春のギリシャの魅力、野に咲き乱れる花やハーブに伝わるギリシャ神話

ギリシア・アテネ・観光地・名所の現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

春のギリシャの魅力、野に咲き乱れる花やハーブに伝わるギリシャ神話

掲載日:2011/06/03 テーマ:観光地・名所 行き先: ギリシア / アテネ ライター:アリサンドラトゥー芳香

タグ: お茶 街歩き 歴史



ABガイド:アリサンドラトゥー芳香

【ギリシアのABガイド】 アリサンドラトゥー芳香
全ガイドを見る
イタリアのトスカーナに4年、そしてギリシャ、ペロポネソス半島北部の港町パトラ在住13年。ギリシャの大学生に日本語を教えながら、翻訳などもしています。小学生の子供が二人いるので、子連れの旅行についての情報や、もともと好きな遺跡等に関する情報、地中海料理などについて発信中!また、ブログ「地中海とカフェDiary」ではギリシャ生活について綴っています。

正面の白い花々がカモミールです。ギリシャでは丸ごと乾燥させたものの袋詰めがハーブティー用に売られています。 正面の白い花々がカモミールです。ギリシャでは丸ごと乾燥させたものの袋詰めがハーブティー用に売られています。

古代ギリシャの世界から伝わる春の草花

春から初夏にかけてのギリシャの旅の魅力の一つが、あちこちで咲いている草花の数々です。特に印象的な花の一つは、パパルーナと呼ばれる赤い芥子の花。古代ギリシャでは女神デメテルを象徴する聖なる花とされていました。野原や遺跡の中でもくっきりと濃い赤が、緑の中に美しく映えて、私も個人的にも一番好きな花の一つです。キリスト教においては磔にされたキリストの十字架の足元に生えていたこの花がキリストの流していた血を受けて、このような真紅の色になった、という言い伝えもあります。このパパルーナと並んでギリシャを代表する花といえるのが、ハーブ・ティーとして有名なカモミールです。カモミールは私の住む近所でも道端に生えているような、こちらでは本当に身近な草花ですが、やはり古代からあった花の一つです。カモミールの薬用効果を世界で初めて記した人物は、古代ギリシャの医者、ヒポクラテス。このような長い歴史のあるハーブが、ギリシャでは家庭に常用するハーブ・ティーとして今も親しまれています。

 

風にゆれる真っ赤でかわいらしい花が「パパルーナ」と呼ばれる赤い芥子の花です。 風にゆれる真っ赤でかわいらしい花が「パパルーナ」と呼ばれる赤い芥子の花です。

ペルセポネーの嫉妬から生まれたミント

ギリシャの料理に欠かせないオレガノも、枝ごと乾燥させたものの大きな束を買ってきて使います。、ローズマリーも近所に生えているような日常的なハーブの一つで、こういった新鮮なハーブは香りも豊かで料理にたっぷり使って楽しみます。これも料理などにも使われるギリシャでは必須のハーブの一つにミントがあります。これはギリシャ神話にも出てくるハーブで、神話ではメンターというニンフに冥府の王ハーデスが恋をしてしまいます。ところがそれに嫉妬したハーデスの妃、ペルセポネーはメンターを踏みにじり、草に変えてしまったのが由来となっています。

 

こちらは朝市の様子です。豆類やドライフルーツ、蜂蜜などを扱うお店で、正面手前に置いてあるのが、大きな束にされたオレガノを枝ごと乾燥させたものと、袋詰めにされたハーブ。 こちらは朝市の様子です。豆類やドライフルーツ、蜂蜜などを扱うお店で、正面手前に置いてあるのが、大きな束にされたオレガノを枝ごと乾燥させたものと、袋詰めにされたハーブ。

「ダフネーの葉」と呼ばれる月桂樹

月桂樹といえば日本でもよく使うハーブ、ローリエですが、ギリシャのオリンピアで、マラソン勝者の頭にローリエを編んだ月桂冠をのせたことでも知られています。また デルフォイの神託で知られる、デルフォイのアポロン神殿の巫女たちは、ローレルの葉を噛むことでだんだんとトランス状態に陥り、神の予言を伝えたということです。月桂樹はギリシャ語では「ダフネーの葉」と呼ばれています。これはギリシャ神話の中でも有名な話が元になっていて、ある日アポロンは弓矢で遊んでいたエロスをからかいます。それを怒ったエロスは相手に恋する金の矢をアポロンに、逆に相手を嫌いになる鉛の矢をダプネーにそれぞれ射ったのです。アポロンはダプネーに求愛し続けるものの、ダプネーはアポロンから逃げつづけます。追いつめられたダプネーはアポロンから逃れるために、父である河の神に自らの身を変えてもらうように頼み、月桂樹の姿に変わった、というお話です。

 

青々と茂っているローズマリーの枝、少し小さい紫色の花が咲いているのがわかるでしょうか? 青々と茂っているローズマリーの枝、少し小さい紫色の花が咲いているのがわかるでしょうか?

自然の香り豊かなギリシャのハーブをお土産に!

ギリシャで味わった料理を再現してみたり、日本で普段から作る煮込み料理にいれてみたり、ハーブはいろいろと使いどころがあると思いますが、ギリシャでハーブを購入するならば、お勧めは朝市です。朝市には農家の人が手で集めたハーブを乾燥させたものなどが売られていて、量も半端ではありません。またスーパーでも料理用の香辛料のコーナーやハーブ・ティーのコーナーに大きな袋詰めのものがあるので、是非お土産に!

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2011/06/03)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

最安値アテネツアー


最安料金万円

合算 目安 5.00万円7.50万円
旅行代金: 4.406.90万円
燃油目安: 0.60万円
6日間
東京発

アテネ ツアー

現地朝到着!!モーニング・ギリシャ☆アテネ<スーパーキャンペーン>☆日本夜出発!! アレンジも自由自在

ホテル:アキレアス(アテネ)
航空会社:ターキッシュ エアラインズ 指定

日程表を見る

●お手ごろ価格のギリシャツアー●アテネでゆっくり滞在します●日本夜出発 会社帰りに空港へ●アテネ朝到着。現地の滞在時間も長いです

旅行会社/ブランド:ファイブスタークラブ☆

合算 目安 5.70万円10.90万円
旅行代金: 5.7010.90万円
燃油目安: 0.00万円
5日間
羽田発

日程表を見る

【カタール航空】過去の受賞歴に加え、2015年SKYTRAX社の格付けで再び世界第1位に輝いたカタール航空。最新鋭の機材、最高の機内サービス、一流シェフによる充実の機内食、最先端のエンターテインメ…

旅行会社/ブランド:トラベルスタンダードジャパン

合算 目安 5.80万円11.00万円
旅行代金: 5.8011.00万円
燃油目安: 0.00万円
5日間
羽田発

日程表を見る

【カタール航空】過去の受賞歴に加え、2015年SKYTRAX社の格付けで再び世界第1位に輝いたカタール航空。最新鋭の機材、最高の機内サービス、一流シェフによる充実の機内食、最先端のエンターテインメ…

旅行会社/ブランド:トラベルスタンダードジャパン

合算 目安 6.25万円9.00万円
旅行代金: 5.658.40万円
燃油目安: 0.60万円
8日間
東京発

アテネ ツアー

ターキッシュエアラインズ 夜便で行く!!☆東地中海の国 2国周遊の旅☆イスタンブール&アテネ

ホテル:アキレアス(アテネ)、グランドヤヴズ(イ…
航空会社:ターキッシュ エアラインズ 指定

日程表を見る

●日本から直行便でトルコのイスタンブールへ●トルコとギリシャを訪問するお手軽ツアー●各地では完全フリーで自由気ままな旅をどうぞ!

旅行会社/ブランド:ファイブスタークラブ☆

合算 目安 6.40万円12.50万円
旅行代金: 6.4012.50万円
燃油目安: 0.00万円
6日間
羽田発

日程表を見る

【カタール航空】過去の受賞歴に加え、2015年SKYTRAX社の格付けで再び世界第1位に輝いたカタール航空。最新鋭の機材、最高の機内サービス、一流シェフによる充実の機内食、最先端のエンターテインメ…

旅行会社/ブランド:トラベルスタンダードジャパン

合算 目安 6.40万円10.40万円
旅行代金: 6.4010.40万円
燃油目安: 0.00万円
5日間
羽田発

アテネ ツアー

エコ・アテネ5 羽田深夜発・5つ星カタール航空利用☆お気軽アテネ5日間スペシャル☆★帰国便延長 10日間まで無料で可★

ホテル:モカ又は同等クラス(アテネ)
航空会社:カタール航空 指定

日程表を見る

●スペシャル価格のアテネ5日間●会社帰りにそのまま空港へ!便利な羽田深夜出発。休日はアテネで過ごそう!●きまま旅!帰国便の延長は10日間まで無料で可能。

旅行会社/ブランド:ファイブスタークラブ☆


 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事