page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

ギリシアの世界遺産・名所ガイド

Pythagoreion and Heraion of Samos

サモス島のピタゴリオンとヘラ神殿

名称:サモス島のピタゴリオンとヘラ神殿(ギリシア
英語名称:Pythagoreion and Heraion of Samos
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1992年

近海での略奪行為で潤った海洋都市国家の遺跡

ギリシャのエーゲ海南東部に浮かぶサモス島には、紀元前6世紀に栄えた強大な海洋都市国家があった。独裁者ポリュクラテスが支配するこの島は、ギリシャ神話で全能の神ゼウスの妻ヘラの生誕地とされている。サモス島ではヘラを奉じる大神殿の建造が、1000年の間に4度繰り返されている。第4期の建造にあたったポリュクラテスは、古代ギリシャ最大のイオニア式神殿をめざしたが完成に至らず、現在は1本の石柱だけが残っている。そのほかに島には飲料水供給のため、技術者エフパリノスが建設した1350mにおよぶ地下トンネルなどもある。島内の港町ティガニは数学者ピタゴラスの生誕地であることから、1955年、彼にちなみピタゴリオンと改名された。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!ギリシアの世界遺産最新情報

2017/11/24 世界遺産

ギリシャを代表する世界遺産!アクロポリスの丘

ギリシア旅行イメージ-何度見ても圧倒される、パルテノン神殿 何度見ても圧倒される、パルテノン神殿

アテネに着いたら、やはりアクロポリスの丘にまず登ってみたくなるもの。できれば早起きして早朝一番にいくのがお勧めです。アクロポリスの丘は登り方がいろいろあります。私が今回初めて試したのは、新アクロポリス博物館側からのルートです。博物館の入り口正面にアクロポリスの丘へ入るチケット売り場があります。もちろん世界中からの観光客で長い列ができます。ちなみに、私が並んでいたとき二つの列があり、右の列が現金、左の列がカードでの支払いだったのですが、その説明があったのは並んでしばらく経ってからだったので参考になさってみてください。続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ギリシアの世界遺産「サモス島のピタゴリオンとヘラ神殿」についてご紹介します。サモス島のピタゴリオンとヘラ神殿の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。