、夕方に出かけて、ライトアップされたパルテノン神殿が見える博物館内のレストランで食事するのもお勧めです。

夜景を見ながらロマンチックなプラカ地区を散策

ディオニシオス・アエロパギトゥ通りから見上げたパルテノン神殿の夜景 ディオニシオス・アエロパギトゥ通りから見上げたパルテノン神殿の夜景

新アクロポリス博物館の正面にあたるディオニシオス・アエロパギトゥ通りは、博物館を左手に進んでいくと、右はアクロポリスの丘がそびえ、左は大使館その他趣のある古びた建物の並ぶ閑静な地区。路上で音楽を演奏する人などもいて、ロマンチックな散歩を楽しめます。また、メトロのアクロポリス駅から、ヴィロノス通りを北へまっすぐ上って行くと、19世紀の古い建物や路地、点々とする遺跡などの散策が楽しいプラカ地区です。店も夜遅くまで開いていて、レストランやカフェもたくさんあるのでいつも賑わっています。

ミトロポレオス大聖堂からモナスティラキへ向かって

エルムー通りの真ん中にある、11世紀に建てられたビザンチン時代の教会、カプニカレア。この教会の周りやエルムー通りは、平日も休みの日も、買い物や散歩する人々で一杯です。 エルムー通りの真ん中にある、11世紀に建てられたビザンチン時代の教会、カプニカレア。この教会の周りやエルムー通りは、平日も休みの日も、買い物や散歩する人々で一杯です。

広めの広場になっていて、迷っても目印になりやすいのが、メトロポレオス大聖堂。このすぐ横に、小さくて印象的な古めかしい教会があります。これは11世紀か12世紀ごろのビザンチン式教会で、本来の旧メトロポレオス教会なのですが、建材に紀元前4世紀のものなど古代ギリシャの建物が利用されています。間近で壁に使われている石の彫刻などを見てみてください。普段から買い物客などでごった返しているのが、シンダグマ広場からまっすぐ通るエルムー通り。この通りのど真ん中に、古めかしい石造りの教会があります。これは11世紀に建てられたビザンチン式の教会カプニカレアです。

シンダグマ広場からコロナキへ

夜のシンダグマ広場。プラカ地区からこの広場付近においては、人の絶えることがありません。 夜のシンダグマ広場。プラカ地区からこの広場付近においては、人の絶えることがありません。

シンダグマ広場から国会議事堂の左側にあたるヴァシリス・ソフィアス通りを進むとコロナキ地区へたどり着きます。ヴァシリス・ソフィアス通りからコロナキ広場へ向かう角にベナキ博物館があります。アテネの主な博物館の一つで、見どころなのですが、なんと平日の木曜日だけは夜中の12時まで開館していて、しかも入場料が無料(常設展示のみ)!ということなので、夜の散歩ついでに、是非寄ってみてください。

関連情報

ライトアップされた遺跡と、古い街並みが美しいプラカ地区。 ライトアップされた遺跡と、古い街並みが美しいプラカ地区。

新アクロポリス博物館
住所;15 Dionysiou Areopagitou Street,
Athens 11742 電話番号(ギリシャ国内より) 210 9000900
開館時間;火曜から日曜の朝8時から夜8時まで。月曜と祝日は休館日です。
入場料;5ユーロ。 新アクロポリス博物館
ホームページ(英語)http://www.theacropolismuseum.gr

ベナキ博物館
住所;1 Koumbari St. & Vas. Sofias Ave. 
電話番号 (ギリシャ国内より) 210 367 1000
開館時間;月・水・金・土曜日は、9時から17時、 木曜日のみ9時から24時、 日曜日は9時から15時 火曜日と祝日が休館日。
★イースター前の一週間は開館時間が変わりますので、確認してください。入場料;6ユーロ、
★通常の木曜日は入館料が無料です。 ベナキ博物館
ホームページ(英語)http://www.benaki.gr

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2011/02/26)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索