page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ギリシア・アテネ・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

子連れで行く、太陽のまぶしい真夏のギリシャ


掲載日:2011/08/08 テーマ:観光地・名所 行き先: ギリシア / アテネ

タグ: ためになる ふれあい 街歩き 子供にオススメ


家族で行く、ギリシャ夏の旅

夏は若者から家族連れまで、世界中から観光客が集まるギリシャ。2011年は観光客増加が予想されているので、ホテルなどの予約は早めに・・・。 夏は若者から家族連れまで、世界中から観光客が集まるギリシャ。2011年は観光客増加が予想されているので、ホテルなどの予約は早めに・・・。

夏まっさかり、ギリシャの夏は本当に青い空、青い海がまぶしく、心が浮き立ちます。新婚旅行やカップルにも大人気のギリシャですが、小さい子連れで行きたいという方のために、今回は子連れでの旅のコツを紹介したいと思います。ギリシャは実は子連れにお勧めです。というのも、ギリシャ人は老若男女問わず、子供が本当に大好きな人々なんです。赤ちゃんや子供を連れて旅行をしているとよく声をかけてきたり相手をしてくれるので、気を使いすぎることなくリラックスして旅行できます。

キッチンつきのレンタル・ルームは、赤ちゃん連れにお勧め

島へ到着すると、港で宿泊施設が売り込みに来ていることもあって値段交渉もできますが。ハイ・シーズンの8月は事前に予約しておくほうが無難です。 島へ到着すると、港で宿泊施設が売り込みに来ていることもあって値段交渉もできますが。ハイ・シーズンの8月は事前に予約しておくほうが無難です。

ギリシャに多い宿泊施設のタイプに、キッチンつきのレンタル・ルームがあります。現地のインフォメーションで探してもらったり、インターネットでもホテル検索するとキッチンつきタイプの部屋や独立したメゾネットなどがたくさんあります。ギリシャ人やヨーロッパ人は一箇所に長く滞在するので、よく利用します。私の子供が小さかったとき、本当に助かったのもこのキッチンつきです。外食してもその場で食べさせてあげるようなものがなかったり、食欲がなかったりしても、宿泊施設に戻ってから、そのそばにあるミニ・マーケットなどで材料を買ってきて、いろいろ料理することができます。特に離乳食が必要な赤ちゃん連れの方、また観光地の外食は高めなので、安く旅行したい人にもお勧め。でも一日だけだと長期のお客さんが優先されて借りるのが難しいので、最低でも数日間滞在するようなスケジュールで利用してみてください。

移動が楽チン!クルーズを利用する方法も・・・。

遠くからみるだけでも絵になるサントリーニ島は、必ずといってよいほどギリシャクルーズのコースに組まれています。 遠くからみるだけでも絵になるサントリーニ島は、必ずといってよいほどギリシャクルーズのコースに組まれています。

ギリシャの会社や外国の会社のクルーズが特に夏のギリシャには続々とやってきます。クルーズというと、高いイメージがありましたが、昨今のクルーズはずいぶんお手軽に乗ることができます。料金には大抵お酒などを除く食事3食が含まれています。移動の交通費や宿泊費も込みと考えて計算してみてください。特に赤ちゃん連れの旅では、オムツその他荷物がかさばるので、途中のスーツケースの持ち運びもない船の旅は、本当に助かります。

ちょっとあると便利な持ち物

現地で調達できる離乳食として便利。うちでもよく買っている、6ヶ月以上の赤ちゃん向けのギリシャのヨーグルト「デルタ・アドヴァンス」です。 現地で調達できる離乳食として便利。うちでもよく買っている、6ヶ月以上の赤ちゃん向けのギリシャのヨーグルト「デルタ・アドヴァンス」です。

夏のギリシャの日差しは本当に強いです。現地でも調達できますが、帽子、サングラス、日焼け止めクリームが必要になることを忘れずに!エーゲ海の島々では風も比較的強いので、特にコンタクトレンズの方はサングラスがあると、ほこりよけにも。こちらでは赤ちゃんや小さな子供もサングラスをしています。それから、冷たいミネラルウォータなどは、持ち歩いているとすぐにぬるくなるため、ホテルで冷やせる保冷剤やクールバッグなども日本から持参しておくと、子供用のおやつのヨーグルトや果物まで保存できて便利です。保存用離乳食は、ギリシャではあまり種類がなく口に合わないかもしれないので、種類の豊富な日本から持ってきたほうがよいと思います。こちらでのお勧めは赤ちゃん向けのヨーグルト。これは美味しいので大抵の赤ちゃんが食べてくれます。エーゲ海の旅では、サントリーニ名物料理の「ファーヴァ」。特産の豆をペースト状にしたもので、ふわっとした味わいで離乳食にもなります。

赤ちゃん用品で現地調達が必要になったら・・・

ギリシャには薬局がたくさんあって、子供向けの日焼け止めや蚊よけスプレー、オムツかぶれ用クリーム、ベビーシャンプー、赤ちゃん用の解熱剤シロップ、粉ミルクなどいろいろなものが手に入ります。休日や夜間も、どこかの薬局が当番であけています。日本のドラッグストアとは違うので、オムツやおしりふきはスーパーで調達します。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2011/08/08)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索