アテネ最大の観光スポット アクロポリス遺跡

ギリシャのアテネを訪れる観光客のほとんどが足を運ぶのが、パルテノン神殿ではないでしょうか。1987年に世界遺産にも登録されている、ギリシャの外せない観光スポットで、現在でも修復が続いていています。パルテノン神殿は、アクロポリス遺跡の中にあるひとつの神殿のことで、この遺跡群の中には他にもイロド・アティコス音楽堂やディオニソス劇場もあります。パルテノン神殿と一緒に、他の貴重な古代ギリシャ遺跡も回ってみましょう。

古代ギリシャへタイムスリップ。アテネにある世界遺産のアクロポリス遺跡 その1 古代ギリシャへタイムスリップ。アテネにある世界遺産のアクロポリス遺跡 その1

アクロポリスとは「高い丘の上の都市」

「アクロ」が高い丘、「ポリス」は都市という意味で、アクロポリスとは「高い丘の上の都市」という意味です。遠くから眺めてみると、小高い丘というより、ごつごつした岩の上に建つ都市、と表現した方がふさわしい気がしました。都市があったのは海抜150メートルの高さに加え、3方向が断崖の場所。どこからも攻められにくいという、地形上の特徴が目を引きます。この一帯に人が住み始めた歴史は5000年も前にさかのぼります。その後、古代ギリシャ時代に、都市国家としてアテネが栄え、紀元前5世紀に最盛期を向かえたのです。

何度も壊され、再建されて行くパルテノン神殿

このアクロポリスの中心に建てられていたのが、パルテノン神殿というわけです。といっても、この神殿が最初から建てられていたわけではありません。そのずっと昔、宮殿が建てられていたのが最初です。その後、ギリシャ人がアテネの繁栄を祈り、町の守護神アテナを祀った神殿を建てたのが紀元前8世紀頃のことです。ところが、この神殿はペルシア戦争でアケメネス朝ペルシアに破壊されてしまうのです。つまり、私たちが目にしているのは当初のものではなく、紀元前5世紀に再建された神殿の遺跡となります。

アテナの人々に選ばれた守護神

さて、アテナ女神はこの土地の守護神ですが、どのようにアテナが守護神に選らばれたのかという、神話があります。「アクロポリスの領有権を争っていた海の神ポセイドンとアテナ。そこで、人々に優れた贈り物をした方が支配権を持つという勝負が行われた。ポセイドンは、大地をたたき割り、塩分を含む泉を作ったが、アテナは槍で大地を突き刺し、人々の食に欠かせないオリーブの木を贈った…」。この勝負の結果、アテナが選ばれたのです。(その2へ続く)