シナモンの濃厚な香りが魅力、甘〜い食後酒「テンドゥーラ」

ギリシア・パトラ・お酒・バーの現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

シナモンの濃厚な香りが魅力、甘〜い食後酒「テンドゥーラ」

掲載日:2007/11/27 テーマ:お酒・バー 行き先: ギリシア / パトラ ライター:アリサンドラトゥー芳香

タグ: おいしい お土産 地酒



ABガイド:アリサンドラトゥー芳香

【ギリシアのABガイド】 アリサンドラトゥー芳香
全ガイドを見る
イタリアのトスカーナに4年、そしてギリシャ、ペロポネソス半島北部の港町パトラ在住13年。ギリシャの大学生に日本語を教えながら、翻訳などもしています。小学生の子供が二人いるので、子連れの旅行についての情報や、もともと好きな遺跡等に関する情報、地中海料理などについて発信中!また、ブログ「地中海とカフェDiary」ではギリシャ生活について綴っています。

ギリシャ第2の国際港、パトラで買えるリキュール。甘くてシナモンの香り高い「テンドゥーラ」は、お洒落な食後酒です ギリシャ第2の国際港、パトラで買えるリキュール。甘くてシナモンの香り高い「テンドゥーラ」は、お洒落な食後酒です

ギリシャ第2の国際港、パトラでショッピングするなら…

ギリシャから、イタリアへ船で渡る時の国際港のある町がパトラです。アテネからバスや列車でオリンピアの遺跡に向かうときにも通る、ギリシャで3番目に大きい都市ですが、日本ではあまり知られていませんね。というわけで、そのパトラを紹介すると、特に有名なものは、なんといっても一番目はギリシャ最大のカーニバル、そして以前に紹介した、アハイア・クラウスの甘い赤ワイン「マヴロダフニ」です。それに並ぶ魅力のあるのが今回紹介する「テンドゥーラ」。正真正銘パトラ・オリジナルの食後酒で、特にハハリスというメーカーのものがお勧めです。このリキュール、色は深い茶色。飲むと、濃厚なシナモンの香りに包まれ、甘いけれど口の中がすっきりする感じで、食後に飲むのに理想的です。

 

「テンドゥーラ」の美味しい飲み方

この「テンドゥーラ」の歴史ですが、15世紀にまでさかのぼれるということです。シナモンをメインに、クローヴやナツメグなど、いろいろな香りのスパイスが複雑に混じっているこのお酒ですが、現在の「テンドゥーラ」という呼び名は、色を意味するイタリア語の「tintura」などに由来しているそうです。現在では主に食後酒として飲まれるとはいえ、カフェやバーで、お酒としてもオーダーできます。飲み方としては、よーく冷やしてそのままいただくだけでなく、炭酸水、トニックに混ぜたり、生クリームを入れてシナモンを散らせたりもします。

 

どこで「テンドゥーラ」を手に入れる?

船で到着、もしくは出発する方には特に便利なのが、港のチェックインカウンターの入ったビル内にある、デューティーフリー・ショップ!ギリシャのお土産としてお勧めのものがそろっているだけでなく、お値段もお得です。もしくは街中の酒屋さんなら必ず手に入るので、チェックしてみましょう。「テンドゥーラ」はボトルも魅力的で、すらっと細長い、お洒落な瓶です。小瓶なら数本買ってもかさばらなくて、しかも洒落たプレゼントになりますよ。

 

【関連情報】

■アテネからのパトラへのアクセス
アテネのキフィスー・バスステーションからパトラ行きのバスに乗り、約3時間半。
(バスは、30分に1本程度)

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/11/27)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事