世界遺産「サモス島のピタゴリオンとヘラ神殿(ヘラ神殿)」の詳細情報

ギリシアの世界遺産・名所ガイド

Pythagoreion and Heraion of Samos

サモス島のピタゴリオンとヘラ神殿

名称:サモス島のピタゴリオンとヘラ神殿(ギリシア
英語名称:Pythagoreion and Heraion of Samos
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1992年

近海での略奪行為で潤った海洋都市国家の遺跡

ギリシャのエーゲ海南東部に浮かぶサモス島には、紀元前6世紀に栄えた強大な海洋都市国家があった。独裁者ポリュクラテスが支配するこの島は、ギリシャ神話で全能の神ゼウスの妻ヘラの生誕地とされている。サモス島ではヘラを奉じる大神殿の建造が、1000年の間に4度繰り返されている。第4期の建造にあたったポリュクラテスは、古代ギリシャ最大のイオニア式神殿をめざしたが完成に至らず、現在は1本の石柱だけが残っている。そのほかに島には飲料水供給のため、技術者エフパリノスが建設した1350mにおよぶ地下トンネルなどもある。島内の港町ティガニは数学者ピタゴラスの生誕地であることから、1955年、彼にちなみピタゴリオンと改名された。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!ギリシアの世界遺産最新情報

2017/02/10 世界遺産

ギリシアのアテネから行くエーゲ海の島(その1)“白い宝石”ミコノス島

ギリシア旅行イメージ-ギリシアのアテネから行くエーゲ海の島(その1)“白い宝石”ミコノス島 ギリシアのアテネから行くエーゲ海の島(その1)“白い宝石”ミコノス島

ギリシア旅行の楽しみの一つに、エーゲ海の島々をめぐるクルーズの旅があります。島の中には、空港を備えているところもありますので、片道だけ船でという旅のプランも可能です。シーズンは春から秋まで、冬の間はアテネで暮らす宿のオーナーもいて、グッと宿泊施設の数は少なりますが、それだけ観光客も少なく、逆に昔ながらの風情が味わえるという話も聞きます。そんな中、人気なのはやはりミコノス島でしょう。別名「エーゲ海に浮かぶ白い宝石」と呼ばれていますが、その名の通り、白い壁とブルーの屋根のコントラストが美しい島です。ギリシアの島と言えば、ミコノス島が写真で使われるくらいです。大小300以上もの小さな教会や、風車が建…続きを見る



「ヘラ神殿」を含むツアー一覧


最安料金万円

合算 28.90万円35.90万円
旅行代金: 28.9035.90万円
燃油:旅行代金に含まれています
8日間
東京発

ギリシア ツアー

●添乗員同行● 7つの世界遺産&エーゲ海1日クルーズ付 栄光のギリシャ 8日間

ホテル:カランバカCクラス(カランバカ)、デルフ…
航空会社:ターキッシュ エアラインズ 指定

日程表を見る

...神殿跡やギリシャ最古の神殿、ヘラ神殿などをご案内致します。 10:00 ミ...

旅行会社/ブランド:エイチ・アイ・エス


世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ギリシアの世界遺産「サモス島のピタゴリオンとヘラ神殿」についてご紹介します。サモス島のピタゴリオンとヘラ神殿の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。