page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ギリシア・アテネ・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

冬のギリシャ、お勧め観光地トップ10!


掲載日:2016/12/24 テーマ:観光地・名所 行き先: ギリシア / アテネ

タグ: スキー・スノーボード 冬にオススメ


秋から冬、ギリシャ国内人気観光地ベスト1位から5位は?

Arachova(アラホヴァ村)。冬の観光地として人気のある山間部の村々では、こういった石造りの家並みが魅力的です。 Arachova(アラホヴァ村)。冬の観光地として人気のある山間部の村々では、こういった石造りの家並みが魅力的です。

ギリシャ人にとっての冬のバカンスの定番とは、山間部の村で、美味しい山の幸を食べたり、暖炉で暖まりながらゆったり過ごすものです。あるギリシャのサイトで冬期のギリシャ観光地ベスト100というのが取り上げられていたので、そこからトップ10を紹介したいと思います。1位はスキー場で知られるパルナソス山!ギリシャ人に大人気の冬の観光地です。2位はペロポネソス半島のモネンヴァシア。ビザンチン時代の家並みを残し、美しい海に囲まれた大変印象深い場所で、夏も冬も人気があります。3位はペロポネソス半島の真ん中あたり、伝統的な石造りの家並みが美しい標高950mのDimitsana(ディミチャーナ)村。4位は有名な古代遺跡のあるデルフィ。5位は1位のパルナソス山にいく人々がよく滞在するアラホヴァ村となっています。

お勧め観光地が目白押し!6位から10位は?

ギリシャにあるスキー場の中で、一番人気のあるパルナソス山! ギリシャにあるスキー場の中で、一番人気のあるパルナソス山!

6位はアテネのプラカ地区。アテネの中で最もギリシャらしい雰囲気を残すこの地は外すことはできません。7位は世界で一番知られた遺跡の一つ、古代オリンピア遺跡。8位はテッサロニキ。見どころがたくさんあり、美味しいものもあり、人々もオープンで気さくというギリシャ人皆に愛される町です。9位は3位のディミチャーナ村と同じ道路で結ばれていて、標高1033mのVitina(ヴィティナ)村。10位はクレタ島のハニア。ハニアは夏もお勧めの観光地としてトップに入る町です。トップ10から外れていますが、14位に海沿いの村Galaxidi(ガラクシーディ)が入っていて、ここは、古代遺跡デルフィに近いので、組み合わせるのもお勧めです。また、16位でしたが外せない観光地として、Iannina(ヨアニナ)の町。大きな湖があり、秋から冬がお勧めです。

お土産のお勧めは?

お肉料理の前菜にお勧めの、緑色野菜のパイ「ホルトピタ」。野菜嫌いな人でも美味しく食べられます。 お肉料理の前菜にお勧めの、緑色野菜のパイ「ホルトピタ」。野菜嫌いな人でも美味しく食べられます。

ギリシャ人は大変よくお肉を食べます。冬によく出かける山間部の村のレストランでは、普段よく食べられている豚肉、牛肉、鶏肉、子羊肉以外にも、子ヤギ肉の料理や、狩りで捕れる鳥の料理などもあったりして、町中よりも新鮮な食材で美味しいものが食べられます。お土産物として山間部の村に多いのが、山で収穫したハーブを乾燥させたもの。ハーブティにするものや、料理用のオレガノなどは、茎ごと束にして乾燥させたものを売っています。お土産として軽い上に日本で買えるものの何倍も香りがよいのでお勧めです。他には、ギリシャは蜂蜜が美味しいのでお土産によいと思います。

関連情報

ギリシャ山間部の村では、お土産用の木の工芸品や、山で採れる食品などの店が並んでいます。 ギリシャ山間部の村では、お土産用の木の工芸品や、山で採れる食品などの店が並んでいます。

注意しなくてはならないのは、博物館、遺跡の開館時間です。マイナーな遺跡などでは、冬は全く見学できない場所もあります。遺跡巡りをする場合は、開館時間に合わせて滞在できるよう、よく計画を練ってください。2016年11月から2017年3月までの、主な博物館、遺跡開館時間は、月曜日11時から17時、火曜日から日曜日までと祝日は、8時から15時となっています。12月25日、12月26日、1月1日、3月25日は閉館日となっています。
小さな博物館、遺跡等では開館日や開館時間が異なりますので、随時確認をしてください。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2016/12/24)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索