page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ギリシア・アテネ・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

マニ地方、中世の村アレオーポリから、ギリシャ本土最南端への旅!


掲載日:2011/10/13 テーマ:観光地・名所 行き先: ギリシア / アテネ

タグ: 街歩き 素晴らしい 歴史


石造りの家々や教会に囲まれて、中世へタイムスリップ!

とってもロマンチックなアレオーポリの村の中は、散策するだけで楽しい。 とってもロマンチックなアレオーポリの村の中は、散策するだけで楽しい。

マニ地方と呼ばれる広大な地域は二つの県にまたがっています。メシニア県のマニからラコニア県のマニへ入ると、ホメロスも記述している古代ギリシャからの村イティロを通って、マニ地方の重要な拠点であるアレオーポリへ到着!ここは石造りの家々とたくさんの古い教会が並ぶ、中世の雰囲気が味わえる村です。昼間は教会などを見て回ったり、近くのビーチ、リメー二で泳いだり。夜はライトアップされて幻想的なムード。マニの中心的な存在であり、大変魅力的な村です。

ボートに乗って探検する、巨大な鍾乳洞も

イェロリメナスの透明な海を見ながら魚料理などに舌鼓! イェロリメナスの透明な海を見ながら魚料理などに舌鼓!

アレオーポリからちょっと南下したところに、ギリシャにある鍾乳洞の中でも特に有名なこのディルー鍾乳洞があります。下は水につかっていて、案内人の漕ぐボートに何人かずつ乗って進みます。まずは救命ベストを着込んでボートに乗り込み、20分ちょっと見学したあと、徒歩で5分から10分ほどの見学となります。ここからさらに南へ下っていくと、たくさんの小さい村々が点々としています。見所のひとつは、イェロリメナスと呼ばれる海に面した小さな村。ここはレストランもいくつかあって、食事したり海水浴したりするのにおすすめです。泊まるところも見つかります。

マニ南部の見所いろいろ

遺跡のような村、ヴァシアの廃墟となった家々 遺跡のような村、ヴァシアの廃墟となった家々

海岸沿いか山の高みに築かれたマニ独特の石造りの村々は、広大な自然の中にぽつぽつと点在しています。昔住人が去っていって廃墟に近い村もあれば、また住民が戻ってきて家を修復している村もあります。マニらしい塔の並び立つ家並みが見られる有名な村に、マニの写真集にも必ず出てくるヴァシア(Vathia)という村があります。実際に住んでいる人々はわずかで、放棄されたままの石造りの家並みや路地は遺跡のような雰囲気を醸し出しています。お店などはありませんが、写真を撮るには絶好の村です。

砂のビーチと大自然の景観がお勧め、マルマーリに滞在

最南端のすぐ手前にある、砂のビーチが心地よいマルマーリ。ホテルのレストランからみた早朝のビーチ。 最南端のすぐ手前にある、砂のビーチが心地よいマルマーリ。ホテルのレストランからみた早朝のビーチ。

ギリシャ本土の最南端、そして地中海諸国の中でもスペインのアンダルシアについで最南端にあたるのが、テナロ岬(マタパ岬とも呼ばれるので注意。)です。テナロの灯台(ここが本土最南端地点)、ローマ時代のモザイク、そして古代ギリシャの地理学者パウサニアスが記しているポセイドン神殿跡の小さな遺跡などがあります。海辺には冥界の王ハーデスの洞窟と呼ばれる、古代ギリシャでは冥界への入り口と信じられていた小さな洞窟の入り口も。マルマーリはいくつか宿泊施設があり、広々としたビーチも遠浅の暖かい海とやわらかい砂に恵まれています。景観もすばらしいので、ここでの宿泊はお勧めです。マルマーリからテナロへは車で5分から10分くらいです。

関連情報

マルマーリとちょうど反対側に位置するポルト・カギオ。ヨットの停泊する小さな村がポルト・カギオで、山の頂上にはマニらしい小さな村もある。 マルマーリとちょうど反対側に位置するポルト・カギオ。ヨットの停泊する小さな村がポルト・カギオで、山の頂上にはマニらしい小さな村もある。

★アレオーポリとイェロリメナスへは、アテネのKTELキフィスー・バスターミナルから毎日高速バスが出ていますが、最南端を目指す方はレンタカーが必要となります。
★ディルー洞窟:8:30〜17:30(※所要時間30分の見学で待ち時間も30分。)時間はよく変わるので事前に確認要。 電話番号:(ギリシャ国内より)27330 52222-3  
★テナロの灯台へは、ポセイドン神殿跡の手前で車を置き、徒歩でのみアクセス。トレッキング表示の看板あり。徒歩20分ちょっと。) 
★銀行やATMは、アレオーポリより南にはありません。レストラン、ホテルではカードが使えます。ガソリンも、アレオーポリで満タンにしておくこと。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2011/10/13)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索