ピレウスで、1920年から続くコーヒーの老舗「ルミーディス」

ギリシア・アテネ・ショッピングの現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

ピレウスで、1920年から続くコーヒーの老舗「ルミーディス」

掲載日:2016/01/18 テーマ:ショッピング 行き先: ギリシア / アテネ ライター:アリサンドラトゥー芳香

タグ: カフェ コーヒー 歴史



ABガイド:アリサンドラトゥー芳香

【ギリシアのABガイド】 アリサンドラトゥー芳香
全ガイドを見る
イタリアのトスカーナに4年、そしてギリシャ、ペロポネソス半島北部の港町パトラ在住13年。ギリシャの大学生に日本語を教えながら、翻訳などもしています。小学生の子供が二人いるので、子連れの旅行についての情報や、もともと好きな遺跡等に関する情報、地中海料理などについて発信中!また、ブログ「地中海とカフェDiary」ではギリシャ生活について綴っています。

「ルミーディス」の挽きたてのコーヒーの香りが広がる店内。伝統的なギリシャのお菓子やコーヒーカップその他、豊富な品揃えです。伝統を感じさせる店の雰囲気も魅力満点で、いつも賑わっています。 「ルミーディス」の挽きたてのコーヒーの香りが広がる店内。伝統的なギリシャのお菓子やコーヒーカップその他、豊富な品揃えです。伝統を感じさせる店の雰囲気も魅力満点で、いつも賑わっています。

カリストスからやってきた3人兄弟が始めた店

ギリシャ風コーヒー(グリーク・コーヒー)のブランドで一番知られているのが「ルミーディス」です。オウムがシンボルマークになっており、ギリシャでは広く親しまれています。始まりは、アテネから海を隔てた半島にあるカリストスからピレウスにやってきた3人兄弟が、試行錯誤の末始めたコーヒーの店でした。1938年にオープンしたカフェには、アテネで知られた芸術家や作家などが集うようになったそうです。そうして、徐々にギリシャで一番知られるブランドとなった「ルミーディス」のコーヒーは、今では大手スーパーなどギリシャ全土で手に入りますが、今でも伝統を引き継いだ創業の地、ピレウスの店(場所は創業時から何度か移転しています。)やギリシャ全土に広がる支店で、挽きたての香り豊かなコーヒーを買うのが一番お勧めです。

 

店内で飼われているオウム。オウムは「ルミーディス」のシンボルになっています。 店内で飼われているオウム。オウムは「ルミーディス」のシンボルになっています。

伝統を感じさせる、素敵な雰囲気のピレウス店・店内

シンボルマークがオウムというのもあって、店内には本物のオウムが飼われています。コーヒーの香りに包まれた中いろいろ見ていると、1950年代にルミーディスが始めたオリジナルのチョコレートや、ギリシャの伝統菓子など、コーヒー以外にも充実した品揃え。お土産物屋には売っていない、美味しいお土産を買いそろえることができます。もちろんギリシャ風コーヒーを日本で飲んでみたい方は、挽きたてのコーヒーを、豆の種類を選んで購入できます。コーヒーを沸かす器具ももちろんあります。また、フィルターコーヒーなどもあります。店の場所は、港から徒歩の範囲でピレウスの駅にも近く、アクセスしやすいです。

 

店内に置かれた、年期の入ったコーヒーの焙煎機。 店内に置かれた、年期の入ったコーヒーの焙煎機。

ギリシャ人とギリシャ風コーヒー

ギリシャ風コーヒーは、オスマン朝トルコの長期にわたる占領の影響で飲まれるようになった、トルコ由来のコーヒーです。ギリシャの若者が行く今風のカフェでは、エスプレッソ、カプチーノや、フィルターコーヒーを注文する人が多くなっていますが、お年寄りはもっぱらギリシャ風コーヒーを好んで飲んでいます。「カフェ二オン」と呼ばれる、ギリシャの昔ながらのカフェは、主に男性やお年寄りが集う場所です。そういった店ではコーヒーと言えば、まずギリシャ風コーヒーが飲まれています。一般家庭では、皆このギリシャ風コーヒーを作るための容器とガスボンベを常備しています。コーヒーは大変細かい粉状に挽かれています。水と最初から分量を決めた砂糖、それにコーヒーの粉を混ぜながら温め、膨らんできたら火を止めて出来上がり。といっても、美味しく作るのはそんな簡単ではないのですが、ギリシャ人は皆それぞれ、こう作ると美味しい、というようなコツを心得ています。

 

ピレウスのこの近辺に多い、1920年ごろ創業の店。ここは、ワインやウーゾなどのお酒と、おつまみになる小魚のフライなどを出す店です。ピレウスでは、新鮮な魚介類を手ごろな値段で食べることができます。 ピレウスのこの近辺に多い、1920年ごろ創業の店。ここは、ワインやウーゾなどのお酒と、おつまみになる小魚のフライなどを出す店です。ピレウスでは、新鮮な魚介類を手ごろな値段で食べることができます。

関連情報

ルミーディスのピレウス店 住所は、ディミトリウー・グーナリ10番地で、ツァマドゥ―通り2番地と交差する角。 電話番号は、(ギリシャ国内より)210 3214426。 この近辺は1900年前半創業の店などが点々としていて、古いギリシャの趣を感じられる地域となっています。市場やタベルナなどにも立ち寄って、是非散策してみてください。

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2016/01/18)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

最安値アテネツアー


最安料金万円

合算 目安 5.00万円7.50万円
旅行代金: 4.406.90万円
燃油目安: 0.60万円
6日間
東京発

アテネ ツアー

現地朝到着!!モーニング・ギリシャ☆アテネ<スーパーキャンペーン>☆日本夜出発!! アレンジも自由自在

ホテル:アキレアス(アテネ)
航空会社:ターキッシュ エアラインズ 指定

日程表を見る

●お手ごろ価格のギリシャツアー●アテネでゆっくり滞在します●日本夜出発 会社帰りに空港へ●アテネ朝到着。現地の滞在時間も長いです

旅行会社/ブランド:ファイブスタークラブ☆

合算 目安 5.70万円10.90万円
旅行代金: 5.7010.90万円
燃油目安: 0.00万円
5日間
羽田発

日程表を見る

【カタール航空】過去の受賞歴に加え、2015年SKYTRAX社の格付けで再び世界第1位に輝いたカタール航空。最新鋭の機材、最高の機内サービス、一流シェフによる充実の機内食、最先端のエンターテインメ…

旅行会社/ブランド:トラベルスタンダードジャパン

合算 目安 5.80万円11.00万円
旅行代金: 5.8011.00万円
燃油目安: 0.00万円
5日間
羽田発

日程表を見る

【カタール航空】過去の受賞歴に加え、2015年SKYTRAX社の格付けで再び世界第1位に輝いたカタール航空。最新鋭の機材、最高の機内サービス、一流シェフによる充実の機内食、最先端のエンターテインメ…

旅行会社/ブランド:トラベルスタンダードジャパン

合算 目安 6.25万円9.00万円
旅行代金: 5.658.40万円
燃油目安: 0.60万円
8日間
東京発

アテネ ツアー

ターキッシュエアラインズ 夜便で行く!!☆東地中海の国 2国周遊の旅☆イスタンブール&アテネ

ホテル:アキレアス(アテネ)、グランドヤヴズ(イ…
航空会社:ターキッシュ エアラインズ 指定

日程表を見る

●日本から直行便でトルコのイスタンブールへ●トルコとギリシャを訪問するお手軽ツアー●各地では完全フリーで自由気ままな旅をどうぞ!

旅行会社/ブランド:ファイブスタークラブ☆

合算 目安 6.40万円12.50万円
旅行代金: 6.4012.50万円
燃油目安: 0.00万円
6日間
羽田発

日程表を見る

【カタール航空】過去の受賞歴に加え、2015年SKYTRAX社の格付けで再び世界第1位に輝いたカタール航空。最新鋭の機材、最高の機内サービス、一流シェフによる充実の機内食、最先端のエンターテインメ…

旅行会社/ブランド:トラベルスタンダードジャパン

合算 目安 6.40万円10.40万円
旅行代金: 6.4010.40万円
燃油目安: 0.00万円
5日間
羽田発

アテネ ツアー

エコ・アテネ5 羽田深夜発・5つ星カタール航空利用☆お気軽アテネ5日間スペシャル☆★帰国便延長 10日間まで無料で可★

ホテル:モカ又は同等クラス(アテネ)
航空会社:カタール航空 指定

日程表を見る

●スペシャル価格のアテネ5日間●会社帰りにそのまま空港へ!便利な羽田深夜出発。休日はアテネで過ごそう!●きまま旅!帰国便の延長は10日間まで無料で可能。

旅行会社/ブランド:ファイブスタークラブ☆


 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事