page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ギリシア・アテネ・動物の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

アテネ郊外、国際空港そばにあるアッティカ動物園へ!


掲載日:2017/10/19 テーマ:動物 行き先: ギリシア / アテネ

タグ: かわいい イルカ 動物園


動物たちの暮らすスペースが広い、ゆったりとした動物園。

広々として開放的な居住スペースの中を闊歩する、キリンとシマウマの姿は、動物園のカフェからも見渡せます。 広々として開放的な居住スペースの中を闊歩する、キリンとシマウマの姿は、動物園のカフェからも見渡せます。

アッティカ動物園のあるアテネ郊外スパタという地域は、アテネ国際空港からタクシーで10分という、空港近くのホテルに滞在する方には特に便利なロケーションです。
ギリシャ唯一とも言える、大きな動物園「Attica zoological park」は20ヘクタールという広々とした敷地に、350種以上計2000頭以上の動物がいます。全部見るには最低でも半日以上は必要です。また、すぐそばには「マックアーサーグレン・デザイナー・アウトレット」とショッピングセンター「スマート・パーク」が隣り合った巨大なショッピングモールがあり、レストラン、カフェ、子供向け遊具設備も整っているので、組み合わせるのもお勧めです。

イルカショーを含めたイベントも楽しみの一つ!

やっぱり盛り上がるイルカショー。水しぶきが観客席にもふりかかります! やっぱり盛り上がるイルカショー。水しぶきが観客席にもふりかかります!

ここは動物園ですが、ギリシャでは大変身近な海の哺乳類であるイルカやアザラシもいます。一日2回行われるイルカショーはギリシャ語、英語の両方で解説があります。
また、マダガスカルのキツネザル・レムールや、オオカミ、象、ペンギンなどの餌やりを観察できるのですが、動物によっては、中に入って動物に近づくことができます。
鳥類も大変豊富で、猛禽類を間近で見れるイベントも行われています。チケットの種類やショー、餌やりの時間は動物園のサイト(atticapark.com)で確認できるので、事前にチェックしてみてください。開園時間は朝9時から日没までとなっています。チケット売り場は日没一時間前にクローズします。

ヨーロッパやギリシャブランドのショッピングを楽しむ!

マダガスカルの猿レムールの餌やり風景。中に入れるので、すぐ近くを駆け回るレムールたちに子供も大人も大喜び! マダガスカルの猿レムールの餌やり風景。中に入れるので、すぐ近くを駆け回るレムールたちに子供も大人も大喜び!

動物園の後は、食事なども兼ねて近くの巨大ショッピングモールへ!特に、夏のセールシーズン(7月初旬から8月末日まで)と、冬のセールシーズン(1月のお正月明けから2月末日まで)は様々なブランドの服が大変安くなります。また、子連れの旅行では、子供の遊ぶ施設も整っているので大変助かります。スマート・パークについては、ホームページ(smartpark.com.gr)にて、マックアーサーグレン・デザイナー・アウトレットについては、(mcarthurglen.com)のサイト内でアテネを選択して、入っている店などを英語でチェックできます。店は平日夜9時まで、土曜は夜8時まで、日曜は営業していないので、注意してください。

関連情報

こちらはジャガーです。ネコ科の動物も豊富で、ライオン、虎、チーターその他たくさんの種類の動物が揃っています。 こちらはジャガーです。ネコ科の動物も豊富で、ライオン、虎、チーターその他たくさんの種類の動物が揃っています。

交通機関を使ってのアクセス:地下鉄の3号線(ブルーの路線)で、アテネ中心部のシンダグマ駅などから乗り換えなしでドゥキシス・プラケンディアス駅まで行きます。そこからバス319番で約30分。動物園の看板が直接見えない停車場ですが、すぐ近くに動物園入口に続く一本道があります。屋根もなく目立たない帰りの停留所は行きと同じ道路の反対側ですが、50mほど先です。このバスは35分に1本ほどの間隔で来ます。タクシーなら、同じ地下鉄の駅から所要時間10分。動物園が提携しているTAXIPLON(電話番号18222)という会社なら特別料金11ユーロと、動物園のサイトに書かれています。(2017年8月現在)同じく、エレフセロス・ヴェ二ゼロス空港からも所要時間10分ですが、同タクシー会社の料金で20ユーロだそうです。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/10/19)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索