page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ギリシア・アテネ・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

冬のギリシャを満喫するコツ


掲載日:2015/02/23 テーマ:観光地・名所 行き先: ギリシア / アテネ

タグ: 街歩き 絶景 素晴らしい


冬に観光するメリットとは?

サントリーニ島のブティックホテルの一つ、「ネフェリス・ラグジュアリー・スイーツ」。海に浮かぶ火山をバルコニーから眺めることができます。冬も予約できるホテルの一つです。 サントリーニ島のブティックホテルの一つ、「ネフェリス・ラグジュアリー・スイーツ」。海に浮かぶ火山をバルコニーから眺めることができます。冬も予約できるホテルの一つです。

山間部や北部ギリシャでは雪だって結構降り積もるギリシャでは、地元の人々はスキーを楽しんだり、山村などで過ごすのが冬らしい過ごし方ですが、ギリシャの遺跡や名所を周りたい外国人にとっては、夏より冬の方が観光においてのメリットがたくさんあります。例えば、あこがれのホテルが冬営業していればチャンスです、人気のある部屋数も少ないスイートルームなどが、予約を取りやすく、値段も夏よりずっと安いです。ギリシャでのおすすめホテルには、お洒落で、部屋数が少なくて落ち着けるブティックホテルがありますが、そういったホテルの、景色のよいスイートルームがねらい目です。

ロマンチックな雰囲気を味わえる

サントリーニ島、イアの夕日。 サントリーニ島、イアの夕日。

冬の一番のメリットは、人ごみのない、ロマンチックな雰囲気を楽しめることです。たとえばサントリーニ島の有名なイアの夕日を見るにも、夏は、世界中からの観光客であふれ、ごった返していますが、冬は天気さえよければ、イアの美しさを思う存分に味わうことができます。 ただ、冬の場合、地元のギリシャ人の人口が少ない観光地である、サントリーニなどでは、島のお土産物ややたくさんのレストランは営業していません。お土産は、アテネの空港に各種そろっているので、空港で時間をとれるようにして、帰国前に買いだめすることもできます。

朝型のスケジュールで、遺跡や博物館もばっちり!

遺跡では、大理石の階段などが大変滑りやすいので、雨も時々降る冬は履きやすい靴が必須です。 遺跡では、大理石の階段などが大変滑りやすいので、雨も時々降る冬は履きやすい靴が必須です。

2014年の夏季スケジュールでは、時間が延長され夜まで開館していた遺跡や博物館。でも11月以降の冬のスケジュールでは、例年どおり早く閉まります。午前中に周るスケジュールを立てるようにしましょう!11月から3月までが冬季のスケジュールとなるギリシャでは、基本的に、考古学博物館や遺跡が月曜休館で、火曜日から日曜日の8時から15時までの開館(開館日や開館時間は毎年変更の可能性があるので、事前に最新情報を得るようにしてください。)となります。バスの本数なども冬は少なかったりするので、朝一番に行くのがベストかもしれません。大抵は月曜日が休館日なので、旅行のスケジュールを立てる段階で調整してみてください。

冬は船の本数が減るので、うまく飛行機と組み合わせて利用しましょう

冬は船の本数も減ります。島へのアクセスは、よくスケジュールを確認し、飛行機とうまく組み合わせてください。 冬は船の本数も減ります。島へのアクセスは、よくスケジュールを確認し、飛行機とうまく組み合わせてください。

夏と冬の違いは、島へ向かう船の本数です。ある程度限られた日数で冬のエーゲ海などの島へ行く場合は、飛行機を組み合わせる必要が出てくるので、念入りにスケジュールをたててください。また、遺跡などは雨でさらに足元が滑りやすくなっていることもあるので、歩きやすい靴や雨合羽などを持参すると便利です。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2015/02/23)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索