ビーチが魅力!ウミガメ“カレッタ・カレッタ”がやってくるザキントス島

ギリシア・パトラ・ビーチの現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

ビーチが魅力!ウミガメ“カレッタ・カレッタ”がやってくるザキントス島

掲載日:2008/09/05 テーマ:ビーチ 行き先: ギリシア / パトラ ライター:アリサンドラトゥー芳香

タグ: ビーチ 絶景 美しい



ABガイド:アリサンドラトゥー芳香

【ギリシアのABガイド】 アリサンドラトゥー芳香
全ガイドを見る
イタリアのトスカーナに4年、そしてギリシャ、ペロポネソス半島北部の港町パトラ在住13年。ギリシャの大学生に日本語を教えながら、翻訳などもしています。小学生の子供が二人いるので、子連れの旅行についての情報や、もともと好きな遺跡等に関する情報、地中海料理などについて発信中!また、ブログ「地中海とカフェDiary」ではギリシャ生活について綴っています。

ギリシャを代表する絶景の一つ、ザキントス島の「ナヴァーギオ」。直接のアクセスは海上からのみ。地上からは崖の上から見下ろすことが可能です。この景色の素晴らしさは、言葉では表せないほどです ギリシャを代表する絶景の一つ、ザキントス島の「ナヴァーギオ」。直接のアクセスは海上からのみ。地上からは崖の上から見下ろすことが可能です。この景色の素晴らしさは、言葉では表せないほどです

ギリシャで一番有名なビーチの一つ、必見の「ナヴァーギオ・ビーチ」!

まずは、ザキントス島の代名詞にもなっている、超有名なビーチ、「ナヴァーギオ」!ここで泳ぐには、船で島を周遊するツアーに参加したり、近場から出ている小船で海上からアクセスしないと、地上からは高台から見学することしかできないんです。「ナヴァーギオ」とは難破を意味していて、実際、真っ白い砂浜に、古い難破船が半分埋もれて残っています。ここの海の色はそれは素晴らしく、よく絵葉書やギリシャのカレンダーに写真が載っている場所です。でも肉眼で見ると、写真で想像する以上の感動を呼ぶ美しさです。お見逃しなく!
(※)「ナヴァーギオ」はウミガメ保存地域に指定されていません。

 

ギリシャの国営マリン・パークに指定されている、ウミガメ“カレッタ・カレッタ”保存指定地域には、このような看板で細かい注意書きや産卵分布地図が置かれています ギリシャの国営マリン・パークに指定されている、ウミガメ“カレッタ・カレッタ”保存指定地域には、このような看板で細かい注意書きや産卵分布地図が置かれています

ウミガメ“カレッタ・カレッタ”が産卵するビーチ!

ペロポンネソス半島の西北に位置するイオニア諸島の一つ、ザキントス島は、外国人にも人気の観光地です。そのザキントス島を特に有名にしているのは、ボランティアなどの活躍で保存活動が盛んな、ウミガメの“カレッタ・カレッタ”なんです。この“カレッタ・カレッタ”は夏にピンポン玉のような卵を産みに砂浜へやってきます。といっても陸に卵を産みにやってくるのは日が沈んでから夜明けまでの間だけなので、日中は海水浴が許可されています。“カレッタ・カレッタ”保存指定ビーチでは、入り口でパンフレットが配られていて、いろいろと制限事項が…。夜7時から朝7時までの入場は禁止。もちろんゴミなどのポイ捨ては禁止。卵を産んだ場所には、保存活動グループにより、産卵の日付を書いた印がつけられています。そこに近寄ったり、パラソルを砂に差したりしないように注意が必要です。

 

ウミガメが産卵する砂浜のビーチを代表する、イェラカス・ビーチ。ここは入場制限時間、3時間のチケットが手渡されます。ビーチ全体に卵の埋まっている印の標識が立てられています ウミガメが産卵する砂浜のビーチを代表する、イェラカス・ビーチ。ここは入場制限時間、3時間のチケットが手渡されます。ビーチ全体に卵の埋まっている印の標識が立てられています

限りなく透明で暖かい海水は、これ以上ない心地よさ!

ザキントス島のビーチの魅力は、ものすごく遠浅で波がとっても穏やかな海。しかも海水が暖かいので、まるで温水プールに浸かっているような感覚です。そして、もちろんその海水は限りなく透明で、海底に日光が反射しています。泳いでいると、小魚もたくさんやってきますよ! そして、とくに“カレッタ・カレッタ”の生息地域では、砂浜の砂のきめが細かくて、一日中海水に浸かっていたくなること間違いありません! ただし、一部のビーチ(イェラカス・ビーチなど)では、3時間だけの入場しか許可されません。研究者以外入場が禁止されているビーチもあります。どこのビーチも日中は海水浴客で一杯になるザキントス島ですが、ウミガメ保存にはギリシャ国外からのスタッフやボランティアがたくさん活躍しています。

 

やはりザキントス島のウミガメ保存地域の一つ、クリスタル・ビーチにあるホテルからの景色です。遠くから眺めても、心地よすぎるほどの海水に浸かっても癒される、ザキントス島の人気ビーチの一つです やはりザキントス島のウミガメ保存地域の一つ、クリスタル・ビーチにあるホテルからの景色です。遠くから眺めても、心地よすぎるほどの海水に浸かっても癒される、ザキントス島の人気ビーチの一つです

【関連情報】

■ザキントス島へのアクセス
ザキントス島は、ペロポンネソス半島の西北に位置するキリーニ港からフェリーとなります。キリーニからザキントスへの所要時間は1時間15分。アテネのKTEL(長距離バス)バス・ターミナルのキフィスー・ステーションから、もしくはパトラから、長距離バスが出ていて便利です。島内の移動は、やはりバス、といっても本数が限られているので、バイクなどのレンタルをする観光客が多いです。

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/09/05)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 
 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事