第3位はギリシャ名物のフェタチーズ

その1の続きです。ギリシャのチーズと言えば、フェタチーズが有名です。ヤギの乳で作られ、塩味のするしょっぱいチーズ。厚切りにしてサラダの上に乗ってくるのが「グリーク(ギリシャ)サラダ」で、どんなレストランやタベルナでも見かけるギリシャ料理の定番です。最初は口の中の水分が取られそうなほどの乾いた感じと、しょっぱいのがあまり好きになれませんでした。ところが、ダコスに出会ってから、その印象ががらっと変わったのです!!

ギリシャで食い倒れ! 名物料理をランキングでご紹介! その2 ギリシャで食い倒れ! 名物料理をランキングでご紹介! その2

チーズを揚げるってどんな味?

ダコスとは薄切りバケットの上に、刻んだトマトやオリーブと一緒にフェタチーズがのせて、エキストラバージンのオリーブオイルをかけて食べるクレタ島名物です。具材のコンビネーションが最強で、美味しかったです。もう1品驚きのチーズ料理が、「サガナキ」です。何と、チーズをオリーブオイルで揚げているんです。食感はやわらかく、味もまろやかになって、美味しかったです。ギリシャ料理の前菜に迷ったら、フェタチーズを使ったサラダかダコス、もしくはサガナキに決まりですね!

さすが、エーゲ海に囲まれた国! 第2位はシーフード料理

海に囲まれた島々を2000以上持つギリシャ。やはり、海の幸が新鮮で、それらを使った料理もあります。えびやイカ、タコ以外にも、魚類もよく食べるようで、フリッターや焼く調理法が一般的のよう。シーフードの中でも一番印象に残っているのが、シーフードパスタ。魚介のだしがふんだんに出ていて、美味でした。また、探しても見つけられなかったのが、「ミディア ピラフィ(ムール貝のピラフ)」。トルコ発祥のピラフですが、ギリシャでも食べられています。季節が悪かったのでしょう、次回はムール貝の季節に訪れて、是非食べてみたい一品です。

ランキング番外編 美味しくなかった料理とは?

美味しくない料理にも出会ってしまいました。それがドルマーデス。ハーブをまぜたご飯を、ぶどうの葉っぱに包んだもので、付け合せにもレモンが付いてきました。レモンの酸っぱさと味のない米料理に美味しいとは思えず、他の店で再チャレンジもしませんでした。帰国後、ネットで調べてみると、米にひき肉や玉ねぎをまぜて…と書いてあるではないですか! 私が食べたものいは入ってなかったし、たまたま美味しくない店に当たってしまっただけで、他の店でも食べてみれば良かった、と悔やみました。(その3につづく)