page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
ギリシア・アテネ・世界遺産の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ギリシャを代表する世界遺産!アクロポリスの丘


掲載日:2017/11/24 テーマ:世界遺産 行き先: ギリシア / アテネ

タグ: 遺跡 世界遺産 素晴らしい


朝一番にアクロポリスの丘へ

何度見ても圧倒される、パルテノン神殿 何度見ても圧倒される、パルテノン神殿

アテネに着いたら、やはりアクロポリスの丘にまず登ってみたくなるもの。できれば早起きして早朝一番にいくのがお勧めです。
アクロポリスの丘は登り方がいろいろあります。私が今回初めて試したのは、新アクロポリス博物館側からのルートです。博物館の入り口正面にアクロポリスの丘へ入るチケット売り場があります。もちろん世界中からの観光客で長い列ができます。ちなみに、私が並んでいたとき二つの列があり、右の列が現金、左の列がカードでの支払いだったのですが、その説明があったのは並んでしばらく経ってからだったので参考になさってみてください。

意外に簡単に登り切れますが、歩きやすい靴は必須です。

新アクロポリス博物館側から、丘を登りはじめる前に見上げて。 新アクロポリス博物館側から、丘を登りはじめる前に見上げて。

このチケット売り場の高さからパルテノン神殿を見上げると相当歩かされるように思えるのですが、実際にはあまり時間がかからないので、子供でも大丈夫です。階段の石など足元がすべりやすい場所が多いので、歩きやすい靴が要ります。
アクロポリスの入り口の手前では、夏のフェスティバルでコンサートや劇などが見られる野外劇場となっている、イロード・アッティコス音楽堂を見下ろすことができます。そのあたりからアクロポリスの入り口までは別ルートで登ってきた観光客と合流して混雑します。

博物館と両方見学するのがお勧めです。

前門の手前で。イロード・アッティコス音楽堂 前門の手前で。イロード・アッティコス音楽堂

2017年夏現在、プロピレアと呼ばれる前門を入ってすぐに見えるパルテノン神殿の西側で修復工事が行われていて、カバーされている部分がありますが、東側の正面はきれいに見ることができます。新アクロポリス博物館と前後して訪れて、古代のアクロポリスの景色を頭に思い浮かべてみてください。

関連情報

一年中、途絶えることのない世界中からの観光客。 一年中、途絶えることのない世界中からの観光客。

入場料は、アクロポリスへ入ってパルテノン神殿を見る一番安いチケットが20ユーロします。お得なのは、他の博物館などへも複数入場できる30ユーロの共通入場券です。そのチケットで入れるのは、以下の博物館、遺跡です。
1.アクロポリス
2.Ancient Agora of Athens
3.Archaeological Museum of Kerameikos
4.Archaeological Site of Lykeion
5.Hadrian's Library
6.Kerameikos
7.Museum of the Ancient Agora
8.North slope of Acropolis
9.Olympieio
10.Roman Agora of Athens
12.South Slope of Acropolis
年間に何度かギリシャ全土の博物館、遺跡が無料で入場できる日があります。ギリシャの博物館、遺跡の最新料金、スケジュール等は,
www.odysseus.culture.grで英語にて確認できます。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/11/24)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索