パトラ旅行・パトラ観光徹底ガイド

パトラ旅行・パトラ観光徹底ガイド

パトラ旅行・観光の見どころ・観光情報

ギリシア第3の都市パトラは、ペロポネソス半島の中心にある、イタリアやイオニア海の島々へ渡るクルーズ船が発着する港湾都市だ。市内の観光名所は、ギリシア正教の聖アンドレアス教会、港町らしいシンボルの灯台、ローマ時代の音楽堂の遺跡などがある。絶景を見たいなら、町の南に建つパトラ城からがおすすめだ。繁華街アギウ・ニコラウ通りを通り、長く続く石段を苦労して登り切ると、6世紀半ば頃に建てられた城が迎えてくれる。そこからは、パトラの町とイオニア海の対岸までパノラマビューが広がっている。(2016年9月編集部調べ)

パトラへ行くツアーを見る

言語 通貨 フライト時間 現地との時差
ギリシア語 EUR 約15時間 約-8時間

パトラの人気問合せ情報

パトラの最安値カレンダー

パトラ旅行・観光の選び方

ペロポネソス半島の港町パトラは、遺跡観光の拠点。人気のカーニバルの時期なら、さらに面白い!

パトラへは、アテネのあるバルカン半島とペロポネソス半島の両半島を巡るツアーで立ち寄ることが多い。コリントスやオリンピアなどの古代遺跡見学前に半日滞在したり、宿泊のために滞在するのが一般的だ。町が一番活気づく季節は、毎年2〜3月に行われる「カーニバル(謝肉祭)」の時期。国内で最も規模が大きいカーニバルで、海外からも多くの観光客が訪れる。日本からのツアーも組まれるので、この時期を狙ってギリシア旅行を計画するのもおすすめだ。滞在に余裕があれば、名産の、濃厚な甘い赤ワイン(マブロダフニ)のワイナリーも訪れたい。(2016年9月編集部調べ)


パトラのグルメ・伝統料理

パトラ市内のレストランでの食事は、ギリシア料理がメインとなる。ナスとじゃがいもを使ったラザニアのようなムサカ、肉団子料理ケフテダキアなどの肉料理や野菜料理などが郷土料理としてテーブルに並ぶだろう。グルメなら、パトラ産の甘口で濃厚な赤ワインで煮込まれた肉料理も食べてみよう。また、イオニア海に面してるため、新鮮なシーフードを提供するレストランも数多くある。フライやトマト煮込みで食べるのが地元では人気だ。 (2015年編集部調べ)

パトラのショッピング情報

パトラはギリシャ第3の商業都市であるが、海外ブランドショップが並ぶような通りはない。それでもパトラ市民に混ざってショッピングを楽しむなら、衣料品類やファッション雑貨の店が並ぶ中心地へ行こう。Vasileos Georgiou広場へと続くMaizonos通りや、歩行者天国になったリーガ・フェレウー(Riga Fereou)通りがにぎわっている。また、地元の人が行くようなワインショップで、お土産用のパトラ名産の甘いデザートワインは購入が可能だ。 (2015年編集部調べ)

パトラの気温・降水量ベストシーズン情報

観光客の多い夏の天気は快晴が続き昼間は暑いので、日焼け対策の服装を用意するといい。冬は比較的温かいが雨が多い季節でもある。カーニバル時期や国際フェスティバルが行われる時期を狙った旅行もおすすめ。 (2015年編集部調べ)

現地ガイド発!パトラの観光最新情報

  • パトラのオススメツアー

    パトラ旅行・パトラ観光徹底ガイド

    ご希望にあうツアーがございませんでした。
    申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

    戻る


    ソーシャルメディアアカウント

    • twitter

    • facebook


    page top